マウスコンピューター

【レビュー】マウスコンピューター「DAIV-NG4300H1-M2S5」軽量・薄型・コンパクトな14型クリエイターモバイルノートPC

さて、今回は
マウスコンピューターのクリエイターブランド「DAIV」から
「 DAIV-NG4300H1-M2S5」
のレビューです。

※マウスコンピューター様のご厚意により、実機をお借りしてのレビューとなります。

本製品のポイントは

☑狭額縁を採用し13型同等のボディサイズ
☑14型液晶、本体重量約 1kgと軽量
☑最大約 14.7時間の長時間のバッテリー駆動

普通のモバイルノートPCとして十分な性能ですね。

【マウスコンピューター/DAIV】DAIV-NG4300H1-M2S5[クリエイターノートPC]
マウスコンピューター

本モデルはこちらの後継ともいえるのですが、変更点についても見ておきます。

スペック

今回お借りしたモデルは、上から2番目です。

OS Windows 10 Home 64ビット
CPU インテル Core i7-8565U
グラフィックス GeForce MX250
メモリ 16GB PC4-19200
M.2 SSD 512GB NVMe対応
液晶パネル 14型 フルHDノングレア

上位モデルとの違いは、SSDのサイズとブランド。
これより下となると、メモリが8GBとなりますので、ちょっと辛いかと。
売れ筋はこちらと最上位モデルのどちらかでしょう。

外観:DAIV-NG4300H1-M2S5

まず、外観から確認します。

DAIV-NG4300H1-M2S5本体外観および添付品

DAIV-NG4300H1-M2S5:本体および添付品
ACアダプターも軽量コンパクト


本体にはブランド名が記載されています。

今回びっくりしたのは、ACアダプターの小ささ。
前モデル「NG4500」のACアダプターが大きかっただけに、ちょっと感動しました。

モバイルを考えると、ACアダプターも小さいほうが良いですし。
あと、ACアダプターのケーブル。
モバイル用なので、電源ケーブルが短く軽量なモデルが選択できるとうれしいのですが。

本体裏面

DAIV-NG4300H1-M2S5:本体裏面
メッシュの範囲が今までのモデルより大きいのも特徴的


本体裏側からわかるのは、メッシュ状の範囲が他モデルより大きく排熱に気を使っているところ。
手前と奥側に接地面とのスペースを設けるために下駄的なものが確認できます。
奥側はもう少し厚くして、小さくしても良かったような気もします。

本体右側

DAIV-NG4300H1-M2S5:本体右側
外部接続端子を一か所に集中


本体右側に、
USB Type-Cポート、USBポート、HDMIポート、電源ポートと集中しています。
自宅で母艦的に使う場合、このあたりのポートが集中しているのは良いですね。

本体左側

DAIV-NG4300H1-M2S5:本体左側
有線LANポートがあるのは好印象


モバイルノートPCなので、盗難防止端子もありますね。
モバイルノートPCだと有線LANポートが大体省略されていたり、外付けだったりすることが多いのですが
搭載されているのはうれしいところ。

キーボードとスライドパッド

ノートPCのキーボードとスライドパッドは、入力装置のメインとなります。
モバイルノートPCとなるとキーボードはイレギュラーなモデルが多いのも事実。
確認します。

キーボード

DAIV-NG4300H1-M2S5:キーボード
テンキーがないキーボードでキーピッチも広くタイプ感も悪くない


DAIV-NG5510やU400Sといったキーボードより良いモデル。
一般的なキー配置と違うのは、「変換・無変換」が1つになっているところでしょうか。

スライドパッド

DAIV-NG4300H1-M2S5:スライドパッド
スライドパッドとiPhone 8の比較


前モデル「DAIV-NG4500」は物理的にボタンがわかれていたのですが、本モデルは区切りのないフラットな状態。
有効無効を切り替えることが可能なのも良いですね。

【マウスコンピューター/DAIV】DAIV-NG4300H1-M2S5[クリエイターノートPC]
マウスコンピューター

各種ベンチマーク

外観の次は、パソコンの性能です。

DQ10ベンチマーク結果

DQ10_最高品質
軽量なゲームには十分な性能


軽量ゲームの代表的なタイトルとして、参考までに。
十分な性能です。
画質をこだわらなければ、色々なタイトルのゲームが出来るでしょう。

CINEBENCH R15ベンチマーク結果

CINEBENCH R15 結果
CPU性能はちょっと気になる結果


CPUの性能を確認するため、CINEBENCHの結果を確認しました。

CPU-Z BENCHMARKベンチマーク結果

CPU-Z BENCHIMARK
CPU-Zのベンチマーク結果。こちらでの性能は、デスクトップ用第7世代Core i7と同等という結果


CPU-Zのベンチマーク機能で確認してみました。
こちらでの性能は、デスクトップ用第7世代Core i7と同等という結果
ちょっと、納得いかない結果に。

x264 BENCHMARKベンチマーク結果

x264 BENCHMARK


デスクトップ用第2世代のCore i7よりちょっと低い程度。

CrystalDiskMark結果

CrystalDiskMark 結果
NVMe M.2 SSDでは一般的な結果。


以前レビューした「DAIV NG4500」がSATA 接続のSSDで、こちらは、NVMe M.2 SSDを採用しており速度は3倍以上。
これならかなり快適でしょう。

【マウスコンピューター/DAIV】DAIV-NG4300H1-M2S5[クリエイターノートPC]
マウスコンピューター

最後に

前モデルである「DAIV-NG4500」の記事を見ながら感じたのですが、
重量は約半分と軽量でありながら、十分な性能でした。
とはいえ負荷の高い処理をさせていると、ちょっとうるさいと感じるかと。

SDカードスロットがないのは残念ですが、
最近のデジタル一眼レフカメラならWi-Fi(無線LAN)が搭載されており、スマートフォンなどにデータがコピーできますし、
Wi-Fiに対応したSDカードなどを利用してスマートフォンへデータを移しても良いですね。

グラフィックス性能で言えば、少し落ちているようにも思えますが、
当時販売されていたノート用のグラフィックスはGeForce 940MXだったかと。
GeForce GTX 1050ほどの性能でなくても、イラストやちょっとした写真加工の処理であれば問題ないでしょう。

結果的には、軽量コンパクトでバランスの取れたコスパの良いモデルでした。

なお、マウスコンピューターでは、
買った後も安心の
・信頼の国内生産(※一部製品を除く)
・24時間365日の電話サポート
・96時間で修理完了
は大きなポイントですね。

ではでは。

【マウスコンピューター/DAIV】DAIV-NG4300H1-M2S5[クリエイターノートPC]
マウスコンピューター

なお、通常モデルを探している方は、専用グラフィックスを採用していないX400シリーズもあります。



[PR]
———————————————>
Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

インテルCore X搭載ハイエンドパソコンなら「パソコン工房」で!
———————————————

-マウスコンピューター

Copyright© Windowsレジストリ置き場 , 2019 All Rights Reserved.