マウスコンピューター

マウスコンピューター DAIV 5P(2020年モデル) レビュー

今回は、「マウスコンピューター」のクリエイター向けPC「DAIV 5P(2020年モデル)」のレビューとなります。

DAIV 5P(2020年モデル)アイキャッチ

本製品のポイント!

☑Intel Core i7 10750H&GeForce GTX 1650搭載
☑最大18.5時間のロングライフバッテリー搭載
☑15.6インチとしては軽量な重量 1.53kg
✖メモリがシングルチャネル
☑価格:139,800円
マウスコンピューター
intel Core i7-10750H / 16GB PC4-21300 / 512GB NVMe対応 M.2 SSD / GeForce GTX 1650 / 15.6型 フルHDノングレア

スペック:DAIV 5P(2020年モデル)

まず、スペックから確認します。

DAIV 5P(2020年モデル)
OS Windows 10 Home 64ビット
CPU Intel Core i7-10750H
グラフィックス GeForce GTX 1650
メモリ 16GB (16GB×1) PC4-21300
M.2 SSD 512GB NVMe対応
液晶パネル 15.6型 フルHDノングレア
無線 インテル Wi-Fi 6 AX201 (最大2.4Gbps/ IEEE802.11ax/ac/a/b/g/n) + Bluetooth 5モジュール内蔵
重量 約 1.53kg

気になるのは、メモリスロットが1つ。
最大容量も322GB×1となっておりメモリの速度による性能がどうなるか気になるところです。
このあたりは、ベンチマークで確認します。

マウスコンピューター
intel Core i7-10750H / 16GB PC4-21300 / 512GB NVMe対応 M.2 SSD / GeForce GTX 1650 / 15.6型 フルHDノングレア

外観:DAIV 5P(2020年モデル)

ここでは、「DAIV 5P(2020年モデル)」の外観を確認しました。

やはり、キーボードスライドパッド、入出力端子などどうなっているか気になりますし。

本体外観および添付品:DAIV 5P(2020年モデル)

本体外観および添付品:DAIV 5P(2020年モデル)

本体外観および添付品:DAIV 5P(2020年モデル)

本体とACアダプターと電源ケーブル。
あとは、マニュアル類です。

本体裏面:DAIV 5P(2020年モデル)

本体裏面:DAIV 5P(2020年モデル)

本体裏面:DAIV 5P(2020年モデル)

本体裏側には、接地面となる部分が左右に伸びています。

本体右側:DAIV 5P(2020年モデル)

本体右側:DAIV 5P(2020年モデル)

本体右側:DAIV 5P(2020年モデル)

本体右側には、左からUSB 3.0 Type-C、USB 3.0(Type-A)、HDMI、ACアダプター端子が確認できます。

本体奥側にACアダプターとHDMI端子があるのはよいですね。

USB Type-CやType-AのポートはUSBメモリなどのデータのやり取りで利用するのに便利です。

そう考えると、USB Type-Cはもっと高速なUSB 3.1やThunderBoltが採用されているとさらに良かったです。

本体背面:DAIV 5P(2020年モデル)

本体背面:DAIV 5P(2020年モデル)

本体背面:DAIV 5P(2020年モデル)

本体背面はCPUや専用グラフィックスの排熱のために利用されています。
PCを利用する際、背面をふさがないようにしないと、熱が上手く冷却できないので、注意が必要です。

本体左側:DAIV 5P(2020年モデル)

本体左側:DAIV 5P(2020年モデル)

本体左側:DAIV 5P(2020年モデル)

本体左側には、画像の左側から
セキュリティロック、有線LAN、USB 2.0、USB Type-C、ヘッドセットジャック、カードリーダー
となります。
右側にあるUSB Type-A端子は利用せず、こちらにあるUSB 2.0ポートにテンキーやキーボード、マウスといったものを接続したほうが良いでしょう。
しかし、ケーブルが本体裏側を回して右側で利用する形になります。
ケーブルのない状態で利用するならBlueToothのレシーバーなどで接続してと考えると素直に、BlueToothのマウスのほうが良いですね。

ディスプレイ:DAIV 5P(2020年モデル)

ディスプレイ:DAIV 5P(2020年モデル)

ディスプレイ:DAIV 5P(2020年モデル)

ノングレア液晶なので、映り込みはそこまでありません。

ディスプレイ:DAIV 5P(2020年モデル)

ディスプレイ:DAIV 5P(2020年モデル)


ディスプレイを最大まで開いた状態。
このあたりは、一般的なノートPCと同等。これ以上広げると排気を邪魔してしまうので、このあたりが限界。

マウスコンピューター
intel Core i7-10750H / 16GB PC4-21300 / 512GB NVMe対応 M.2 SSD / GeForce GTX 1650 / 15.6型 フルHDノングレア

キーボードとスライドパッド:DAIV 5P(2020年モデル)

やはり、入力デバイスの使い勝手は大事です。

ここでは、キーボードとスライドパッドの使い勝手を確認しました。

キーボード:DAIV 5P(2020年モデル)

キーボードとスライドパッド:DAIV 5P(2020年モデル)

キーボードとスライドパッド:DAIV 5P(2020年モデル)

キーボードのまわりが反射していますが、これは保護フィルムがはってあるため。邪魔になるようであれば剥がして問題ありません。

キーボード:DAIV 5P(2020年モデル)(保護フィルムを外した状態)

キーボード:DAIV 5P(2020年モデル)(保護フィルムを外した状態)

スライドパッドのフィルムは外していませんが、キーボードのフィルムを外した状態。

このサイズのノートPCに、よくテンキーを無理やり搭載したモデルがありますが基本的な配置を崩してしまい、全体的に使いにくいモデルも多くあります。

「DAIV 5P(2020年モデル)」キーボードには、テンキーがありません。

これにより、左側の半角/全角キーが小さくなったりエンターキー周りのキーが小さくなっておらず、ノートPCだから打ちにくいということもないでしょう。

数字を良く入力するのでテンキーを利用したいといった方は、追加でテンキーを準備しておくと良いですね。

ただし、エンターキー右側のPageup/Pagedownといったキーが配置されており、人によってはタイプミスを起こす可能性があります。

気になる場合は、フリーソフトで無効化してもよいでしょう。

「Change Key」非常駐型でフリーのキー配置変更ソフト - 窓の杜
「Change Key」非常駐型でフリーのキー配置変更ソフト - 窓の杜

Change Keyのダウンロードはこちら  非常駐型のキー配置変更ソフト。画面上にキーボードのレイアウトが表示されるので、まずキー配置を変更したいキーを選択し、次にそのキーに割り当てたいキーを選択す ...

続きを見る

キーボード:DAIV 5P(2020年モデル)バックライト

キーボード:DAIV 5P(2020年モデル)バックライト


キーボードのバックライト。
こちらの明るさや有効無効はファンクションキーで変更できます。

スライドパッド:DAIV 5P(2020年モデル)

スライドパッド:DAIV 5P(2020年モデル)

スライドパッド:DAIV 5P(2020年モデル)

iPhone 8と比較して、ひとまわり大きいサイズ。

スライドパッドの左上にランプがあります。

こちらをダブルタップすると、スライドパッドを無効化できます。これは便利ですし、誤って有効にしてしまう可能性も低いです。

保護フィルムを張った状態でも動作しますが、気になるようであれば剥がして問題ありません。

マウスコンピューター
intel Core i7-10750H / 16GB PC4-21300 / 512GB NVMe対応 M.2 SSD / GeForce GTX 1650 / 15.6型 フルHDノングレア

各種ベンチマーク

ここではPCの性能を図るため、各種ベンチマーク結果から確認します。

クリエイター向けノートPCですので、クリエイターが利用するソフトのベンチマーク結果をご紹介。

CINEBENCH R20ベンチマーク結果:DAIV 5P(2020年モデル)

CINEBENCH R20ベンチマーク結果:DAIV 5P(2020年モデル)

CINEBENCH R20ベンチマーク結果:DAIV 5P(2020年モデル)

CPU名 結果
Intel Core i7-10875H 4184cb
Intel Core i9-10885H 3370cb
AMD Ryzen 7 4700U 2645cb
Intel Core i7-9750H 2617cb
Intel Core i7-10750H 2511cb
AMD Ryzen 3 4300U 1471cb

気になるところは、第9世代の「Intel Core i7-9750H(G-Tune E5 2019年モデル)」より低い結果となっています。

比較対象のメモリがデュアルチャネルで、本製品がシングルチャネルというのが大きな違いです。

これは同一CPUを搭載したモデルで別途確認したいところ。

CrystalDiskMarkベンチマーク結果:DAIV 5P(2020年モデル)

CrystalDiskMarkベンチマーク結果:DAIV 5P(2020年モデル)

CrystalDiskMarkベンチマーク結果:DAIV 5P(2020年モデル)

今回搭載されていた NVMe対応 M.2 SSDは、「ADATA SX6000PNP」を搭載していました。

M.2 SSDとしては一般的な速度ですし、きちんと速度も出ています。

Adobe Photoshop CC ベンチマーク結果:DAIV 5P(2020年モデル)

Adobe Photoshop CC ベンチマーク結果:DAIV 5P(2020年モデル)

Adobe Photoshop CC ベンチマーク結果:DAIV 5P(2020年モデル)

他PCの比較

モデル
登載グラフィックス
Overall Basic Score
DAIV 5D-R7
GeForce GTX 1660 Ti
928
ENVY 15-ep0003TX
GeForce RTX 2060 with Max-Q Design
913.8
DAIV 5N(2020年モデル)
GeForce RTX 2060
901.2
mouse W890
GeForce GTX 1650
751.8
DAIV 5P(2020年モデル)
GeForce GTX 1650
611.2
DAIV 5D-R5
GeForce GTX 1660Ti
563.4

結果を見る限り、思ったより性能が伸びていません。

同等の性能である、「mouse W890」より1割程度低い結果となっています。

CPUの性能が上がっているにも関わらず、この結果はメモリのせいと考えられます。

Adobe After Effects CC ベンチマーク結果:DAIV 5P(2020年モデル)

After Effects CC ベンチマークは実行中でエラーとなったため、結果がありません。
メモリ不足とも考えられます。

Adobe Lightroom Classic ベンチマーク結果:DAIV 5P(2020年モデル)

Adobe Lightroom Classic ベンチマーク結果:DAIV 5P(2020年モデル)

Adobe Lightroom Classic ベンチマーク結果:DAIV 5P(2020年モデル)

デジタル一眼などで撮影された、写真などをRAW現像するのに利用されるソフトです。

Lightroom Classicは主にCPUの性能が大きく影響しますし、記憶装置の速度も大事となります。

また、メモリ32GB搭載PCではアプリケーションの最大使用メモリが16GBを超えるため、メモリ容量は多いにこしたことはありません。

他PCの比較

モデル
登載グラフィックス
Overall Basic Score
ENVY 15-ep0003TX
GeForce RTX 2060 with Max-Q Design
942
DAIV 5D-R7
GeForce GTX 1660 Ti
922
DAIV 5N(2020年モデル)
GeForce RTX 2060
805
DAIV 5P(2020年モデル)
GeForce GTX 1650
603

Blender ベンチマーク結果:DAIV 5P(2020年モデル)

無料3DCGソフトの「Blender」

結果をインターネット上で共有してあり傾向も確認できます。

Blender ベンチマーク結果(CPU)

Blender(CPU) ベンチマーク結果:DAIV 5P(2020年モデル)

Blender(CPU) ベンチマーク結果:DAIV 5P(2020年モデル)

他PCの比較

モデル名 BMW27結果
ENVY 15-ep0003TX
(Intel Core i9 10885H)
3m42s
DAIV 5N(2020年モデル)
(Intel Core i7-10875H)
4m2s
DAIV 5D-R7
(AMD Ryzen 7 3700X)
4m10s
DAIV 5P
(Intel Core i7-10750H)
5m41s
G-Tune E5
(Intel Core i7-9750H)
5m46s

短いほうが高性能ですが、「DAIV 5P(2020年モデル)」は順当な結果となっています。

Blender ベンチマーク結果(CUDA)

Blender(CUDA) ベンチマーク結果:DAIV 5P(2020年モデル)

Blender(CUDA) ベンチマーク結果:DAIV 5P(2020年モデル)

他PCの比較

モデル名 BMW27結果
DAIV 5N(2020年モデル)
(NVIDIA GeForce RTX 2060)
1m21s
ENVY 15-ep0003TX
(GeForce RTX 2060 with Max-Q Design)
1m33s
G-Tune E5
(NVIDIA GeForce GTX 1660Ti)
1m39s
DAIV 5D-R7
(GeForce GTX 1660 Ti)
1m39s
DAIV 5P(2020年モデル)
(GeForce GTX 1650)
3m46s

専用グラフィックスの差がそのまま出ています。

その他PCと比較すると、低く見えますが3DCGを始めるには十分な性能です。

ちょっと結果が気になったので、追加で「OpenCL」の結果も紹介。

Blender(OpenCL) ベンチマーク結果:DAIV 5P(2020年モデル)

Blender(OpenCL) ベンチマーク結果:DAIV 5P(2020年モデル)

こちらは、2m57sとさらに短時間となっています。

これなら十分な性能といえます。

BlackMagic Designベンチマーク結果:DAIV 5P(2020年モデル)

Davinci Resolveを開発している「BlackMagic Design」

Davinci Resolve自体には推奨スペックの記載がありませんが、ベンチマークソフト「Blackmagic RAW Speed Test」を提供しています。

BlackMagic Designベンチマーク結果:DAIV 5P(2020年モデル)

BlackMagic Designベンチマーク結果:DAIV 5P(2020年モデル)

結果としては、4320p30まで。

フルHDや2Kまでなら、十分な性能といえるでしょう。

V-RAYベンチマーク結果:DAIV 5P(2020年モデル)

3Dレンダリングソフトウェア「V-RAY」

こちらもベンチマークがありますのでそちらの結果を紹介。

V-RAYベンチマーク結果:DAIV 5P(2020年モデル)

V-RAYベンチマーク結果:DAIV 5P(2020年モデル)

他PCの比較

モデル名 VRAY VRAY GPU
DAIV 5D-R7
(GeForce GTX 1660 Ti)
12230 ksamples 136 mpaths
DAIV 5N(2020年モデル)
(NVIDIA GeForce RTX 2060)
10,606 ksamples 186 mpaths
ENVY 15-ep0003TX
(GeForce RTX 2060 with Max-Q Design)
9,750 ksamples 155 mpaths
G-Tune E5
(NVIDIA GeForce GTX 1660Ti)
8,410 ksamples 139 mpaths
DAIV 5P
(NVIDIA GeForce GTX 1650)
7,296 ksamples 74 mpaths
DAIV 5D-R5
(GeForce GTX 1660 Ti)
6,098 ksamples 136 mpaths

こうして見ると、CPU性能では、Intel Core i7 9750H、AMD Ryzen 5 3500と同等。

グラフィックス性能は、GTX 1660Tiの半分、RTX 2060の4割程度の性能。

そう考えると性能的には入門機としての利用か、モバイル用として割り切って使うには十分な性能といえます。

マウスコンピューター
intel Core i7-10750H / 16GB PC4-21300 / 512GB NVMe対応 M.2 SSD / GeForce GTX 1650 / 15.6型 フルHDノングレア

最後に

今回は、DAIV 5P(2020年モデル)を確認しました。

外観から言えば、前モデルのキー配列が特殊であまり良いとは言えませんでしたが、今回のモデルは使い勝手が格段に良くなっています。

テンキーがないことで、キー自体も小さくする必要がなくなりましたし、おかしな配置もなくなりました。私としては、テンキーの有無はユーザーに任せるほうが良いと思います。

必要であれば、BlueToothのタイプのテンキーも出ていますので、USBのポートを使用してしまう心配もありませんし。

周辺機器の入出力端子は、USB 3.2 Type-Cの端子を増やしてHDMI端子を廃止し、付属品として、USB-CとHDMI端子の変換ケーブルをつけておくというのでもこのモデルは良かったような気がします。

それだけで、拡張性はかなり変わりますし。

性能面からみると、メモリがシングルチャネルで性能が全体的に抑えられているように見えます。

CPUや専用グラフィックスの性能から考えるともう少しベンチマークで高い値が出るはずですが、排熱やバッテリーとの兼ね合いを考え、全体的にみるとバランスが取れています。

デザインとしても外出先で利用しても恥ずかしくありません。

ただ、クリエイティブ作業を行うなら、メモリは32GBへカスタマイズしておくことをお勧めします。

※内容は公開当時の内容であり、現在と異なる場合があります。

なお、本記事は、マウスコンピューター様のご厚意により実機をお借りしてのレビューとなります。



[PR]
———————————————>
Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

インテルCore X搭載ハイエンドパソコンなら「パソコン工房」で!
———————————————

-マウスコンピューター

© 2020 PCのすすめ|Windowsレジストリ置き場別館