マウスコンピューター

【レビュー】GeForce GTX 1660Ti搭載マウスコンピューター 「G-Tune E5」レビュー

今回は、マウスコンピューターのゲーミングノートPC「G-Tune E5」のレビューです。
※マウスコンピューター様のご厚意により実機を借りてのレビューとなります。

本製品のポイントは、
☑15.6インチの狭ベゼル非光沢液晶搭載
☑高性能グラフィックスGeForce GTX 1660 Ti搭載
☑M.2 SSD(NVMe接続)

とゲーミングノートPCとしては十分な性能です。

カタログ値から考えれば、現在公開されているゲームタイトルの多くが快適にプレイできるモデルですね。
※今だけ『Minecraft スターター コレクション』が付属します。

マウスコンピューター
Intel Core i7-10750H / 8GB PC4-21300 / 512GB NVMe対応 M.2 SSD / 15.6型 フルHDノングレア (IPSパネル) / GeForce GTX 1660 Ti / インテル Wi-Fi 6 AX201 (最大2.4Gbps)+ Bluetooth 5モジュール内蔵 / 約 2.16kg

スペック

まずスペックを確認します。

CPU Intel Core i7-9750H
グラフィックス GeForce GTX 1660 Ti
メモリ 16GB PC4-21300
M.2 SSD 512GB NVMe対応
液晶パネル 15.6型 フルHDノングレア (IPSパネル)
無線 IEEE802.11 ac/a/b/g/n (最大433Mbps) + Bluetooth 5モジュール内蔵
重量 約 2.2kg

CPUも高性能ですし、メモリも16GBと潤沢です。
無線はWi-Fi 5(IEEE802.11 ac 最大433Mbps)となりますので、FPSなどのゲームをする場合有線LANを利用すると良いですね。

外観:G-Tune E5


本体外観について見てみます。

本体外観および添付品:G-Tune E5

G-Tune E5:本体および添付品

G-Tune E5:本体および添付品

本体とACアダプター、バッテリーと説明書一式です。

G-Tune E5:マニュアル類一式

G-Tune E5:マニュアル類一式

ファーストステップガイドが付いています。はやる気持ちを抑えつつ添付品がそろっていることを確認しておきましょう。

また、このモデルは、「Minecraft Starter Collection」添付モデル。
そのため、通常のマニュアルに加え、マインクラフトをプレイするための手順が追加されています。

本体背面:G-Tune E5

G-Tune E5:背面

G-Tune E5:背面

HDMIとUSB Type-Cと電源の端子が搭載されています。
有線LANの端子もこちらにあり、常用する端子が集中しています。

外部ディスプレイと有線LAN、電源がまとまっているとケーブル周りが整理できて良いですね。

本体裏面:G-Tune E5

G-Tune E5:本体裏面

G-Tune E5:本体裏面

今までのモデルではバッテリーに本体の固定する足の部分が付いていましたが、このモデルはバッテリーのみとなっています。
バッテリーを取り付けなくても安定するので、この方が私は好きですね。

本体右側:G-Tune E5

G-Tune E5:本体右側

G-Tune E5:本体右側

右側にはカードリーダーとMini DisplayPort、USB3.1のポートが搭載されています。
データの受け渡しは右側のポートで行うことが多いため、USB 3.1のポートがこちらにあるのは、良いですね。
Mini DisplayPortは利用しないほうが邪魔にならなくてよいでしょう。

本体左側:G-Tune E5

G-Tune E5:本体左側

G-Tune E5:本体左側

盗難防止用ロックがありますね。
USB2.0とUSB 3.0のポート、ヘッドホン出力とマイク入力端子があります。
ヘッドセットを利用しゲームでSkypeなどで話をしながらゲームをする方もおられるかと思いますが、左側なら邪魔になりません。
マウスやゲーム用コントローラなどを利用する場合は、USB 2.0を利用する良いですね。

キーボードとスライドパッド:G-Tune E5

G-Tune E5:キーボードとスライドパッド

G-Tune E5:キーボードとスライドパッド

気になるのは、エンターキー下の矢印キー。
これを1段下にずらすと、Shiftキーとテンキーの0キーがタイプしやすくなります。
さらに、Windowsキーを追加したり、Fnキーをここに追加して、左側のFnキーをなくすと操作性が良くなるかもしれません。

電源の位置は右上です。
この位置であれば押し間違いもないですし、左上にある場合に比べ手を伸ばすシーンが少なくなるので、この位置が良いでしょう。

ディスプレイ:G-Tune E5

G-Tune E5:ディスプレイ

G-Tune E5:ディスプレイ

ディスプレイの映り込みを確認しました。
非光沢液晶(ノングレア)のため、映り込みはそれほどありません。

内蔵カメラ:G-Tune E5

G-Tune E5:内蔵カメラ

G-Tune E5:内蔵カメラ

内蔵カメラは100万画素となっており、写真撮影には向きません。
しかし、ディスプレイ上部に配置されており、テレビ会議やビデオ通話などには十分な性能です。

マウスコンピューター
Intel Core i7-10750H / 8GB PC4-21300 / 512GB NVMe対応 M.2 SSD / 15.6型 フルHDノングレア (IPSパネル) / GeForce GTX 1660 Ti / インテル Wi-Fi 6 AX201 (最大2.4Gbps)+ Bluetooth 5モジュール内蔵 / 約 2.16kg

各種ベンチマーク:G-Tune E5

ゲームがどの程度快適にプレイできるかベンチマークで確認します。

CINEBENCH R20ベンチマーク結果:G-Tune E5

CINEBENCH R20:G-Tune E5

CINEBENCH R20:G-Tune E5

デスクトップCPUの第7世代のIntel Core i7と同等以上の性能です。

CrystalDiskMark結果:G-Tune E5

CrystalDiskMark:G-Tune E5

CrystalDiskMark:G-Tune E5

M.2 SSDですね。これより高速なM.2 SSDがありますが、HDDやSATA SSDより高速ですので、ゲームの起動などでもたつくことはなさそうですね。

DQ10ベンチマーク結果:G-Tune E5

DQ10 最高品質:G-Tune E5

DQ10 最高品質:G-Tune E5

最高品質でも十分プレイ可能です。このタイトルだと、オーバースペックとなりますね。

参考:その他機種のベンチマーク結果

CPU グラフィックス スコア 評価
Intel Core i7-8709G Radeon RX M GH 5379 快適
Intel Core i5 8400 GeForce MX 250 12981 快適
Intel Core i7 9750H GeForce GTX 1650 20027 すごく快適
Intel Core i7 9750H GeForce GTX 1660 Ti 20084 すごく快適
Intel Core i7 9750H GeForce Quadro P3200 20133 すごく快適
Intel Core i9-9980H GeForce RTX 2080 21329 すごく快適

FF14 SHADOW BRINGERS ベンチマーク結果:G-Tune E5

FF14 最高品質:G-Tune E5

FF14 最高品質:G-Tune E5


参考:その他機種のベンチマーク結果
FF14の推奨スペックで採用されるグラフィックスは、「GeForce GTX 1060」。本製品で採用されている「GeForce GTX 1660 Ti」は「GeForce GTX 1060」の後継製品の高性能モデルです。
フルHDでも十分な性能です。

CPU グラフィックス スコア 評価
Intel Core i5 8400 GeForce MX 250 3853 快適
Intel Core i7 8709G Radeon RX M GH 8068 非常に快適
Intel Core i7 9750H GeForce GTX 1650 9393 非常に快適
Intel Core i7 9750H GeForce Quadro P3200 12070 非常に快適
Intel Core i7 9750H GeForce GTX 1660 Ti 13077 非常に快適
Intel Core i9 9980H GeForce RTX 2080 16422 非常に快適

FF15 ベンチマーク結果:G-Tune E5

FF15 高品質:G-Tune E5

FF15 高品質:G-Tune E5


FF15では、高品質では「快適」という評価になりました。
しかし、負荷の高い場面ではもたつくようであれば、画質を下げると良いでしょう。

参考:その他機種のベンチマーク結果

CPU グラフィックス スコア 評価
Intel Core i5 8400 GeForce MX 250
Intel Core i7 8709G Radeon RX M GH 2964 やや重い
Intel Core i7 9750H GeForce GTX 1650 3823 普通
Intel Core i7 9750H GeForce Quadro P3200 5089 やや快適
Intel Core i7 9750H GeForce GTX 1660 Ti 6086 快適
Intel Core i7 9750H GeForce RTX 2060 6672 快適
Intel Core i7 8750H GeForce RTX 2070 7620 快適
Intel Core i9 9980H GeForce RTX 2080 9393 とても快適

3DMARK Fire Strike ベンチマーク結果:G-Tune E5

3DMARK Fire Strike:G-Tune E5

3DMARK Fire Strike:G-Tune E5

マウスコンピューター
Intel Core i7-10750H / 8GB PC4-21300 / 512GB NVMe対応 M.2 SSD / 15.6型 フルHDノングレア (IPSパネル) / GeForce GTX 1660 Ti / インテル Wi-Fi 6 AX201 (最大2.4Gbps)+ Bluetooth 5モジュール内蔵 / 約 2.16kg

最後に

外観から使い勝手と性能を確認しました。

ゲーム専用機としてだけでなく、メインのPCとしても十分な性能です。
ゲームタイトルから考えると、多くの必須スペックを十分クリアしているのでプレイできるか悩まなくて良いですし、画質を落とせば高負荷なタイトルもプレイできます。

Wi-Fiが最新の「Wi-Fi 6」に対応していないのが残念ですが、こちらはカスタマイズで変更可能です。
キーボードが気になる方は別途ゲーミング用キーボードを準備しても良いですね。

マインクラフトが付属しているので、
「マインクラフトやったことないけど、やってみたい」
という方にもおすすめです。

ではでは。

マウスコンピューター
Intel Core i7-10750H / 8GB PC4-21300 / 512GB NVMe対応 M.2 SSD / 15.6型 フルHDノングレア (IPSパネル) / GeForce GTX 1660 Ti / インテル Wi-Fi 6 AX201 (最大2.4Gbps)+ Bluetooth 5モジュール内蔵 / 約 2.16kg



[PR]
———————————————>
Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

インテルCore X搭載ハイエンドパソコンなら「パソコン工房」で!
———————————————

-マウスコンピューター

© 2020 PCのすすめ|Windowsレジストリ置き場別館