ASUS

15.6インチゲーミングノートPC ASUS TUF Gaming FX505DT 「FX505DT-R5G1650S」 レビュー

今回は、ASUSの15.6インチゲーミングノートPC TUF Gaming FX505DT 「FX505DT-R5G1650S」のレビューとなります。

ASUS TUF Gaming FX505DT 「FX505DT-R5G1650S」

本製品のポイント!

☑AMD Ryzen 5 3550H&NVIDIA GeForce GTX 1650搭載
☑15.6型ワイドTFTカラーフルHD液晶(144Hz)搭載
☑重量:約2.25kg
×キーボード:100キー英語キーボード
ASUS Store
AMD Ryzen 5 3550H / 8GB DDR4-2400 / 512GB NVMe M.2 SSD (PCI Express 3.0 x2接続) / NVIDIA GeForce GTX 1650 / IEEE802.11a/b/g/n/ac/ax +Bluetooth 5.0 / 約2.25kg
ASUS Store 決算大セール 2021年3月31日 23:59まで icon

キャンペーン一覧|ASUS Store(エイスースストア) icon

スペック:ASUS TUF Gaming FX505DT 「FX505DT-R5G1650S」

まず、スペックから確認します。

専用グラフィックスを搭載したゲーミングノートPCの中でも標準的なモデルです。

ASUS TUF Gaming FX505DT 「FX505DT-R5G1650S」
OS Windows 10 Home 64ビット
CPU AMD Ryzen 5 3550H
グラフィックス NVIDIA GeForce GTX 1650搭載
メモリ 8GB PC4-19200(DDR4-2400)
M.2 SSD 512GB NVMe対応
液晶パネル 15.6型 1,920×1,080ドット (フルHD) (144Hz)ワイドTFTカラー液晶
無線 IEEE802.11a/b/g/n/ac/ax + Bluetooth 5 モジュール内蔵
重量 約2.25kg
ASUS Store
AMD Ryzen 5 3550H / 8GB DDR4-2400 / 512GB NVMe M.2 SSD (PCI Express 3.0 x2接続) / NVIDIA GeForce GTX 1650 / IEEE802.11a/b/g/n/ac/ax +Bluetooth 5.0 / 約2.25kg

外観:ASUS TUF Gaming FX505DT 「FX505DT-R5G1650S」

ここでは、ASUS TUF Gaming FX505DT 「FX505DT-R5G1650S」の外観を確認しました。

キーボードスライドパッド、入出力端子などどうなっているか確認します。

本体外観および添付品:FX505DT-R5G1650S

本体外観および添付品:FX505DT-R5G1650S

本体外観および添付品:FX505DT-R5G1650S

本体と添付品の一覧です。

本体とACアダプターと電源ケーブルになります。マジックテープでまとめることができるのはよいですね。

本体裏面:FX505DT-R5G1650S

本体裏面:FX505DT-R5G1650S

本体裏面:FX505DT-R5G1650S

四つ角に本体を支えるラバークッションがあります。これなら、排熱も十分ですね。

残念なのは、バッテリーが取り外しできないところ。バッテリーが交換できないと交換したい場合はメーカーに送るか買い替える必要がありますし、大容量のものに変更できないので。

本体右側:FX505DT-R5G1650S

本体右側:FX505DT-R5G1650S

本体右側:FX505DT-R5G1650S

本体右側には、セキュリティワイヤーを接続する端子のみ。現状から考えると光学ドライブはなくてもかまいませんが、できればUSB端子は欲しかったところです。

本体背面:FX505DT-R5G1650S

本体背面:FX505DT-R5G1650S

本体背面:FX505DT-R5G1650S

本体背面には左右に排熱のため排気口を搭載しています。

排気口をふさぐような構成になっていないだけでなく、ディスプレイを閉じても通知用のランプが見えるのはよいですね。

本体左側:FX505DT-R5G1650S

本体左側:FX505DT-R5G1650S

本体左側:FX505DT-R5G1650S

左から、電源、有線LAN、HDMI、USB 3.0、USB 2.0×2、イヤホンマイク

並びから考えると、よく使うものが奥になるようになっていると考えられています。

USB Typee-Cでドックを利用するものでなければ、この配置以外はないでしょう。

ASUS Store
AMD Ryzen 5 3550H / 8GB DDR4-2400 / 512GB NVMe M.2 SSD (PCI Express 3.0 x2接続) / NVIDIA GeForce GTX 1650 / IEEE802.11a/b/g/n/ac/ax +Bluetooth 5.0 / 約2.25kg

キーボードとスライドパッド:ASUS TUF Gaming FX505DT 「FX505DT-R5G1650S」

やはり、入力デバイスの使い勝手は大事です。

ここでは、キーボードとスライドパッドの使い勝手を確認しました。

キーボード:FX505DT-R5G1650S

キーボード:FX505DT-R5G1650S

キーボード:FX505DT-R5G1650S

ゲーミングPCらしい「WASD」が反転しているのはわかりやすくてよいですね。

キーボードは英語キーボード。日本語で利用するとアンダースコア(アンダーバー)が使えなくてちょっと不便ですが、設定で利用できるようになります。

キーボード設定の変更方法

設定
>時刻と言語
 >言語
  >優先する言語 日本語>オプション
   >ハードウェア キーボード レイアウト
    >レイアウトを変更する。

スライドパッド:FX505DT-R5G1650S

スライドパッド:FX505DT-R5G1650S

スライドパッド:FX505DT-R5G1650S

比較対象としてASUS Zenfoneを利用。

スライドパッドは、ボタンが独立していない一体型であり、マルチタッチ対応です。画面スクロールなんかは指2本で上下させるとできるので、慣れるとマウスがなくてもなんとかなります。

※当然あったほうが使いやすい場合もあります。

各種ベンチマーク

ここではPCの性能を図るため、各種ベンチマーク結果から確認します。

ノートPCですので、複数のベンチマーク結果をご紹介。

CINEBENCH R20ベンチマーク結果:FX505DT-R5G1650S

CINEBENCH R20ベンチマーク結果:FX505DT-R5G1650S

CINEBENCH R20ベンチマーク結果:FX505DT-R5G1650S

結果詳細

CPU名 結果
Intel Core i5-8265U 1117cb
Intel Core i7-8665U 1153cb
AMD Ryzen 3550H 1624cb
Intel Core i7-9700T 2262cb
Intel Core i7-9750H 2617cb
Intel Core i9-9980H 2930cb
Intel Core i9-10885H 3370cb
Intel Core i7-10875H 4184cb
AMD Ryzen 9 4900HS 4269cb

CPUの性能としては、上位モデルと比較するとちょっと低めです。

とはいえ、ゲーム用入門機としては十分な性能といえます。

CrystalDiskMarkベンチマーク結果:FX505DT-R5G1650S

CrystalDiskMarkベンチマーク結果:FX505DT-R5G1650S

CrystalDiskMarkベンチマーク結果:FX505DT-R5G1650S

NVMe M.2 SSDを搭載しており、十分高速。

今回確認したSSDは「Micron MTFDHBA512QFD」でした。

DQ10ベンチマーク結果:FX505DT-R5G1650S

DQ10ベンチマーク結果:FX505DT-R5G1650S

DQ10ベンチマーク結果:FX505DT-R5G1650S

DQ10のような軽量なゲームなら快適にプレイできます。

FF14ベンチマーク結果:FX505DT-R5G1650S

FF14ベンチマーク結果:FX505DT-R5G1650S

FF14ベンチマーク結果:FX505DT-R5G1650S

FF14のベンチマーク結果です。

数値としては、「8191:非常に快適」となりました。

GeForce GTX 1650の性能を考えると十分といえます。

FF15ベンチマーク結果:FX505DT-R5G1650S

FF15ベンチマーク結果:FX505DT-R5G1650S

FF15ベンチマーク結果:FX505DT-R5G1650S

FF15のベンチマーク結果です。

数値としては、「3501:普通」となりました。

さすがにFF15はゲームの中でも高いグラフィックス性能を要求されるので、高画質で快適にプレイするのは難しそうです。

Blenderベンチマーク結果:FX505DT-R5G1650S

Blenderベンチマーク結果:FX505DT-R5G1650S

Blenderベンチマーク結果:FX505DT-R5G1650S

CUDAでの結果です。

「BMW27」で2m42sと中々の結果です。入門機としては十分といえます。

ASUS Store
AMD Ryzen 5 3550H / 8GB DDR4-2400 / 512GB NVMe M.2 SSD (PCI Express 3.0 x2接続) / NVIDIA GeForce GTX 1650 / IEEE802.11a/b/g/n/ac/ax +Bluetooth 5.0 / 約2.25kg

最後に

今回は、ASUS TUF Gaming FX505DT 「FX505DT-R5G1650S」を確認しました。

ゲーム用の専用ノートPCとしては、入門機としても十分な性能です。

キーボードが英語キーボードでも、スピーカーやマイクをオフにできるファンクションキーがあるのはよいですね。

英語キーボードが気になる方も設定を変えればよいので、その1手間が気にならなければよいですね。

ASUS Store
AMD Ryzen 5 3550H / 8GB DDR4-2400 / 512GB NVMe M.2 SSD (PCI Express 3.0 x2接続) / NVIDIA GeForce GTX 1650 / IEEE802.11a/b/g/n/ac/ax +Bluetooth 5.0 / 約2.25kg

※内容は公開当時の内容であり、現在と異なる場合があります。



[PR]
--------------------------------------------->
Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

インテルCore X搭載ハイエンドパソコンなら「パソコン工房」で!
---------------------------------------------

-ASUS

© 2021 PCのすすめ|Windowsレジストリ置き場別館