マウスコンピューター

【レビュー】マウスコンピューター「NEXTGEAR-NOTE i5740GA1」FF14も快適プレイ可能なGeForce RTX 2070搭載15.6インチノングレア液晶ゲーミングノートPC #マウスコンピューター #ゲーミングノートPC #ノートPC

2019年6月15日

さて、今回は
マウスコンピューターのゲーミングノートPC「NEXTGEAR-NOTE i5740GA1」
のレビューとなります。

※マウスコンピューター様のご厚意により、実機をお借りしてのレビューとなります。

本製品のポイントは

  • 高性能グラフィックスであるGeForce RTX 2070を搭載
  • 15.6インチのノングレアIPS液晶を搭載

といったといころでしょうか。


※販売終了したため後継製品を紹介。

Screenshot of www.tomoroh.net

【レビュー】高性能グラフィックス「GeForce RTX 2060」と主記憶装置にSSDを搭載した「DAIV-NG5800M1-S5」15.6インチ狭額縁液晶搭載クリエイターノートPC #マウスコンピューター #DAIV | Windowsレジストリ置き場

なお、本モデルはこちらの兄弟機種となります。
理由は後程。

スペック

今回レビューする「NEXTGEAR-NOTE i5740GA1」
のスペックについてです。

CPU Core i7-8750H
グラフィックス GeForce RTX 2070
メモリ 16GB PC4-19200
M.2 SSD 256GB NVMe対応
ハードディスク 1TB
液晶パネル 15.6型 フルHDノングレア
(IPSパネル/ 1,920×1,080/ LEDバックライト)
重量 2.7kg

外観:NEXTGEAR-NOTE i5740GA1

外観について確認します。

本体外観および添付品

NEXTGEAR-NOTE i5740GA1 本体及び添付品

NEXTGEAR-NOTE i5740GA1 本体及び添付品
本体及び添付品。ACアダプターとバッテリーが確認できます。

本体と添付品です。
ACアダプターとバッテリー、そしてマニュアル類です。

本体裏側

NEXTGEAR-NOTE i5740GA1 本体裏側
特徴的なのは、バッテリー。

本体裏側です。
特徴的なのは、バッテリーの取り付け。
マニュアル類の中にネジが入っているため、そちらでバッテリーを取り付けます。

本体背面

NEXTGEAR-NOTE i5740GA1 本体背面
有線LAN、ディスプレイUSB端子、ACアダプター端子

有線LANやディスプレイ端子そしてACアダプタ接続端子。
デスクトップ的な据え置きで利用する際、利用が想定される端子が背面に集中しており、スッキリしますね。

本体右側

NEXTGEAR-NOTE i5740GA1 本体右側
USB端子もありますが、大きいファンが確認できます。

USBが奥側ではなく中間地点にあるのは、排熱を意識して奥側ファンが配置されているからですね。
このあたりは、性能と排熱のバランスを考えると難しいところです。

本体左側

NEXTGEAR-NOTE i5740GA1 本体左側
ファンが奥側にあり、その手前にUSBとイヤホンなどのジャックが確認できます。

右側同様奥側にファンがあり、そのまえにUSB端子やイヤホンなどの端子が確認できます。

本体手前

NEXTGEAR-NOTE i5740GA1 本体手前
通知ランプが確認できます。

NEXTGEAR-NOTE i5740GA1 本体手前
本体手前中央にカードリーダーが確認できます。

本体手前には「通知ランプ」がありますが、こちらは閉じても確認できます。
カードリーダーについては、常時使うのであれば位置が気になる場合もあるかもしれませんが、データのやり取りぐらいであれば問題ないよう。

キーボードとスライドパッド

キーボードとスライドパッドです。
使い勝手についても、確認しておきます。

キーボード

NEXTGEAR-NOTE i5740GA1 キーボード
テンキーとスライドパッド、電源ボタンが確認できます。

キーボードです。
ゲーミングモデルのキーボードながら、「WASD」にマークがついていません。
私はそれでも良いのですが。

スライドパッド

NEXTGEAR-NOTE i5740GA1 スライドパッド
iPhone 8との比較

iPhone 8とスライドパッドの比較。
スライドパッドは、マウスの左と右クリックボタンが独立してます。
また、指紋認証機能も搭載されていますので、登録しておくと、パスワードロックの解除が簡単にできてよいですね。

各種ベンチマーク

ゲーム用ノートPCの新型である本機。
グラフィックスからも性能はうかがい知れますが、ベンチマークで性能を確認します。

PUBGのフレームレート結果

ウルトラ 117
142
152
168
非常に低い 179

FF14紅蓮の解放者ベンチマーク結果

FF14_紅蓮_最高品質
最高品質でもこの結果。十分余裕があります。

一番負荷の高い最高品質でも余裕があることがわかります。

FF14漆黒の反逆者リベレーターベンチマーク結果

FF14_漆黒_最高品質

新しくリリースされてFF14のベンチマーク
こちらでも、十分な性能があることが確認できます。

FF15ベンチマーク結果

ff15_高品質

現在リリースされているゲームタイトルの中でも、もっとも高性能を要求するタイトルの1つ
フルHDで楽しむことも可能な結果となっていますが、これより高画質な4Kで楽しむにはこれより上位の専用グラフィックスが必要となります。
そもそも、これ以上の性能を求めるとなると、価格がとてつもないことに。

CrystalDiskMark結果

crystaldiskmark Cドライブ


CドライブにはNVMe M.2 SSDが搭載されています。
十分な結果といえます。
できれば、容量がもう少しほしいところ。

crystaldiskmark D


Dドライブ。
こちらは、HDDデスクトップ用のHDDよりも低速です。しかし、データの保存などをこちらにしておけば、容量不足に悩むことはそうなさそうです。

最後に

今回はマウスコンピューターの新型ゲーミングノートPC「NEXTGEAR-NOTE i5740GA1」を確認しました。
高性能なグラフィックスを採用されており、ベンチマーク中は、かなりの音と発熱があります。

ベンチマーク中、CPUは90℃、グラフィックスは70℃とそれなりに高いですが、それでも安定していました。
とはいえ、追加のクーラーが欲しいところです。
購入する際、オプションでクーラーもありますのでそちらを選ぶか、


などを検討しておくと良いでしょう。



[PR]
———————————————>
Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

インテルCore X搭載ハイエンドパソコンなら「パソコン工房」で!
———————————————

-マウスコンピューター

Copyright© Windowsレジストリ置き場 , 2019 All Rights Reserved.