クリエイターPCの選ぶポイントとおすすめ機種を紹介(デスクトップPC・ノートPC)

イラストといった創作活動やRAW現像、写真加工といった画像処理、動画編集といったクリエイターPCの選び方についてです。

利用するソフトウェアによって必要な性能が異なりますし、ソフトウェアに必要ない性能を追加してもお金がかかるだけで、まったく快適になりません。

ここでは、利用するソフトウェアや、性能からおすすめのデスクトップPCとノートPCを紹介しています。

おすすめクリエイターPC 3選(デスクトップ)

マウスコンピューター
intel Core i7-10700 / 16GB PC4-21300 / 256GB NVMe対応 M.2 SSD / 1TB HDD / GeForce GTX 1650 GDDR6
コスパの良いクリエイター向けデスクトップPC
初めてのイラスト・マンガ・デザインにおすすめなデスクトップPCならこちら。
メモリは32GBへカスタマイズしておきたいところです。

マウスコンピューター
intel Core i7-10700 / 32GB PC4-21300 / 512GB NVMe対応 M.2 SSD / 2TB HDD / GeForce RTX 3060
Adobe Premiere Proといった動画編集を本格的にする方向け。
メモリは、64GBまでカスタマイズしておくと良いでしょう。

マウスコンピューター
Intel Core i9-10900X / 水冷CPUクーラー / 32GB PC4-25600 / 512GB NVMe対応 M.2 SSD / NVIDIA Quadro RTX 4000
4K動画など高性能モデルを探しているならこちら
メモリは64ZGBへカスタマイズしておきたいところです。

おすすめクリエイターPC 4選(ノートPC)

マウスコンピューター
Intel Core i7-10870H / 16GB PC4-21300 / 512GB NVMe対応 M.2 SSD / 15.6型 フルHDノングレア / GeForce RTX 2060 / 約 1.77kg
マウスコンピューターの15インチ用クリエイターノートPC
PhotoShopとillstratorの同時利用も快適ですし、動画編集も十分こなせるモデルです。
メモリは32GB以上へ変更しておくと良いでしょう。

HP Directplus -HP公式オンラインストア-
Intel Core i9-10885H / 32GB (16GB×2) DDR4-2933MHz / 2TB SSD (RAID 0, 1TB×2, PCIe NVMe M.2) / NVIDIA GeForce RTX 2060 with Max-Q design / 15.6インチワイド・UHD(4K)OLED・タッチディスプレイ
日本HPのGeForce RTX 2060 with Max-Q designを搭載した高性能なノートPC
GeForce RTX 2060を搭載したモデルと比較すると性能が抑えれらえていますが、十分高性能です。

パソコン工房
Intel Core i7-10870H / DDR4-2666 S.O.DIMM (PC4-21300) 32GB(16GB×2) / 1TB NVMe対応 M.2 SSD / 光学ドライブ非搭載 / GeForce RTX 3060 6GB GDDR6 / 15.6型(非光沢カラー液晶) フルHD(1920×1080ドット) / 約2.26kg(※バッテリー含む)
Intel Core i7とGeForce RTX 3060を搭載したモデル。
Photoshopを利用するには十分すぎる性能です。
メモリも32GBと十分ですし、記憶装置も高速な NVMe M.2 SSDが1TB搭載されています。
HDDが追加できるのもよいですね。


ASUS Store 決算大セール 2021年3月31日 23:59まで icon

キャンペーン一覧|ASUS Store(エイスースストア) icon

クリエイターPCを選ぶ場合のポイント

クリエイターPCを選ぶ場合、目的により性能を選ぶ必要があります。
ここでは、選ぶ際のポイントとなる

  • ・CPU(シーピーユー)
  • ・メモリ
  • ・記憶装置(HDDやSSD)
  • ・専用グラフィックス
  • ・ディスプレイ

といったPCを構成する部品からポイントを確認します。

パソコンを構成するイメージはこちらを確認するとわかりやすいですね。
PCを作業机に例えると、CPUは作業チーム。メモリは机の広さ。記憶装置は引き出しに収納できる容量

CPUはパソコンの中心的な部品で作業をする人たち。4コア以上のものを選ぼう。

CPUを人間の作業に例えると

CPU :作業する人たち
コア:作業する人の人数
スレッド:一度に割り当てられる仕事の数
周波数:1人の処理能力
と考えるとわかりやすいです。

まずCPUとはなにか?ということですが、

CPU(シーピーユー、英: Central Processing Unit)、中央処理装置(ちゅうおうしょりそうち)または中央演算処理装置(ちゅうおうえんざんしょりそうち)は、コンピュータにおける中心的な処理装置(プロセッサ)[1]。
コンピュータの脳としてたとえられることが多い。

CPU - Wikipedia

パソコンを構成する中心的な部品となります。

CPU性能を表す用語として、
コア     :同時処理数
スレッド   :コアへ割り当てられる処理数
周波数(GHz):1コアの処理能力
といったところです。

※スレッドについては、コアに割り当てらた処理の隙間時間に次の処理を効率的に行うことから、CPUの処理を有効に利用できます。

旧世代と最新のCPUどちらが高性能かという疑問もあるかと思いますが、
Core i3 やCore i5といった同一モデルであれば、新しいほうが高性能です。

同一世代で同一モデルでもいくつか種類がありわかりづらいところもあるかと。
見分けるためには、記載されている型番を読み解く必要があります。

CPUの型番についての見方については、

デスクトップ(intel)型番の読み方

なお、intelのCPU型番については、分かり辛いところがあります。
型番の読み方については、上記のようになります。

ノート(intel)型番の読み方

ノート向けintel製CPUの型番についてですが、さらに難しくなります。
現在販売されている最新の第10世代には、技術的に全世代のモデルが混在しています。

intelのCPUを基本に説明いたしました。

インテル - Wikipedia

CPUについては、もう1社あります。

アドバンスト・マイクロ・デバイセズ - Wikipedia

有名なのはintelなのですが、コストパフォーマンスが高いのはAMD
価格を抑えたいなら、AMD製CPUも検討すると良いでしょう。

メモリは、作業する机の広さ。8GB以上で高速なデュアルチャネルのものを選ぼう

メモリ

メモリとは一時的な作業領域であり、
CPUを作業する人たち
とすると
メモリは作業する机の広さ
記憶装置は引き出しやキャビネット
といえるでしょう。

一般的なPCであれば、最低でも4GBあれば十分動作しますが、
クリエイターPCの場合、複数のアプリケーションを同時に利用し、
更に大容量のファイルを複数利用することが多くなります。

結果、大容量のメモリを搭載しておくことで快適に動作します。

また、速度についてです。
メモリの性能については、メモリ単体の速度も大事ですが、一番大きく体感速度を変化させるのが
「デュアルチャネル」
です。

デュアルチャネルとは

メモリ2枚を1つのメモリと考え、同時にアクセスすることで論理的に2倍の速度とする技術。

デュアルチャネル - Wikipedia

シングルチャネルのモデルをカスタマイズしデュアルチャネルにする場合ですが、
8GB×1の場合は、4GB×2へ変更するより8GB×2へ変更するほうが今後考えると良いでしょう。

記憶装置は、作業する机の引き出しといった保管場所。SSDの中でも高速なNVMe SSD 250GB+HDD 1TBかNVMe SSD 500GB以上搭載したものを選ぼう

SSD

HDDやSSDという記憶装置です。
これらは、
・ストレージ
・補助記憶装置
などと呼ばれますが、同一装置です。

規格 転送速度(読み込み)
HDD 150MB/s前後
SATA SSD 550MB/s前後
NVMe SSD 1500MB/s前後
NVMe SSD(Gen3) 3500MB/s前後
NVMe SSD(Gen4) 5000MB/s前後

※理論値であり製品により性能は前後します。

HDDとSSDの読み込み速度の違いです。
HDDとSATA SSD場合性能差が激しく価格以上の差があります。

今後購入を考えるなら、SATA接続のSSD以上
そのため、クリエイターPCを購入するなら記憶装置にはSATA SSD以上を必須とし、NVMe SSD(Gen3)を推奨として考えましょう。
※NVMe SSD(Gen4)は製品がリリースされたばかりですので、高価であり搭載した製品も少ないので現時点では参考までとなります。

専用グラフィックスは、画面表示を行う絵師。ソフトウェアによってことなるので何を使うかによって選ぼう

グラフィックボード

CPUはあくまで処理を専門とした装置ですが、ディスプレイ表示の機能も有したものが多いです。
とはいえ一般的なパソコンは、あくまで表示できるだけです。

そこで、ディスプレイへの表示機能である部分を別の装置で行うために追加されているのが、
専用グラフィックス装置です。

呼び方としては、
グラフィックボード
グラフィックカード
ビデオカード
といくつかの呼び方をされていますが、基本同一のものとなります。

専用グラフィックスとは

グラフィックボード
グラフィックカード
ビデオカード
と呼ばれ、ディスプレイに表示する専用装置の総称で同じものです。

利用するソフトウェアの中でも専用グラフィックスを搭載したPCの方が快適に動作するソフトウェアがあります。
代表的なソフトウェアとしては、Adobe製品。

Adobe製品を本格的に利用する場合は、専用グラフィックスを搭載したモデルが良いですね。

最近の画像処理ソフトはグラフィックス性能を有効活用し、処理をCPUとグラフィックスで効率化するように作られています。

また、グラフィック性能により画面の色合いが異なりますし、
両社モデルについては、色の再現率にこだわったモデルもありますが、これはグラフィックス性能も一役買ってます。

https://helpx.adobe.com/jp/photoshop/kb/photoshop-cc-gpu-card-faq.html

Adobe製品は対応してないと使えない機能もありますので、予算に余裕があれば専用グラフィックスを搭載したモデルを選ぶと良いでしょう。

専用グラフィックスはなにを選べば良いか

専用グラフィックスで有名なnVIDIA社「GeForce」と「Quadro」どちらを選べば良いかです。

2019年7月にNVIDIAよりGeForce向けにクリエイター向けドライバをリリースしましたが、Quadroの特徴であった10Bitカラーに対応しました。
そのため、違いが見えなくなったといます。

Adobe製品はGeForceでも快適に利用できることが確認できていますが、AutoCADなどはQuadroのみ動作確認されています。

利用するソフトウェアで動作確認されたグラフィックスを選ぶと間違いがありません。

一般的なPCとクリエイターPCの違いは、必要となる性能の違い

クリエイター向けパソコンとは、画像や動画、最近であれば4k動画やVRといった処理を快適にできるような高性能なPCです。

一般的なPCとクリエイターPCの違いは、性能の違いです。
理由について、一般的なパソコンで行う作業を考えてみましょう。

  • ・ネットサーフィン(ホームページの閲覧)
  • ・WordやExcelといった文書作成
  • ・Youtubeとういった動画閲覧

こういった作業では、パソコンの高い性能を必要としません。
また、ソフトウェアを同時利用するシーンも少ないかと。

では、クりエイターPCはどうなのか?
クリエイティブ作業にもいくつかありまがすが、全般的に言えるのはソフト自体が高い性能を要求することです。
またソフトによっては、一般的なPCに搭載されていない専用グラフィックスを搭載したモデルのほうが作業に快適にできるものも多いです。
さらに、そういったソフトを複数同時に利用する場面が増えることもそのひとつですね。

そのため、一般的なPCと比較すると、全体的に「高性能」なPCとなります。

クリエイター向けPCとゲーミングPCの違いは、メモリの容量と専用グラフィクスに求められる性能の違い

「クリエイター向けPC」と「ゲーミングPC」販売されているパソコンを見ていくと、構成されているパーツが似通っていることがわかります。
違いは何なのでしょう?

実際のところ、性能から見た場合大きく異なる点はありません。

上位モデルになってくると、グラフィックスもゲーム用とクリエイティブ作業であるクリエイター用とがありますが、
ゲーム用のグラフィックスが高性能化してしまい、クリエイター用でも十分通用する性能が発揮できるようになったため、違いが分かりにくくなってしまいました。
ですので、本当に高性能なクリエイター用PC以外は差別化が難しいのが実情です。

ただし、ケースやキーボードなどはゲーム用とクリエイター用は個性があります。
ゲーム用PCがかなりインパクトがあるのに対し、クリエイター用PCは比較すると落ち着いたものが多いですね。

キーボードはゲーム用にバックライトやゲームで多用するキーなど、こまやかな心づかいをされたものが多いです。
クリエイター用PCはそういった特徴はありません。
結果、クリエイターPCは全体的に落ち着いた形になっています。

ゲーム用PCについては、メモリよりも高性能なグラフィックス機能が優先されており、
逆に、クリエイター向けPCはグラフィックス機能が少し抑えられつつメモリの容量が多いモデルが一般的です。

理由を考えてみると、
ゲーム用PCは常時、高性能なグラフィックスが利用されることが多いですが、
クリエイター向けPCではゲーム用PCに比べグラフィックスを利用するシーンが少ないです。
その代わり、クリエイター向けPCの利用シーンを考えてみると、複数のソフトウェアを利用しながら作業を並行で行うことが多いです。

このため、大容量のメモリが必要ですが、グラフィックスを利用するシーンは少ないです。

クリエイターパソコンは、大容量メモリとCPU内蔵グラフィックス~中程度の専用グラフィックス
ゲーミングパソコンは、中程度のメモリと高性能な専用グラフィックス

と考えておけば間違いないでしょう。

ノートPCかデスクトップPCどちらが良いかは、利用シーンから選ぼう

まず、パソコンを購入するにあたり、悩むのは
ノートPCかデスクトップPCか
ですが、

性能や操作性を重視するなら
デスクトップPC

良く設置場所を変更したり、外出先でも利用したいという場合なら、
ノートPC

をお勧めします。

デスクトップPCはキーボードとマウス、液晶ディスプレイが選択できます。

ノートPCはキーボードと液晶ディスプレイが一体化されており、マウスの代わりにスライドパッドが付いているのが一般的です。
配線をする必要がなく、すぐに使えるというのもメリットですが購入した後変更できないため、確認して購入すると良いでしょう。

はじめての場合か買い替えか

パソコンを購入する場合、はじめてか買い替えかで
購入する基準が変わります。

はじめての場合は、目的重視でよいのですが、
買い替えの場合は、不満となる点を重視するのが賢い購入方法となります。

初めてのパソコンの場合

初めてのパソコンの場合だと、なにを買ったらいいかわからないことです。

簡単にいえば、何に使うか決まっていないことです。
今回はクリエイター用パソコンということで、目的が決まっていますので、推奨各メーカーの推奨モデルを購入すればよいでしょう。

ただ、推奨モデルの中でどれば選べばよいかは、まず予算と相談しておきましょう。
ただし、パソコン工房の場合は、推奨モデルでも使うとなると性能不足を感じる場面もあるかと。

そのため、初めての購入の場合は、
マウスコンピューターで購入することをおすすめします。

パソコンを買い替える場合

買い替えの場合、前のパソコンを使っていて不満があっての買い替えや、故障などでしょうか?
使う目的も決まっていますし、不満点もわかっているのでどこを強化すればよいかといったポイントも
カスタマイズするポイントとして注意しやすいので良いですね。

ただ、買い替えの場合は、古いパソコンをどうするかも決めておきましょう。

下取りに出すのか、捨てるのか。
今使っているPCのデータどうするか?

下取りに出す場合は、データをきちんと取っておきましょう。
データの保存用に外付けHDDなどを準備しておくとよいですね。

外付けHDD

買い替えの場合は、必ず現状のPCの不満点がいくつかあるはずです。

・起動が遅い
・処理に時間がかかる
・OSが古い(サポート切れ)

等々

起動が遅いのであれば、
高性能なCPUと記憶装置を高速なSSDのモデルを選ぶべきです。

処理に時間がかかる場合は、
CPUとメモリ、記憶装置を強化したモデルを購入すると良いでしょう。
グラフィックスは専用グラフィックスを搭載したモデルとし、現在より高性能なモデルにしておきましょう。

こうなると、価格が上昇します。
クリエイターPCで優先する順番は
1.CPU
2.メモリ(32GB以上)
3.グラフィックス
という順番で選ぶと良いですね。

記憶装置(SSD)はあまりカスタイマイズする必要がないぐらいに

どこから買うか

どこから

有名メーカー(NEC・富士通・SONY・東芝など)
これらメーカーは有名なだけに安心なのですが、クリエイター向けといった専門的なPCは販売していません。
※ないわけではないですが、性能の割に高額なモデルが多いです。

補足

NECや富士通で販売されているのはQuadroという高性能グラフィックスを採用した企業向けモデルです。

家電量販店の通販サイト
販売されているのは、有名メーカーのパソコンが多くクリエイター向けPCの販売もあまりされていません。
また、自分の好きなようにカスタマイズもできません。
有名メーカーの製品を1サイトで比較したい場合には良いかもしれません。

BTOメーカー(マウスコンピューター・パソコン工房)
今回見ていくのはこちら。
理由については、クリエイター向けパソコンといった専門性の高いパソコンだけでなく、自分の用途にあったようにカスタマイズして購入できます。

BTOパソコンとは

BTO - Wikipedia
BTO - Wikipedia

続きを見る

メーカーでは商品を部品の状態でストックしておき、顧客の注文に応じて組立てを行い出荷する。部品は完成品より流動性が高いので、メーカーには在庫リスクが減るメリットがある。
顧客にとっては無駄な仕様を省き、購入コストを引き下げることができるメリットがある。その一方で注文方法が煩雑になり、注文から商品の受け取りまでリードタイムが生じるデメリットがある。
商品を手にとって品質を確認することもできない。注文方法をいかに簡単にするか、受注から出荷までをいかに早く行えるか、品質保証とブランド力を維持できるかが成功のポイントとなろう。

BTOにより、たとえばパソコンでは注文する際自分の希望に合うように部品を選択し注文を行うことができるようになった。
メーカーや販売店ではその仕様にそってコンピューターを組み立て、あるいはオプションを追加して顧客に送り届ける。
これにより、自作パソコンに手を出せないユーザーでも自身のニーズに最適化されたパソコンを手に入れることが可能となる。

ということで、注文してから組み立てるため、

  • 自作ができない購入者も高性能で自分にあったパソコンを購入できる
  • 販売店側も不要な在庫を持つ必要がないためコストを低減できる
  • と双方にメリットがある方法ですね。

    クリエイター向けPCのラインアップと比較

    では、国内BTOメーカー4社と海外PCメーカー3社のラインアップから見ていきます。

    マウスコンピューター:サポート充実ラインアップも選びやすい

    マウスコンピューター / TOP
    マウスコンピューターは、ClipStudio推奨モデルやRAW現像推奨モデル、AdobeCCとモデルごとに、ラインアップされています。
    高性能モデルまで一画面で確認できるのは良いですね。

    マウスコンピューター
    AMD Ryzen 7 3700X / 16GB PC4-25600 / 256GB SSD / 1TB HDD / GeForce GTX 1650 GDDR6
    デスクトップ用AMD Ryzen 7を採用したコスパの高いモデル。
    グラフィックスも最新の GeForce GTX 1650
    CLIP STUDIO PAINT(クリップスタジオペイント)推奨モデルですし、イラストとかならこちらで十分ですね。

    マウスコンピューター
    Intel Core i7-10870H / 16GB PC4-21300 / 512GB NVMe対応 M.2 SSD / 15.6型 フルHDノングレア / GeForce RTX 2060 / 約 1.77kg
    Intel Core i7とRTX 2060を搭載したモデル。
    DTPだけでなく、動画編集なども快適。ただ、メモリは強化しておきましょう。

    パソコン工房:ソフトウェア別推奨ソフトランアップが豊富

    インテルCore X搭載ハイエンドパソコンなら「パソコン工房」で!
    クリエイターパソコン
    icon

    ただ、細かすぎて選びにくいです。
    とはいえ、目的が決まっている人は一度目を通しておくべきかと。

    パソコン工房
    intel Core i5-10400 / DDR4-2666 DIMM (PC4-21300) 16GB(8GB×2) / 500GB NVMe対応 M.2 SSD / DVDスーパーマルチ / intel UHD Graphics 630
    パソコン工房からもClipStduio PAINT推奨モデルを紹介。
    パソコン工房では、Clip Studio PAINTに専用グラフィックスは不要との判断なのでしょう。
    推奨モデルに専用グラフィックスを搭載したモデルはありません。

    パソコン工房
    Core i7-10750H / DDR4-2666 S.O.DIMM (PC4-21300) 16GB(8GB×2) / 500GB NVMe対応 M.2 SSD / 光学ドライブ非搭載 / GeForce RTX 2060 6GB GDDR6
    クリエイターノートPCの中から売れ筋をピックアップ
    光学ドライブがついていませんが、バランス良いモデルです。
    性能も申し分ありません。

    TSUKUMO/九十九電機:ソフトウェアや用途は少ないが、ポイントを抑えたラインアップ


    CLIP STUDIO PAINT 動作確認済推奨PC
    写真編集PC
    Unreal Engine 4 動作確認済PC
    QUADRO搭載PC
    とクリエイター向けPCもラインアップされています。


    CLIP STUDIO PAINT 動作確認済推奨PC

    日本HP:ゲーミング用PCと兼用。企業向けモデルのラインアップはポイントを押さえている

    HP Directplus -HP公式オンラインストア-
    日本HPでは、働き方改革の一環として、クリエイター向けPCを販売しています。

    働き方改革(クリエイタータイプ)
    icon

    ワンランク上のクリエイターになる!クリエイティブ作業に最適なマシンとは?
    icon
    またクリエイターPCの特設ページも準備しています。
    なお、販売している製品はゲーミングPCですが、用途向けに整理してあります。

    日本HP
    Intel Core i9-10900 / 32GB (16GB×2) DDR4-2933MHz / 1TB SSD (PCIe NVMe M.2) / 2TB ハードドライブ (SATA, 5400回転) / GeForce RTX 2080 Super with Max-Q design / 31.5インチワイド・UHD 4Kディスプレイ

    HP Directplus -HP公式オンラインストア-
    Intel Core i9-10885H / 32GB (16GB×2) DDR4-2933MHz / 2TB SSD (RAID 0, 1TB×2, PCIe NVMe M.2) / NVIDIA GeForce RTX 2060 with Max-Q design / 15.6インチワイド・UHD(4K)OLED・タッチディスプレイ

    MSI:カスタマイズは難しくサポート面に不安あり

    台湾のパソコン、パソコンパーツで有名な
    「MSI」
    直接の販売はしておらず、販売しているメーカーの中では、

    MSIのクリエイター向けノートPCブランド「MSI Prestige」シリーズを販売しています。

    ASUS:ポイントは抑えてあるもゲーミングPCと兼用ラインアップあり

    台湾のパソコンで有名な「ASUS」
    ASUS クリエイター・エンジニア向けノートパソコン/デスクトップパソコン|ASUS Store
    icon

    ポイントを押さえているだけでなく、
    ディスプレイなども対象に含まれています。

    ASUS 公式オンラインストア「ASUS Store Online」
    Intel Core i5-10210U / 8GB LPDDR3-2133 / SSD 512GB (PCI Express 3.0 x2接続) (インテル Optane メモリ 32GB搭載) / 14型ワイドTFTカラーフルHD グレア液晶 / NVIDIA GeForce MX250 / 約1.3kg

    ASUS Store 決算大セール 2021年3月31日 23:59まで icon

    キャンペーン一覧|ASUS Store(エイスースストア) icon

    目的や利用ソフトから選ぶ

    すでに目的や利用するソフトが決まっている場合、それが快適に利用できる推奨PCを選んだほうが良いでしょう。

    写真加工・イラスト「Adobe Creative Cloud(Adobe PhotoShop)」

    Adobe製品は、CPUやメモリだけでなくグラフィックスも高い性能を要求されます。

    Adobe Photoshop必須スペック

    Intel Core i3メモリ 16GB
    ☑CPU:intel Core i5/AMD Ryzen 5以上
    ☑メモリ:16GB(デュアルチャネル)以上
    ☑グラフィックス:GeForce GTX 1650以上

    詳しくは、こちらにて記載しています。

    イラスト・漫画制作ソフト「ClipStudio PAINT/クリップスタジオペイント」

    イラストを描くのに現在最も利用されているソフト「クリップスタジオペイント」
    クリップスタジオペイント自体は、CPUとメモリが必要なのですが、「MODELER(モデラー)」を利用する場合は、グラフィック性能が必要となります。
    とはいえ、そこまで高い性能が必要ないですが、専用グラフィックスが搭載モデルが推奨です。

    ClipStudio推奨スペック

    Intel Core i3メモリ 8GB
    ☑CPU:intel Core i3/AMD Ryzen 3以上
    ☑メモリ:8GB(デュアルチャネル)以上
    ☑グラフィックス:CPU内蔵グラフィックス以上

    詳しくは、こちらにて記載しています。

    RAW現像ソフト「Adobe LightRoom Classic」

    RAW現像ではCPU性能とメモリが必要となりますが、専用グラフィックスはそこまで必要ではありません。
    しかし、現像後の写真を確認するために、4Kなど高解像度ディスプレイでは専用グラフィックスを搭載したモデルが推奨となります。

    RAW現像推奨スペック

    Intel Core i5メモリ 16GB
    ☑CPU:intel Core i5/AMD Ryzen 5以上
    ☑メモリ:16GB(デュアルチャネル)以上
    ☑グラフィックス:CPU内蔵グラフィックス以上

    詳しくは、こちらにて記載しています。

    動画編集/「Adobe Premiere elements/Pro」「Power Director」「Video Studio」「Vegas Pro」

    動画編集は、クリエイターPCの中でも高い性能を要求されます。
    CPUだけでなく大容量メモリ、そして専用グラフィックスが必要となります。
    その中でも、大容量メモリがポイントです。

    動画編集必須スペック

    Intel Core i5メモリ 16GB
    ☑CPU:intel Core i5/AMD Ryzen 5以上
    ☑メモリ:16GB(デュアルチャネル)以上
    ☑グラフィックス:GeForce GTX 1650以上

    詳しくは、こちらにて記載しています。

    3DCGソフト「Blander」「Maya」

    3DCGについては、グラフィックス性能が最も重要となります。

    3DCGスペック(デスクトップ)

    Intel Core i5メモリ 16GB
    ☑CPU:intel Core i5/AMD Ryzen 5以上
    ☑メモリ:16GB(デュアルチャネル)以上
    ☑グラフィックス:GeForce GTX 1650以上
    BlenderにおすすめなクリエイターPC(デスクトップPC/ノートPC)の選び方。比較した結果のおすすめを紹介

    3DCGソフトウェアの中でも 「Blander」が快適に利用できるクリエイター向けPC(デスクトップPC/ノートPC)について調べてみました。 おすすめモデル 入門機 【マウスコンピューター/DAIV ...

    性能から選ぶ

    既に目的が決まっており、必要な性能がわかっているなら性能から選ぶのもよいです。

    最後に

    今回は、クリエイター向けpcを見てきました。

    マウスコンピューター
    intel Core i7-10700 / 16GB PC4-21300 / 256GB NVMe対応 M.2 SSD / 1TB HDD / GeForce GTX 1650 GDDR6

    イラストだけでなく、メインのPCを探しているならこちら。

    マウスコンピューター
    AMD Ryzen 7 3700X / 16GB PC4-25600 / 256GB SSD / 1TB HDD / GeForce GTX 1650 GDDR6

    コスパが良いマウスコンピューターのクリエイターデスクトップPCならこちら。
    が良いのではないかという感想です。

    高性能モデルのあるマウスコンピューターも良いですね。

    好き嫌いもあるかと思います。
    最後は気に入ったパソコンにするのが良いと思います。

    やはり、グラフィックス性能と価格は比例しますが、優先すべきは記憶領域です。
    500GBクラスのSSDがあれば多くの場合不満は出ないと思いますし、足りなくなったら外付けHDDで補完できます。

    ノートPCでは、
    モバイル重視なら14インチクラスのモデル
    両方重視なら15インチクラスのモデル
    性能重視なら17インチクラスのモデル

    というように、自分の用途あったモデルを選ばれるとよいと思います。

    マウスコンピューター
    intel Core i7-10510U / 16GB PC4-21300 / 256GB NVMe対応 M.2 SSD / 14型 フルHDノングレア / GeForce MX250 / Intel Wi-Fi 6 AX201

    マウスコンピューター
    Intel Core i7-10870H / 16GB PC4-21300 / 512GB NVMe対応 M.2 SSD / 15.6型 フルHDノングレア / GeForce RTX 2060 / 約 1.77kg

    no image

    【15万円以下】クリエイター向けPCのおすすめと選び方【価格別】

    2021/4/10  

    本記事は、15万円以下のクリエイターPCを比較し、おすすめを紹介しています。 15万円以下のおすすめクリエイター向けPC 【マウスコンピューター/DAIV】DAIV Z5 マウスコンピューター int ...

    no image

    【10万円以下】クリエイター向けPCのおすすめと選び方【価格別】

    2021/4/10  

    10万円でも購入できるクリエイター向けPCの販売されている内容を比較し、おすすめを紹介しています。 10万円以下のおすすめクリエイターPC SENSE-S046-iX4-QTX-U 【Windows ...

    no image

    AMD Ryzen Threadripper搭載クリエイターPCのおすすめを紹介

    2021/3/20  

    今回は、「AMD Ryzen Threadripper」を搭載したクリエイターPCについて調べてみました。 現在販売が確認できた店舗は2店舗 ・TSUKUMO eX.computer ・【@Sycom ...

    BlenderにおすすめなクリエイターPC(デスクトップPC/ノートPC)の選び方。比較した結果のおすすめを紹介

    2021/4/13  

    3DCGソフトウェアの中でも 「Blander」が快適に利用できるクリエイター向けPC(デスクトップPC/ノートPC)について調べてみました。 おすすめモデル 入門機 【マウスコンピューター/DAIV ...

    Adobe Creative Cloud推奨PCの選び方とおすすめ3選(デスクトップ/ノートPC)

    2021/4/13  

    「Adobe Creative Cloud」中でも、「Adobe Photoshop」や「Adobe illustrator」、「inDesign」といったソフトが快適に動作するデスクトップPCを比較 ...

    RAW現像に最適なクリエイターPCの選び方。比較した結果からおすすめPCを紹介「マウスコンピューター」「日本HP」「パソコン工房」

    2021/3/23  

    ここでは、RAW現像におすすめなデスクトップPCとノートPCについて紹介しています。 RAW現像におすすめなクリエイターPC 3選 デスクトップPC 【マウスコンピューター/DAIV】DAIV Z5 ...

    no image

    漫画・イラスト制作に最適なクリスタにおすすめなPCの選び方。国内BTOメーカーから比較

    2021/4/9  

    さて、今回はクリエイターパソコンの中でもイラストや漫画の作成向けペイントソフト 「CLIP STUDIO PAINT(クリップ スタジオ ペイント)」 を快適に利用できるデスクトップPCについてです。 ...

    Quadro搭載クリエイターPCを比較した結果からおすすめを紹介

    2021/3/20  

    さて、今回は、クリエイター向けパソコンの中でも「AutoCAD」や「Adobe Creative Cloud」を専門とする専用グラフィックスに「NVIDIA Quadro」搭載したパソコンについて確認 ...

    © 2021 PCのすすめ|Windowsレジストリ置き場別館