マウスコンピューター

マウスコンピューター:G-Tune PM-B Intel Core i5搭載のコスパ優先ゲーミングPC

今回は、「マウスコンピューター」のゲーミングデスクトップPC「G-Tune PM-B」のレビューとなります。

本製品のポイント!

☑Intel Core i5-11400F 搭載
☑NVIDIA GeForce GTX 1660搭載
☑メモリ16GB、記憶装置 256GB NVMe M.2 SSD
☑価格:137,280円 (税込)

マウスコンピューター
Intel Core i5-11400F / 16GB PC4-25600 / 256GB NVMe対応 M.2 SSD / GeForce GTX 1660 / インテル Wi-Fi 6 AX200(IEEE 802.11ax/ac/a/b/g/n / 最大2.4Gbps対応) + Bluetooth 5モジュール内蔵 / 約10.3kg
マウスコンピューター
Intel Core i5-11400F / 16GB PC4-25600 / 256GB NVMe対応 M.2 SSD / GeForce GTX 1660 / インテル Wi-Fi 6 AX200(IEEE 802.11ax/ac/a/b/g/n / 最大2.4Gbps対応) + Bluetooth 5モジュール内蔵 / 約10.3kg

スペック:G-Tune PM-B

まず、スペックから確認します。

ゲーミングデスクトップPCとしてはめずらしい、CPUに「Core i5」を搭載し価格を抑えつつ、「GeForce GTX 1660」を搭載しているのがポイントです。

G-Tune PM-B
OS Windows 10 Home 64ビット(Windoiws 11を搭載した同一スペックモデル「G-Tune PM-B-L」も併売)
CPU Intel Core i5-11400F
グラフィックス GeForce GTX 1660 GDDR5 6GB
メモリ 16GB (8GBx2) DDR4-3200 SDRAM SODIMM
ストレージ 256GB NVMe M.2 SSD
無線 Intel Wi-Fi 6 AX200(IEEE 802.11ax/ac/a/b/g/n / 最大2.4Gbps対応) + Bluetooth 5モジュール内蔵
重量 約約10.3kg

マウスコンピューター
Intel Core i5-11400F / 16GB PC4-25600 / 256GB NVMe対応 M.2 SSD / GeForce GTX 1660 / インテル Wi-Fi 6 AX200(IEEE 802.11ax/ac/a/b/g/n / 最大2.4Gbps対応) + Bluetooth 5モジュール内蔵 / 約10.3kg
マウスコンピューター
Intel Core i5-11400F / 16GB PC4-25600 / 256GB NVMe対応 M.2 SSD / GeForce GTX 1660 / インテル Wi-Fi 6 AX200(IEEE 802.11ax/ac/a/b/g/n / 最大2.4Gbps対応) + Bluetooth 5モジュール内蔵 / 約10.3kg

外観:G-Tune PM-B

ここでは、「G-Tune PM-B」の外観を確認しました。

キーボードマウスなどについては標準で添付されていないことから、今回除外しています。

本体外観:G-Tune PM-B

本体外観:G-Tune PM-B

本体外観:G-Tune PM-B

本体はタワー型デスクトップPCとして標準的です。前面には電源ボタンが確認できます。また、カスタマイズで光学ドライブとしてDVDスーパーマルチとBlue-rayドライブが選択できます。

添付品とマニュアル類:G-Tune PM-B

添付品とマニュアル類:G-Tune PM-B

添付品とマニュアル類:G-Tune PM-B

マニュアル類です。マウスコンピューターの添付品としては一般的です。サポートマニュアルはパソコンに詳しくない方にはうれしいです。

それ以外の添付品としては、電源ケーブルのみ。キーボードとマウスについては、G-Tuneオリジナルだけでなく、Logicoolのゲーミング用モデルも選択できます。

本体背面:G-Tune PM-B

本体背面:G-Tune PM-B

本体背面:G-Tune PM-B

本体背面で特徴的なのは、HDMI端子。本体前面上部にあるHDMI端子を利用するための延長ケーブルで、利用する際はグラフィック端子へ接続する必要があります。

本体前面端子:G-Tune PM-B

本体前面端子:G-Tune PM-B

本体前面端子:G-Tune PM-B

本体前面の端子には、USB 3.0端子が2つ。あとは、HDMI端子とマイク入力とヘッドセット端子が準備されています

このあたりは、上位モデルと比較し最低限となっています。

本体裏面:G-Tune PM-B

本体裏面:G-Tune PM-B

本体裏面:G-Tune PM-B

本体裏側です。かなりピンボケしててかなりショックです。
接地面の足となる部分と取り外し可能なフィルターが確認できます。フィルターについてはマグネット式ですので、本体との隙間もできませんし掃除もしやすいです。

マウスコンピューター
Intel Core i5-11400F / 16GB PC4-25600 / 256GB NVMe対応 M.2 SSD / GeForce GTX 1660 / インテル Wi-Fi 6 AX200(IEEE 802.11ax/ac/a/b/g/n / 最大2.4Gbps対応) + Bluetooth 5モジュール内蔵 / 約10.3kg
マウスコンピューター
Intel Core i5-11400F / 16GB PC4-25600 / 256GB NVMe対応 M.2 SSD / GeForce GTX 1660 / インテル Wi-Fi 6 AX200(IEEE 802.11ax/ac/a/b/g/n / 最大2.4Gbps対応) + Bluetooth 5モジュール内蔵 / 約10.3kg

各種ベンチマーク

ここではPCの性能を図るため、各種ベンチマーク結果から確認します。

ゲーミングノートPCとはいえクリエイティブ作業も可能なモデルですので、複数のベンチマーク結果をご紹介。

CINEBENCH R20ベンチマーク結果:G-Tune PM-B

CINEBENCH R20ベンチマーク結果:G-Tune PM-B

CINEBENCH R20ベンチマーク結果:G-Tune PM-B

CPU名 結果
AMD Ryzen 5 3500 2599cb
Intel Core i7-9700 3033cb
Intel Core i5-11400F 3459cb
AMD Ryzen 7 3700X 4432cb
Intel Core i7-10700 4667cb
Intel Core i7-11700K 5378cb

Intel Core i7 9700と比較して1割以上高い結果となっています。
第10世代や第11世代のCore i7と比較すると低いですが、入門機として考えると十分な性能といえます。

CrystalDiskMark ベンチマーク結果:G-Tune PM-B

CrystalDiskMark ベンチマーク結果:G-Tune PM-B

CrystalDiskMark ベンチマーク結果:G-Tune PM-B

NVMe M.2 SSDでも高速な部類。搭載されていたSSDは「KINGSTON OM8PDP3256B」です。

読み込み速度を見ると十分といえます。こちらより高性能な NVMe M.2 SSDもありますが、CPUやグラフィックスの性能とのバランスを考えると十分です。
ただ容量が少ないため、カスタマイズし増やしておきたいところです。

DQ10 ベンチマーク結果:G-Tune PM-B

DQ10 ベンチマーク結果:G-Tune PM-B

DQ10 ベンチマーク結果:G-Tune PM-B

ゲームでも軽量な部類のゲームタイトルとして、DQ10のベンチマーク結果です。

ある程度のグラフィック性能があれば十分プレイできますし、この結果なら気にすることはないでしょう。

FF14 ベンチマーク結果:G-Tune PM-B

FF14 ベンチマーク結果:G-Tune PM-B

FF14 ベンチマーク結果:G-Tune PM-B

ゲームタイトルの中でも、中級クラスとして代表的なFINAL FANTASY ⅩⅣのベンチマーク結果です。

値もかなり高く、「暁月の終焉」も画質十分快適に楽しめます。

FF15 ベンチマーク結果:G-Tune PM-B

FF15 ベンチマーク結果:G-Tune PM-B

FF15 ベンチマーク結果:G-Tune PM-B

重量級タイトルの代表として、FINAL FANTASY 15のベンチマーク結果です。

フルHDの高品質で「やや快適」といった結果。画質を落とせば十分楽しめますので、ゲーミングPCとして初めてのPCを探しているような方向けといえます。
このクラスのゲームを快適に楽しみたいなら、CPUと専用グラフィックスは1ランク上のものを選ぶと良いでしょう。

Adobe Photoshop CC ベンチマーク結果:G-Tune PM-B

Adobe Photoshop CC ベンチマーク結果:G-Tune PM-B

Adobe Photoshop CC ベンチマーク結果:G-Tune PM-B

Adobe Photoshopのベンチマークの結果です。

この性能なら、4Kサイズの高画質写真の加工も快適にできそうです。
しかし、メモリが16GBと少ないので、本格的な作業を行うなら32GBへカスタマイズしておきたいところです。

Blender ベンチマーク結果:G-Tune PM-B

Blender ベンチマーク結果:G-Tune PM-B

Blender ベンチマーク結果:G-Tune PM-B

無料の3DCGソフト「Blender」のベンチマーク結果です。

「BMW 27」の結果で、CPUだと「4分42秒」。CUDAで「1分29秒」

CUDAだとかなり短時間で進みます。3DCGでも十分な性能といえます。

もっと短時間で快適なPCを探すならグラフィックス性能を優先に選ぶと良いでしょう。

マウスコンピューター
Intel Core i5-11400F / 16GB PC4-25600 / 256GB NVMe対応 M.2 SSD / GeForce GTX 1660 / インテル Wi-Fi 6 AX200(IEEE 802.11ax/ac/a/b/g/n / 最大2.4Gbps対応) + Bluetooth 5モジュール内蔵 / 約10.3kg
マウスコンピューター
Intel Core i5-11400F / 16GB PC4-25600 / 256GB NVMe対応 M.2 SSD / GeForce GTX 1660 / インテル Wi-Fi 6 AX200(IEEE 802.11ax/ac/a/b/g/n / 最大2.4Gbps対応) + Bluetooth 5モジュール内蔵 / 約10.3kg

最後に

今回は、G-Tune PM-Bを確認しました。

CPUは第11世代のIntel Core i5と価格と性能のバランスが良いモデルです

グラフィックス性能は多くのゲームタイトルの推奨スペックをクリアしており、タイトルによっては4Kでも楽しめそうです。

クリエイティブ作業では、イラストやグラフィックデザインといった作業は十分快適ですが、メモリがもう少し欲しいところです。グラフィック性能が高く3DCGや動画編集の入門機としても十分こなせます。

CPUとグラフィックスのバランスが良いコスパの高いゲーミングPCを探している方、いろいろできるデスクトップPCを探している方におすすめなデスクトップPCです。

マウスコンピューター
Intel Core i5-11400F / 16GB PC4-25600 / 256GB NVMe対応 M.2 SSD / GeForce GTX 1660 / インテル Wi-Fi 6 AX200(IEEE 802.11ax/ac/a/b/g/n / 最大2.4Gbps対応) + Bluetooth 5モジュール内蔵 / 約10.3kg
マウスコンピューター
Intel Core i5-11400F / 16GB PC4-25600 / 256GB NVMe対応 M.2 SSD / GeForce GTX 1660 / インテル Wi-Fi 6 AX200(IEEE 802.11ax/ac/a/b/g/n / 最大2.4Gbps対応) + Bluetooth 5モジュール内蔵 / 約10.3kg

※内容は公開当時の内容であり、現在と異なる場合があります。



[PR]
--------------------------------------------->
Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

インテルCore X搭載ハイエンドパソコンなら「パソコン工房」で!
---------------------------------------------



-マウスコンピューター

© 2022 PCのすすめ|Windowsレジストリ置き場別館