価格別

10万円以下のゲーミングPC(デスクトップ/ノートPC)の選び方とおすすめ3選

本記事は初めてのゲーミングPCや、子ども用パソコンといった用途にも最適な10万円で買えるゲーミングデスクトップPCについて見ていきます。

おすすめデスクトップゲーミングPC3選

マウスコンピューター
AMD Ryzen 5 3500 / 8GB PC4-21300 / 256GB NVMe M.2 SSD / 1TB HDD / GeForce GTX 1650 GDDR6
AMD Ryzen5とGeForce 1650搭載したモデル。
メモリを16GBへカスタマイズし、記憶装置の容量を増やすかHDDを追加するとメインのPCとしても十分なスペックになります。

ASUS 公式オンラインストア「ASUS Store Online」
AMD Ryzen 7 3750H / 16GB DDR4-2400 / 512GB NVMe M.2 SSD (PCI Express 3.0 x2接続) / NVIDIA GeForce GTX 1650 / IEEE802.11a/b/g/n/ac/ax +Bluetooth 5.0 / 約2.25kg
ASUSのゲーミングノートPC
AMD Ryzen 7とGeForce GTX 1650を搭載したモデルで必要最低限。
とはいえ、この価格は魅力的です。

ASUS 公式オンラインストア「ASUS Store Online」
AMD Ryzen 7 3750H / 16GB DDR4-2400 / 512GB NVMe M.2 SSD (PCI Express 3.0 x2接続) / NVIDIA GeForce GTX 1650 / IEEE802.11a/b/g/n/ac/ax +Bluetooth 5.0 / 約2.25kg
上記モデルからCPUとメモリを強化した15.6インチのゲーミングノートPC
上記モデル同様英語キーボードを搭載しているので、言語設定からキーボード設定を見直しておくと良いでしょう。
この価格帯で購入できるゲーミングノートPCでは、もっとも高性能でバランスの良いモデルです。

と、お急ぎの方向けに書きましたが、
いくつか選ぶポイントも説明しながら詳しく見ていきたいと思います。




実際、ゲーミングパソコンの売れ筋は、
10万円~15万円というのが相場ですし。

なお、ゲーミングパソコンを購入しようとする
NECや富士通、ソニーなどではゲームに必要なグラフィックス性能が高いパソコンを販売していません。
あってもかなりの高額になります。

https://ja.wikipedia.org/wiki/BTO

ゲームに強いパソコンを販売しているのは、BTOメーカーのパソコンになります。
今回は、BTOメーカーから確認します。

10万円以下で購入できるゲーミングパソコンの選び方

今回は予算が10万円となりますので、CPUとメモリはあまり贅沢が言えません。

選べるスペックを言っておくと
CPU    :Intel Core i3~i5 /AMD Ryzen 5~7
グラフィックス:Geforce GTX 1650~Geforce GTX 1660
の組み合わせです。

トータルを考えるとどうなるかも踏まえ確認します。

10万円以下のゲーミングPC:マウスコンピューター

「GeForce GTX 1650」を搭載したデスクトップPC:マウスコンピューター

マウスコンピューター
AMD Ryzen 5 3500 / 8GB メモリ [ 8GB×1 ( PC4-21300 / DDR4-2666 )] / 256GB NVM Express SSD ( M.2 SATA 接続 ) / GeForce GTX 1650
AMD Ryzen 5とGeForce GTX 1650を搭載したスリムモデル。
GeForce GTX 1650 SUPERではなく、GeForce GTX 1650なので他モデルより少し性能が劣ります。

マウスコンピューター
Intel Core i5-10400 / 8GB PC4-21300 / 256GB SSD / GeForce GTX 1650 GDDR6
ゲーミングPCではありませんが、通常モデルから
intel 第8世代 Core i5とGeForce GTX 1650を搭載したデスクトップPC
メモリ8GBとSSD 240GBと基本的ですが、SSDは容量を増やしても良いでしょう。
CPUがCore i5ということで、性能が少し心配ですが、多くのゲームの必須スペックをクリアしているというのもポイントです。

マウスコンピューター
AMD Ryzen 5 3500 / 8GB メモリ [ 8GB×1 ( PC4-21300 / DDR4-2666 )] / SSD:256GB SSD ( M.2 SATA3 接続 ) / GeForce GTX 1650 GDDR6
AMD Ryzen 5を搭載しており、上記モデルよりお手頃なデスクトップPCです。
SSDの容量を強化するかHDDを追加し、メモリを16GBまでカスタマイズしても10万円以下で購入できます。

マウスコンピューター
AMD Ryzen 7 3700X / 8GB メモリ [ 8GB×1 ( PC4-21300 / DDR4-2666 )] / SSD:256GB SSD ( M.2 SATA3 接続 ) / GeForce GTX 1650 GDDR6
期間限定 5,000円OFF!! 2021/6/23 10:59まで
AMD Ryzen 7を搭載した高性能モデル。
CPUの性能は十分です。メモリと記憶装置のサイズが気になるのでカスタマイズしたいところです。

マウスコンピューター
Intel Core i5-10400 / 8GB PC4-21300 / 256GB NVMe対応 M.2 SSD / GeForce GTX 1650 GDDR6
intel Core i5 GeForce GTX 1650 SUPERを搭載したモデル
メモリ 8GBとSSD 240GBと最低限ですが問題ないでしょう。
また、DVDスーパーマルチドライブが搭載されてるのポイントです。

マウスコンピューター
AMD Ryzen 5 3500 / 8GB PC4-21300 / 256GB NVMe M.2 SSD / 1TB HDD / GeForce GTX 1650 GDDR6
AMD Ryzen 5 3500とGeForce GTX 1650 SUPERを搭載したモデル。
他モデルとの違いは記憶装置にSSDだけでなく、HDDを搭載しているところです。
メモリを16GBへカスタマイズするとバランスが良くなるので、コストパフォーマンスの高いモデルです。

パソコン工房で10万円以下のゲーミングPC

パソコン工房で「GTX 1660 SUPER」を搭載したデスクトップPC

パソコン工房
Intel Core i3-10100 / DDR4-2666 DIMM (PC4-21300) 8GB(8GB×1) / 500GB NVMe対応 M.2 SSD / DVDスーパーマルチ / GeForce GTX 1660 SUPER 6GB GDDR6
Intel Core i3とGeForce GTX 1660 SUPERを搭載したモデル。
こちらもメモリが8GBと少ないので、16GBへカスタマイズしておきたいところです。
少しグラフィックス性能が勝ちすぎているので悩ましいところです。

パソコン工房
AMD Ryzen 5 3500 / DDR4-2666 DIMM (PC4-21300) 8GB(8GB×1) / 500GB NVMe対応 M.2 SSD / DVDスーパーマルチ / GeForce GTX 1660 SUPER 6GB GDDR6
こちらの製品のポイントは記憶装置に高速な m.2 NVMe SSDを搭載していること。
容量も500GBと十分です。メモリは追加しておきたいところですが、総額で10万円超えてしまいます。
ゲームを始めるならこのあたりで十分です。

TSUKUMO eX.computerで10万円以下のゲーミングPC

TSUKUMO eX.computerで「GTX 1650」を搭載したデスクトップPC

TSUKUMO eX.computer
Intel Core i3-10100 / 8GB DDR4 SDRAM (PC4-21300、8GBx1) / 240GB SSD (SATAIII接続 / 6Gbps) / NVIDIA GeForce GTX 1650
Intel Core i3とGeForce GTX1650を搭載したモデル。
小型のゲーミングデスクトップPCを探している方にはよいですね。

TSUKUMO eX.computerで「GTX 1660 Ti」を搭載したデスクトップPC

TSUKUMO eX.computer
AMD Ryzen 3 3100 / 8GB DDR4 SDRAM (PC4-21300、8GBx1) / 240GB SSD (SATAIII接続 / 6Gbps) / NVIDIA GeForce GTX 1660Ti
AMD Ryzen 3とGeForce GTX 1660 Tiを搭載したモデル。

10万円以下のゲーミングノートPC

10万円以下のゲーミングノートPCはほとんどありません。

そんな10万円以下のゲーミングノートPCを紹介。

ASUS 公式オンラインストア「ASUS Store Online」
AMD Ryzen 7 3750H / 16GB DDR4-2400 / 512GB NVMe M.2 SSD (PCI Express 3.0 x2接続) / NVIDIA GeForce GTX 1650 / IEEE802.11a/b/g/n/ac/ax +Bluetooth 5.0 / 約2.25kg
ASUSのゲーミングノートPC
AMD Ryzen 7とGeForce GTX 1650を搭載したモデルで必要最低限。
とはいえ、この価格は魅力的です。

HP Pavilion Gaming 15-ec1017AX スタンダードプラスモデル
HP Directplus -HP公式オンラインストア-
AMD Ryzen 5 4600H / 16GB (8GB×2) DDR4-3200MHz (最大16GB) / 256GB SSD (PCIe NVMe M.2) + 1TB ハードドライブ (SATA, 7200回転) / 15.6インチワイド・フルHD非光沢・IPSディスプレイ(144Hz / 1920×1080 / 最大1677万色 / 250nit) / NVIDIA GeForce GTX 1650 / 約 2.08kg
上記モデルと同様、AMD Ryzen 5とGeForce GTX 1650を搭載したモデル。
SSDとHDDを搭載しており、メモリも16GB十分です。
残念なのは一時的に取り扱いを停止しているところ。

最後に

マウスコンピューター
AMD Ryzen 5 3500 / 8GB PC4-21300 / 256GB NVMe M.2 SSD / 1TB HDD / GeForce GTX 1650 GDDR6
AMD Ryzen5とGeForce 1650搭載したモデル。
メモリを16GBへカスタマイズしておくとバランスよいモデルとなります。

パソコン工房
AMD Ryzen 5 3500 / DDR4-2666 DIMM (PC4-21300) 8GB(8GB×1) / 500GB NVMe対応 M.2 SSD / DVDスーパーマルチ / GeForce GTX 1660 SUPER 6GB GDDR6
パソコン工房で最も性能が高いのはこちら。
メモリがどうしても少ないので、16GBへカスタマイズしておきたいところです。

※なお、構成および価格等については記載時の内容であり、予告なく変更される場合があります。

-価格別

© 2021 PCのすすめ|Windowsレジストリ置き場別館