PUBGが快適にプレイできるゲーミングPCの選び方。推奨スペックから推奨スペックから「ドスパラ」「マウス」「パソコン工房」を比較した結果のおすすめを紹介

今回は、
PUBGを快適にプレイしたい
でもどんなパソコンを買ったらいいかわからない。

そんなあなたのために、
推奨PCのスペックや、選ぶポイントについて今回は調べてみました。

なお、おすすめのPCについては、
デスクトップのゲーミングパソコンなら



GALLERIA XV ガレリア XV

こちらを選んでおくと間違いありません。

ノートのゲーミングパソコンなら

がよさそうです。

目次

PUBGとは

Screenshot of pubg.dmm.com

PUBG公式:プレイヤーアンノウンズ バトルグラウンズ – DMM GAMES

 

PLAYERUNKNOWN‘S BATTLEGROUNDSはバトルロイヤルゲームです。
孤島で100名ものプレイヤーが様々な武器と知恵を使って、最後の一人として生き残る瞬間まで戦います。
プレイヤーは段々狭くなる安全地帯内で、ランダムに配置されている武器や車両、装備アイテムを駆使して
“最後の一人”になるために命をかけた緊張感あふれる荘厳な戦いを勝ち残ります。

似たようなゲームとして「フォートナイト」といったものがありますね。

推奨スペックは第8世代Core i3 +GTX 1060以上

Screenshot of pc.watch.impress.co.jp

PUBGにはこのパーツが効く! ゲーミングPC自作のコツ – PC Watch

 

PUBGについては、ベンチマークなどがなく、パソコンに必要なスペックがはっきりしていません。
そんなか、参考になる記事があったので、記事内容から推奨スペックを見ていきたいと思います。

画質“ウルトラ”ならこの組み合わせ
Core i5-8400、Ryzen 5 2600X
GeForce GTX 1070 Ti

画質“中”ならこの組み合わせ
Core i3-8100
GeForce GTX 1060
AMD系ならCPUはRyzen 5 2400Gか2600辺りが好適

なお、これは
60FPS
の場合

この条件に
画面表示が2倍速の
120FPS以上
を条件にするともうひとつ上の性能が求められます。

では、これらの情報から推奨スペックのデスクトップPCとノートPCを
国内BTOパソコンメーカーである
ドスパラ
マウスコンピューター
パソコン工房
で見ていきます。

PCBGを画質中設定で楽しめるゲーミングデスクトップPC

こちらは一般的に販売されているゲーミングPCでも入門機から中級ぐらいのスペックですね。

今回の条件が
CPU:Core i3-8100 Ryzen 5 2400Gか2600
GeForce GTX 1060
ということで、これらを採用したモデルピックアップしていきます。

ドスパラ:PCBGを画質中設定で楽しめるゲーミングデスクトップPC




GALLERIA DJ ガレリア DJ

こちら。
税別でぎりぎり10万円
CPUは Core i5 8500ですが、GeForce GTX 1060を搭載しています。

マウス:PCBGを画質中設定で楽しめるゲーミングデスクトップPC


NEXTGEAR-MICRO im620SA3 [Windows 10 搭載]

■OS : Windows 10 Home 64ビット
■CPU :インテル® Core™ i5-9400F
■グラフィックス : GeForce® GTX 1060
■メモリ : 8GB PC4-19200
■ハードディスク : 1TB Serial ATAIII 7200rpm
■電源 : 500W 【80PLUS® BRONZE】

金額的には10万円を超えてしまっています。
ポイントは、最新の第9世代CPUを搭載していますね。
ライバルソフトのフォートナイトバンドルされるキャンペーン対象製品です。
できれば、SSDをカスタマイズで追加したいところです。


LITTLEGEAR a340SA1 [Windows 10 搭載]

■OS  Windows 10 Home 64ビット
■CPU  AMD Ryzen™ 5 2600
■グラフィックス  GeForce® GTX 1060
■メモリ  8GB PC4-19200
■SSD  なし → 240GB に無償増設アップグレード!!
■ハードディスク  1TB
■電源  500W 【80PLUS® BRONZE】

こちらは、10万円以下
AMD製CPUを搭載したモデル。
今だけ、メインにSSDを搭載しHDDも搭載しておりゲームだけでなく普段づかいも問題ないレベル。
入門機のも良いでしょう。


NEXTGEAR-MICRO im610SA2-C [Windows 10 搭載]

OS  Windows 10 Home 64ビット
CPU  インテル® Core™ i5-9400F
グラフィックス  GeForce® GTX 1060
メモリ  8GB PC4-19200
SSD  240GB
ハードディスク  1TB
電源  500W 【80PLUS® BRONZE】

Intel製CPUを搭載しSSDが搭載されたモデルです。
SSDを搭載したパソコンは高速ですので、パソコンの電源を入れてからゲームをするまでの時間は、上より全然またなくて良いです。

あと、AMD製のCPUを搭載したモデルで言えば、

LUV MACHINES AG350S3N [ Windows 10 搭載 ]

OS :Windows 10 Home 64ビット
CPU :AMD Ryzen™ 7 1700 プロセッサー (8コア/16スレッド/3.0GHz/TC時最大3.7GHz/16MB L3キャッシュ)
グラフィックス :GeForce® GTX 1060 (3GB)
メモリ :8GB PC4-19200 (8GB×1)
ハードディスク :1TB Serial ATAIII 7200rpm
チップセット :AMD B350 チップセット
光学ドライブ :オプション (BTOで追加可能)
マウス :USB光学式スクロールマウス
キーボード :USB日本語キーボード (102キー)
電源 :500W 【80PLUS® BRONZE】

こちらは、CPUがAMD製CPU です。
性能は、
第7世代 Intel Core i7
第8世代 Intel Core i5
と同等の性能とみてよいです。


LITTLEGEAR a340SA1 [Windows 10 搭載]
マウスコンピューターで購入するならコスパから考えるとこちらでしょうね。

パソコン工房:PCBGを画質中設定で楽しめるゲーミングデスクトップPC

つづいて、パソコン工房です。
パソコン工房の特徴はゲーム用といって高性能CPUではなく中クラスのCPU
今回で言えば、「Core i3」が選べるのが特徴です。


LEVEL-M0B6-i3-RNJ [Windows 10 Home]

OS  Windows 10 Home 64ビット
CPU  インテル® Core™ i3-8100
グラフィックス  GeForce® GTX 1060(3GB)
メモリ DDR4-2400 DIMM (PC4-19200) 8GB(8GB×1)
ハードディスク  1TB
電源 500W 80PLUS BRONZE認証 ATX電源

「Core i3-8100」
ということで、性能が低いんじゃないかという疑問もあるかと思いますが、
第7世代 Core i5と同等の性能なんですね。


LEVEL-M0B6-i5F-RN [Windows 10 Home]

OS  Windows 10 Home 64ビット
CPU  インテル® Core™ i5-9400F
グラフィックス  GeForce® GTX 1060
メモリ  8GB PC4-19200
ハードディスク  1TB
電源 500W 80PLUS BRONZE認証 ATX電源

こちらは、上のモデルから
CPUが Core i5となり、さらに光学ドライブが搭載されたもの。
普段使いにもよさそうですね。

あと、
AMD搭載モデル

LEVEL-M0B4-R52X-RN [Windows 10 Home]

OS Windows 10 Home 64ビット [DSP版]
CPU Ryzen 5 2600X
グラフィックス GeForce GTX 1060 6GB GDDR5X
メモリ DDR4-2666 DIMM (PC4-21300) 8GB(8GB×1)
ハードディスク 1TB Serial-ATA HDD
光学ドライブ DVDスーパーマルチ
電源 500W 80PLUS BRONZE認証 ATX電源

こちらも光学ドライブがついていて普段使いにも問題ありません。
SSDの搭載したPCを利用したことがなければこちらが入門機としては十分でしょう。

PCBGを画質ウルトラ設定で楽しめるゲーミングデスクトップPC

ドスパラ:PCBGを画質ウルトラ設定で楽しめるゲーミングデスクトップPC




GALLERIA DF ガレリア DF

OS:Windows 10 Home 64ビット
CPU:インテル Core i5-8500 (3.00GHz-4.10GHz/6コア/9MBキャッシュ)
メモリ:8GB DDR4 SDRAM(PC4-21300/4GBx2/2チャネル)
SSD:240GB SSD
ハードディスク:1TB HDD

15万円を切りますが、スペックはすべて満たしています。
ただメモリが少ないので16GBにしておきたいところ。




GALLERIA XV ガレリア XV

OS Windows 10 Home 64ビット
CPU インテル Core i7-8700 (3.20GHz-4.60GHz/6コア/12スレッド)
グラフィック NVIDIA GeForce RTX2060 6GB (2スロット使用/DVI x1, HDMI x1, DisplayPort x1)
メモリ 8GB DDR4 SDRAM(PC4-21300/4GBx2/2チャネル)
ハードディスク 2TB HDD
SSD 500GB SSD
光学ドライブ Blu-rayドライブ (BD-XL 対応)《無料アップグレード中》

上のモデルから、CPUとSSDが強化されいます。
メモリが、8GBと少ないのは、ドスパラのゲーミングパソコン全体に言えるのですが、
予算に余裕があれば、カスタマイズして16GBにしておくとよいでしょう。

ゲーミングパソコンは、
Steamクライアントのインストールされているので、
ゲームをすることをよく考えています。

この性能でこの価格は、すごいですね。
ドスパラ売れ筋ナンバー1のゲーミングデスクトップPCなのもうなずけます。

マウス:PCBGを画質ウルトラ設定で楽しめるゲーミングデスクトップPC

icon
icon
NEXTGEAR-MICRO im620GA2-SP
icon

OS  Windows 10 Home 64ビット
CPU  インテル® Core™ i7-8700
グラフィックス  GeForce RTX™ 2070
メモリ  8GB PC4-19200
ハードディスク  1TB
電源  700W 【80PLUS® BRONZE】

主記憶装置が、HDDとなっているのが気になるところ。
強化するなら、メモリとSSDが強化できると良いです。

続いて、「GeForce GTX 1070 Ti」を搭載したモデル

NEXTGEAR i680GA1-SP[Windows 10 搭載]

■OS : Windows 10 Home 64ビット
■CPU : インテル® Core™ i7-8700 プロセッサー(6コア/3.20GHz/TB時最大4.60GHz/12MB スマートキャッシュ/HT対応)
■グラフィックス : GeForce® GTX 1070 Ti (8GB)
■メモリ : 16GB PC4-19200 (8GB×2/デュアルチャネル)
■SSD : 240GB
■ハードディスク : 2TB
■チップセット : インテル® Z370 チップセット
■光学ドライブ : オプション (BTOで追加可能)
■カードリーダー : マルチカードリーダー
■電源 : 500W 【80PLUS® BRONZE】
■保証期間 : 1年間無償保証・24時間×365日電話サポート

こちらは、上のモデルよりSSDが少なくなりますが、
メモリが16GBと増えてます。
SSDの容量がもう少し増やせればよいのですが、このスペックで20万円を切っているのは、さすがですね。

パソコン工房:PCBGを画質ウルトラ設定で楽しめるゲーミングデスクトップPC


LEVEL-M037-i5-TX [Windows 10 Home]

Windows 10 Home 64ビット Core i5-8500
インテル Z370 Express
DDR4-2400 DIMM (PC4-19200) 8GB(4GB×2)
1TB Serial-ATA HDD DVDスーパーマルチ
GeForce GTX 1070 Ti 8GB GDDR5
ミニタワー / microATX
500W 80PLUS BRONZE認証 ATX電源

メモリが8GBと少ないので、
できれば変更したいのですが。


LEVEL-R037-i5-TXR [Windows 10 Home]

Windows 10 Home 64ビット
Core i5-8500
インテル Z370 Express
DDR4-2400 DIMM (PC4-19200) 8GB(4GB×2)
240GB Serial-ATA SSD
1TB Serial-ATA HDD
DVDスーパーマルチ
GeForce GTX 1070 Ti 8GB GDDR5
ミドルタワー / ATX
500W 80PLUS BRONZE認証 ATX電源

こちらは、上のモデルからSSDを追加したモデル。
ただ、メモリ8GBと少ないので、16GBに増やせば問題ないでしょう。

PCBGを画質中設定で楽しめるゲーミングノートPC

ゲーミングノートPCはデスクトップPCより性能が低くなります。
一部例外として、デスクトップ用CPUを搭載したモデルがありますが、それはおいといて。
デスクトップと同等のスペックを求めると価格も高くなります。

それらをふまえつつおすすめなゲーミングノートPCをピックアップしていきたいと思います。

ドスパラ:PCBGを画質中設定で楽しめるゲーミングノートPC

ドスパラ
Core i7-9750H / 16GB DDR4 SO-DIMM / 512GB NVMe SSD / HDD 無し / GeForce GTX1660Ti / 15.6 インチ 非光沢 144Hz LEDバックライト液晶 (1920×1080ドット表示) / 約1.87Kg

このノートPCのポイントは、
・第9世代CPUの採用
・リフレッシュレート144HzのフルHDディスプレイ
ですね。
現在ドスパラのゲーミングノートでは売れ筋なのも
納得できる内容ですね。

マウス:PCBGを画質中設定で楽しめるゲーミングノートPC

OS  Windows 10 Home 64ビット
CPU  インテル® Core™ i7-8750H
グラフィックス  GeForce® GTX 1060
メモリ  16GB PC4-19200
M.2 SSD  512GB インテル® 660p NVMe対応
ハードディスク  1TB
液晶パネル  17.3型 フルHDノングレア (1,920×1,080/ LEDバックライト)
無線  インテル® Wireless-AC 9560 (最大1.73Gbps/ 802.11ac/a/b/g/n) + Bluetooth 5
重量  約 2.7kg

ドスパラのゲーミングノートPCと同様に
144Hzの液晶ディスプレイを搭載しているだけでなく、狭ベゼルの液晶を採用しており
従来モデルより小型化しています。

また、高速なM.2 SSDを採用しているのもポイントですね。

パソコン工房:PCBGを画質中設定で楽しめるゲーミングノートPC

パソコン工房
Core i7-9750H / DDR4-2666 S.O.DIMM (PC4-21300) 16GB(8GB×2) / 250GB NVMe対応 M.2 SSD / 1TB Serial-ATA HDD / 光学ドライブ非搭載 / GeForce GTX 1660 Ti 6GB / GDDR6 15.6型(非光沢カラー液晶) フルHD(1920×1080ドット)

CPUは第9世代となっており、申し分ありません。
ゲーム専用として使うには問題なさそうです。

PCBGを画質ウルトラ設定で楽しめるゲーミングノートPC

ドスパラ:PCBGを画質ウルトラ設定で楽しめるゲーミングノートPC


120Hzのディスプレイを搭載ているので、FPS系のゲームはぬるぬる動きますね。
ドスパラでは、15.6インチと17.3インチモデルが販売されているので、大きい画面がよけらばそちらを選ぶとよいでしょう。

マウス:PCBGを画質ウルトラ設定で楽しめるゲーミングノートPC

OS  Windows 10 Home 64ビット
CPU Core™ i7-9700K
グラフィックス GeForce® GTX 2080
メモリ 16GB PC4-19200
M.2 SSD 512GB NVMe対応
液晶パネル 17.3型 フルHDノングレア (1,920×1,080/ LEDバックライト)
無線 IEEE802.11 ac/a/b/g/n (最大433Mbps) + Bluetooth 4.2モジュール内蔵
重量 約4.3kg

こちらはGTX 2080を搭載したモデルですが、PUBGが問題なく動作するスペックです。
価格はちょっと2の足を踏むレベルです。

パソコン工房:PCBGを画質ウルトラ設定で楽しめるゲーミングノートPC

パソコン工房
第9世代インテル Core i7とGeForce RTX 2060搭載 144Hz対応16型フルHD薄型ゲーミングノートPC [M.2 SSD(NVMe)+HDD搭載] Core i7とGeForce RTX 2060搭載 【期間限定】SSD 0円アップグレードキャンペーン対象モデル!10/1(火) 6:00まで!
CPU Core i7-8750H
メモリ DDR4-2666 S.O.DIMM (PC4-21300) 8GB(4GB×2)
M.2 SSD 250GB NVMe対応 M.2 SSD
HDD 1TB Serial-ATA HDD
グラフィックス GeForce RTX 2060 6GB GDDR6
ディスプレイ 16.1型(非光沢カラー液晶) フルHD(1920×1080ドット)

パソコン工房で販売されているゲーミングノートは、
CPUにモバイル版を搭載したモデルとなります。
スペックはデスクトップ版より落ちますが、問題ないレベルです。
またパソコン工房は、144Hzの液晶ディスプレイを搭載しているのも良いですね。
16.1インチと一般的ではないサイズであるのが気になるところですが。

最後に

今回デスクトップPCとノートPCと両方をみてきました。
それぞれのおすすめPCについての感想です。

PUBG始めたい方におすすめなデスクトップPC

デスクトップであれば、
パソコン工房の

LEVEL-M0B6-i3-RNJ [Windows 10 Home]
がもっとも安価に始めることができます。

性能と価格のバランスが良いのは、
ドスパラの

こちらは、ドスパラのゲーミングデスクトップの売れ筋ナンバー1の状態が結構続いてます。
気になるところは、メモリだけですので、それを増やしても20万円を切りますし。

マウスコンピューターならこちら

マウスコンピューター
Core i7-9700F / 16GB PC4-19200 / 512GB NVMe対応 / GeForce RTX 2070 SUPER

PUBG始めたい方におすすめなノートPC


がよいですね。

また、もう少し高性能なモデルとしては、


がよいですね。

さあ、目指せドン勝!!
ってことで、あなたにあったパソコンが見つかったのなら幸いです。

ではでは。

関連記事:

Screenshot of www.tomoroh.net

黒い砂漠が快適にプレイできるゲーミングパソコンの選び方は?推奨スペックやおすすめは比較「ドスパラ」「マウス」「パソコン工房」 | Windowsレジストリ置き場

 

Screenshot of www.tomoroh.net

【狩りに】モンスターハンター フロンティアZ(MHF-Z) 推奨パソコンの選び方やおすすめは?BTOメーカーを比較してみる【行こう】 | Windowsレジストリ置き場

 

Screenshot of www.tomoroh.net

FF14が快適に動作する「FF14推奨デスクトップパソコンとノートパソコン」を「ドスパラ」「マウス」「パソコン工房」で比較 | Windowsレジストリ置き場

 

Screenshot of www.tomoroh.net

FF15が快適にプレイできるゲーミングパソコンの選び方は?推奨スペックやおすすめは比較「ドスパラ」「マウス」「パソコン工房」 | Windowsレジストリ置き場

 

当サイトおすすめランキング

DAIV/マウスコンピューター

マウスコンピューター/G-Tune
マウスコンピューター クリエイター向けブランドである「DAIV」 ラインアップも豊富です。 ゲーム専用の「G-Tune」もありますが、 ☑急いでいるときはうれしい翌日発送サービス(オプション)
☑安心の国内生産
☑24時間365日の電話サポート

と、うれしいポイントがそろってます。





raytrek/ドスパラ

ドスパラ クリエイター向けブランド「raytrek(レイトレック)」 マウス同様ラインアップは充実してます。 ゲーミング専用モデルである「GALLERIA」もあります。
☑100%国内生産
☑最短即日発送、翌日到着

SENSE∞ iiyama/パソコン工房

BTOパソコン・パソコン関連商品がお買い得!パソコン工房のセール
クリエイターパソコン
ゲーミングパソコン
「LEVEL∞ by iiyama」
低価格なモデルからCore i7搭載の高性能モデルといろいろとあります。
CPUの性能を抑えて高性能なグラフィックボードを搭載したモデルを選べるのは、
パソコン工房のポイントです。



2018年8月13日

Copyright© Windowsレジストリ置き場 , 2020 All Rights Reserved.