【2019年版】SSDとHDDを両方搭載したノートPCの選び方とおすすめ3選

今回は、性能と容量を両立した「SSDとHDD両方を搭載した(デュアルストレージ)ノートパソコン」についてです。

☑パソコンの価格は抑えたい。
☑高速なパソコンがほしい。
☑データもいっぱい保存したい。
といったあなたのために、一緒に見ていきたいと思います。

SSDとHDDを両方搭載のパソコンなら
☑容量不足に悩むことなく、快適で長く使えるノートパソコンが手に入る
☑インターネットも動画も快適に楽しめる
☑音楽や動画、写真もたくさん保存できる
といった今までの不満が解決できるはずです。

なお、HDDとSSDを両方搭載したノートパソコンでおすすめは、

ゲームをしたりせず、グラフィック性能を求めないのであれば、

マウスコンピューター
Intel Core i7-8550U / 8GB PC4-19200 / 256GB M.2 SSD / 1TB HDD / DVDスーパーマルチドライブ / Intel UHD Graphics 620 / 15.6型 フルHDノングレア (1,920x1,080/ LEDバックライト) / 約2.2kg

ゲームも楽しみたいなら

マウスコンピューター
Core i7-9750H / 16GB PC4-19200 / 256GB NVMe対応 SSD / 1TB HDD /GeForce GTX 1650 / 15.6型 フルHDノングレア / 約 2.5kg

こちらのノートパソコンがおすすめです。

持ち運びやすいノートPCを探しているなら


がよいでしょう。
こちらはSSDのみ搭載で参考として紹介

マウスコンピューターでは、
☑安心の国内生産
☑24時間365日電話サポート
☑96時間で修理完了
であり、買った後でも安心ですね。

PickUp!!
【セール情報】当サイト経由でマウスコンピューター製PCを購入するとamazonギフトをキャッシュバックキャンペーン実施中 – Windowsレジストリ置き場

PickUp!!
【祝】マウスコンピューター「DAIV」とコラボしたクリエイターノートPC|とあるシステム管理者が考えるおすすめモデル – Windowsレジストリ置き場
お得なマウスコンピューターの当サイト限定モデルです。

では詳しく見ていきたいと思います。

ノートパソコンはどうしても、拡張性が低いため何かを犠牲にしないといけません。
また、パソコンの体感速度は「一番遅いもの」によって決まるといっても過言ではありません。

で、パソコンで一番遅いものは何でしょう??

そうですね。
HDDといった記憶領域(ストレージ)です。

実際のところ
CPU>メモリ>記憶装置
の順番になっており、記憶装置の速度を高速化が中々進みませんでした。
そんな中、SSDが登場し、パソコンの速度が劇的に変化しました。

記憶領域の速度としては
SSD>HDD
となります。

SSDってなに?

ってことですが、
高速だけどHDDに比べ高価な記憶装置(ストレージ)です。

メインのドライブはSSDにして高速化し、大容量のHDDも搭載してデータの保存もいっぱいできるノートパソコンがあれば最強じゃん!?
って思いませんか?

なお、値段としては
SSD 256GB
HDD 2TB
が大体同じぐらい。

容量もほしいけど速度も捨てがたいとなると
SSD搭載のノートパソコンを購入し、外付けHDDをUSBで取り付けるのも一つの手です。

ただ、そうすると貴重なUSBポートが1つ使えなくなってしまいますし、持ち運び時に、余計な荷物になりますね。

となると、選択肢は3つ。

1.SSDとHDDが一つになったSSD+HDDを搭載したノートパソコンを購入する。
2.1つのドライブで両方の機能を有したハイブリッドHDDを搭載したノートパソコンを購入する。
3.別々だけど両方ついているノートパソコンを購入する。
似ていますが、なにが違うのか簡単に説明を。

1は物理ドライブにSSDのドライブとHDDのドライブの2つを共存させたもの
2はHDDの中にSSDを搭載し1つのドライブとして動かすもの
3はSSDとHDD別々のものをノートパソコンに搭載したもの
です。

まだちょっとわかりにくいですね。

Screenshot of www.wdc.com

WD Black – デスクトップ用パフォーマンス内蔵ストレージハードディスクドライブ | Western Digital(WD) | Western Digital(WD)

 

これは、物理ドライブに2つを共存させたものですが、デスクトップ向けとなります。

となると、HDD内にSSDを搭載し1つのドライブとして動かすもの?
これは、ハイブリッドHDDと呼ばれることがあります。

ハイブリッドHDDとは?

ハイブリッドHDDとは別名「SSHD」と呼ばれ、小さい容量(8GBぐらいから)のSSDとHDDを1つのドライブとして動作します。
実際手持ちのノートパソコンが遅かったので、HDDからSSHDへ切り替えてみたのですが、思ったより快適で5年落ちのパソコンが2年目ぐらいの感覚に変わりました。

ただ、SSDを搭載したパソコンと比べるとどうしても遅く感じますので
SSDとHDDと両方を搭載したノートパソコンに買い替えようか検討中です。

パソコンのメモリと記憶装置の容量の関係

パソコンのメモリを増やすと、記憶装置の容量が消費されます。
これは、パソコンのOSがメモリ上に展開していたデータを記憶装置に一時的に保存するためです。
これは、OSの機能として
・スリープ
・休止
という2つの機能によるものです。
このうち、スリープは標準で有効となっており、OSがインストールされたドライブ(通常Cドライブ)に
メモリと同等のサイズの容量を消費します。

また、Windows 8以降のOSでは、高速スタートアップという機能が有効となっており、
OSの起動に必要なデータをメモリに読み出すための時間を短縮するために利用されています。

そのため、Windows 8以降のOSでは起動が数秒で立ち上がるというのが売りとなっていますね。

最新のパソコンであれば、これらの機能を無効にしても数秒から数10秒と起動に時間がかかりますが、
起動してしまえばそれほど変わりません。

普段快適に使いたいのであれば、有効のまま利用しても良いですし、少しでも記憶装置の容量を節約したいなら、機能を無効にすると容量が増えます。

ただ、OSがインストールされるドライブをSSDにするのであれば、
SSDの特性として、同じ規格でも容量が大きいほど高速となります。

ですので、予算が許せば容量の大きいものを選ぶとよいですね。
余談でした。

さて、色々なラインアップで発見出来たSSDとHDD両方搭載したノートパソコンについて見ていきたいと思います。

SSDとHDD両方搭載したノートパソコン(ドスパラ:15.6インチゲーミングノート)

ポイントは
CPUはCore i7 8750H
ディスプレイは15.6インチのフルHD(1920×1080)
メモリは16GB DDR4のデュアルチャネル
グラフィックはNVIDIA GeForce RTX2060
記憶装置は500GB SSD (M.2スロット)
光学ドライブはありませんが、ゲームするにはほぼ問題なしですね。
メモリも16GBと問題はないでしょう。

SSDとHDD両方搭載したノートパソコン(ドスパラ)

ドスパラのノートパソコンの売れ筋ランキングですが、基本構成ではSSDとHDD両方を搭載したモデルはありませんが、カスタマイズが可能です。
※2019/8/10現在の情報であり、最新の情報と異なる場合がございます。

1位


GeForce MX150を搭載したスタンダードノートPC。
ちょっとしたゲームもプレイ可能。

2位


15インチのスタンダードなノートパソコンですね。
ポイントは安価でありながらSSDを搭載しているところですね。
一人暮らしのメインPCや家庭での2台目といったパソコンには十分なモデルです。

価格も性能も問題ないでしょう。
CPUも最新の第8世代を利用しているのポイントです。

SSDとHDD両方搭載したノートパソコン(マウスコンピューター:ゲーミングパソコン)

なお、マウスコンピュータでゲーミングモデルだと

CPUはCore i7
ディスプレイは17.3インチのフルHD(1920×1080)
メモリは16GB DDR4
グラフィックはGeForce® GTX 1060
記憶装置は512GB SSD (M.2スロット)とHDD1TB

これ、ノートPCでゲームする人向けですね。
高画質を求めると少し心もとない場合もありますが、多くの場合問題はないでしょう。
CDやDVDといったメディアを読み取れる光学ドライブがついていませんが、最近利用することはそうありませんので、割り切りが良いですね。

SSDとHDD両方搭載したノートパソコン(マウスコンピューター:17.3インチノートパソコン)

ゲームはしないけど、SSDとHDD両方ほしいという方は
マウスコンピューターのこちら

マウスコンピューター
Core i7-9750H / 16GB PC4-19200 / 256GB NVMe対応 M.2 SSD / 1TB HDD / 17.3型 フルHDノングレア (1,920×1,080/ LEDバックライト) / GeForce GTX 1650 / 約 2.6kg

なにが違うかというと、
ディスプレイは17.3型 ノングレア液晶(フルHD 1920×1080)
CPUはCore i7
メモリは16GB(DDR4)
記憶装置は256GB SSD (M.2スロット)とHDD1TB
グラフィックはNVIDIA GeForce GTX 1050 4GB

光学ドライブなし
※グラフィック性能が少し低いけど、安価です。
ちょっとしたゲームも問題ないですし、イラストなどのクリエイティブ作業にも利用できます。

SSDとHDD両方搭載したノートパソコン(マウスコンピューター:15.6インチノートパソコン)

グラフィック性能を求めないのであれば、

マウスコンピューター
Intel Core i7-8550U / 8GB PC4-19200 / 256GB M.2 SSD / 1TB HDD / DVDスーパーマルチドライブ / Intel UHD Graphics 620 / 15.6型 フルHDノングレア (1,920x1,080/ LEDバックライト) / 約2.2kg

こちらは、グラフィック性能以外は、ほぼ問題なし。
家族みんなで使うようなパソコンを探している人、ゲームや画像処理や動画編集といったクリエイター作業をしない人向け。
ですね。

SSDとHDD両方搭載したノートパソコン(マウスコンピューター:ランキングから)

ランキングの2位と3位がSSDとHDD両方を搭載したモデルですね。
2位

OS:Windows 10 Home 64ビット
CPU:インテル® Core™ i7-8750H プロセッサー(6コア/2.20GHz/TB時最大4.10GHz/9MB スマートキャッシュ/HT対応)
グラフィックス:GeForce® MX150 (2GB)
メモリ:16GB PC4-19200 (8GB×2/デュアルチャネル)
M.2 SSD:256GB SerialATAIII M.2規格
ハードディスク:1TB SerialATAII 5400rpm
液晶パネル:15.6型 フルHDノングレア (1,920×1,080/ LEDバックライト)
無線:IEEE 802.11 ac/a/b/g/n 最大433Mbps対応 + Bluetooth® 5モジュール
保証期間 1年間無償保証・24時間×365日電話サポート

ドスパラの3位と同等ですが、あちらは、メモリが少ないですが安価。
そして軽量ですね。
こちらは、メモリが16GBと多いです。
2製品で選ぶなら
自宅で据え置きで使うなら、こちら。
持ち運ぶことを考えるならドスパラでよさそうです。

3位

マウスコンピューター
Intel Core i7-8550U / 8GB PC4-19200 / 256GB M.2 SSD / 1TB HDD / DVDスーパーマルチドライブ / Intel UHD Graphics 620 / 15.6型 フルHDノングレア (1,920x1,080/ LEDバックライト) / 約2.2kg

OS        :Windows 10 Home 64ビット
CPU        :インテル® Core™ i7-8550U プロセッサー(4コア/1.80GHz/TB時最大4.00GHz/8MB スマートキャッシュ/HT対応)
グラフィックス  :インテル® UHD グラフィックス 620
メモリ      :8GB PC4-19200 (8GB×1)
M.2 SSD     :256GB Serial ATAIII M.2規格
ハードディスク  :1TB Serial ATAII 5400rpm
光学ドライブ   :DVDスーパーマルチドライブ
液晶パネル    :15.6型 フルHDノングレア (1,920×1,080/ LEDバックライト)
無線       :IEEE 802.11 ac/a/b/g/n ・ Bluetooth® V4.2 + LE 準拠モジュール
保証期間 1年間無償保証・24時間×365日電話サポート

専用グラフィックスを搭載していない代わりに光学ドライブを搭載したモデル。
家庭用に1台パソコンを考えているなら、こちらが良いかもしれません。
WordやExcelといった作業からインターネットによるネットショッピングならこちらが良いですね。
ゲームもこなすとなると1位のモデルのほうがよさそうです。

SSDとHDD両方搭載したノートパソコン(日本HP:15.6インチノートパソコン)


128GBのSSDと1TBを搭載しているモデル。
SSDのサイズが128GBと小さいですが、目的が決まっている方やメインのパソコンを別に持っている方には、良いかもしれません。
さらに、モバイル用専用グラフィックスも搭載しているので、ちょっとしたゲームぐらいならできそうです。

HP Pavilion 15-cs0000 スタンダードモデル(セラミックホワイト/モダンゴールド) 
HP Directplus -HP公式オンラインストア-

こちら、上記モデルからSSDが増強されたモデル。
グラフィックスにGeForce MX150を採用しているので動画再生だけでなく、ちょっとしたイラストや写真加工といった作業も
問題ないでしょう。

日本HP
Intel Core i5-8250U / 8GB DDR4-2400 / 256GB SSD(NVMe M2)+1TB HDD(7,200回転)/ 15.6インチワイド・フルHDブライトビュー・IPSタッチディスプレイ

タッチ液晶ディスプレイを搭載した2in1ノートPC。
Office付きモデルもあるので、デザインの良いノートPCを探している方は確認しておくと良いでしょう。

 

SSDとHDD両方搭載したノートパソコン(ASUS)


フルHDディスプレイを搭載したスタンダードノートパソコン
専用グラフィックスにGeForce GTX 1050を搭載しており、ドスパラやマウスコンピューターのゲーミングモデルに近いものもあります。

最後に

ゲーム用として、SSDとHDDを搭載したモデルを探しているなら、
ドスパラ

マウスコンピューター / TOP
どちらも問題ありませんが、

ゲーム用以外なら、
マウスコンピューター / TOP
選択肢が多いので。

中でも
15インチノートパソコン

マウスコンピューター
Intel Core i7-8550U / 8GB PC4-19200 / 256GB M.2 SSD / 1TB HDD / DVDスーパーマルチドライブ / Intel UHD Graphics 620 / 15.6型 フルHDノングレア (1,920x1,080/ LEDバックライト) / 約2.2kg

17インチのノートパソコン


がよいですね。

ではでは。

当サイトおすすめランキング

DAIV/マウスコンピューター

マウスコンピューター/G-Tune
マウスコンピューター クリエイター向けブランドである「DAIV」 ラインアップも豊富です。 ゲーム専用の「G-Tune」もありますが、 ☑急いでいるときはうれしい翌日発送サービス(オプション)
☑安心の国内生産
☑24時間365日の電話サポート

と、うれしいポイントがそろってます。





PickUp!!
【セール情報】当サイト経由でマウスコンピューター製PCを購入するとamazonギフトをキャッシュバックキャンペーン実施中 – Windowsレジストリ置き場

PickUp!!
【祝】マウスコンピューター「DAIV」とコラボしたクリエイターノートPC|とあるシステム管理者が考えるおすすめモデル – Windowsレジストリ置き場
お得なマウスコンピューターの当サイト限定モデルです。

raytrek/ドスパラ

ドスパラ クリエイター向けブランド「raytrek(レイトレック)」 マウス同様ラインアップは充実してます。 ゲーミング専用モデルである「GALLERIA」もあります。
☑100%国内生産
☑最短即日発送、翌日到着

SENSE∞ iiyama/パソコン工房

BTOパソコン・パソコン関連商品がお買い得!パソコン工房のセール
クリエイターパソコン
ゲーミングパソコン
「LEVEL∞ by iiyama」
低価格なモデルからCore i7搭載の高性能モデルといろいろとあります。
CPUの性能を抑えて高性能なグラフィックボードを搭載したモデルを選べるのは、
パソコン工房のポイントです。



2016年5月24日

Copyright© Windowsレジストリ置き場 , 2019 All Rights Reserved.