WordPressなどのブログ更新やサイト作成に最適なノートパソコンのおすすめは?

さて、今回は
WordPressなどのCMS(コンテンツマネジメントシステム)を利用してブログを更新したい。
といった方は、どういったノートパソコンを選べばよいか考えてみたいと思います。

まず、パソコンの用語については、

Screenshot of www.tomoroh.net

パソコンを選ぶ上で必要な用語(CPU/Memory/SSD/HDD等々)について | Windowsレジストリ置き場

https://www.tomoroh.net/pc_words

で確認を。

パソコンのスペックの選び方

パソコンを選ぶ際、なにが一番ポイントなるかというと、

利用用途ですね。

なぜ、利用用途となるかですが、
利用用途により、必要なスペックが異なるからです。

なお、今回WordPressとしていますが、ほかのアメーバブログなどのブログサービスを利用する場合も基本は一緒です。

今回は、
「WordPressなどの記事の更新」
が目的です。

しかし、更新するだけでしょうか?

・画像の加工
・動画の編集

といった作業はないでしょうか?
というか、普通はあるかと。

ですので、いくつか作業に分けて見てみたいと思います

記事更新のみ

記事更新のみであれば、低スペックのパソコンで十分です。

スペックとしては、
CPU:Celron~Core i3
メモリ:4GB
ですね。

ナローベゼルデザインで13.3型クラスの本体に14型液晶を搭載!!
バッテリー約 14.5時間の長時間駆動

Intel Core i5と十分ですし、メモリも8GB
スペック的には十分クリアしています。

また、重量も1.13kgと14.5時間とモバイルにも十分。

続いて、

画像編集

通常の記事更新だけでなく、画像の編集や簡単な動画の編集も行う場合です。

これは、全体的に少し高性能なモデルを選んでおくとよいですね。

CPU:Core i3~Core i5
メモリ:8GB

こちらもストレージはHDDとSSDの選択しないといけません。
ディスク内に大量のデータを保存し、そのデータを呼び出したり編集したりすることを考えるなら、HDDというのもありですね。
ただ、体感速度はSSDに比べ落ちますので、できればSSDのモデルを選んで使い方で何とかしてほしいと思うところです。

動画編集

続いて、動画編集です。
画像編集と比較し、CPUも高性能でメモリも潤沢なほうが良いでしょう。
最近は動画配信サイトと連携し更新する方も多いと思うので。

スペックについては、
CPU:Core i5~Core i7
メモリ:8GB~16GB

やはり、動画を編集するとなると、CPUがものをいいます。
ですので、できるだけ良いCPUを選んだほうが良いです。

メモリは大きければ大きいほうが良いのが動画編集なんですが、多くの場合8GB以上でよいでしょう。

記憶装置については、SSDとHDDを両方搭載したモデルを推奨します。
やはり、動画を編集するとなると記憶装置は大きいほうがよいわけで。
となると、
SSD 250GB以上
HDD 1TB以上
は欲しいところです。

NEC Direct(NECダイレクト)

こちらは、NECのノートパソコンで、ストレージ以外は性能をクリアしています。
HDDがないので、データの保存が心もとないですが、持ち運ぶことを考えると、良い選択肢になります。

と、
ここまで、用途から見てきました。

しかし、パソコンを選ぶポイントがあります。
なにを重要視するかです。

重要視するポイント

パソコンを選ぶ場合、用途だけでなく重要視する部分があるかと思います。

持ち運びが簡単な軽量なノートパソコン
外出先でも見た目が良いノートパソコン
壊れにくい頑丈なノートパソコン
などなど。

軽さ

軽さを重要視する場合、選ぶべきノートパソコンは

第1位は

LAVIE Direct HZ
NECです。
軽さは正義!

軽さで言えばほぼ最高。
性能を犠牲にしていませんし、13.3インチということで、操作性も犠牲にしてません。
難点は少しお高いのですが、それ差し引いても満足度は高いかと。

第2位は
HP Directplus オンラインストア
HP Spectre X360

NECに比べると値段と性能はあまり変わりません。
大きな違いはNECのものより重いのですが、デザインです。
これなら、少し重くても外で使っても恥ずかしくないと思います。

「どちらがほしい?」と言われると、正直困りますが、どちらか1つくれるというならどちらでもOK
持ち運ぶことが多ければNECでそこまででなければHPでもいいかなもです。

それ以外としては、

Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

「Surface」

これは、キーボードと本体が分離できるので。
ほかにも分離できるメーカーがありますが、やはりWindowsを作ってるメーカーがPCを作ったら?
という観点で見ても面白いです。

見た目

やっぱり、外出先で使うには、見た目が美しいものがよいという人も。
これはやっぱり、

mac

ですかね。

ただ、私はWindowsがメインなので、Windowsでいくつか挙げていきます。

個人的には

1位は
HP Directplus オンラインストア
HP Spectre X360
なにより、ロゴが主張していないのがいいです。

2位は
デル株式会社
Dell XPS 13
HPのような2 in 1のモデルもありますが、こっちのデザインちょっと。
あと、HPよりメーカーロゴが主張していて、ちょっと残念。

スペック的には、HPでもDellでも問題はないんですけどね。

こうやって考えると、Windowsでもデザインが悪くないと思えるモデルがあってよかったと思います。
あと、ポイントはどちらも13.3インチです。
携帯性も使い勝手も犠牲にしていないのはこのモデルの良いところです。
さすがにこれより大きくなると携帯性は落ちますし。

使い勝手

これは、文字入力のしやすさなどですね。
これについては、
キーボードの配列がポイントになるかと。

前項までで、HPのノートパソコンが中々よいのですが、使った限り、キーボードの配列の関係でタイプミスが起こる可能性が高いです。
このあたりは、海外メーカーというところもあって仕方ないのかもしれません。

ここでは、

LAVIE Direct HZ
シリーズが良いかと。

画面サイズ

画面解像度といえばよいでしょうか?
よく
1376×768
1600×900
1920×1080
といったサイズが書かれています。

これは画面の表示能力ですね。
当然、数字が大きければ多くの情報が表示できますが、表示が小さくなりバッテリーも消耗します。

ですので、一概に
1920×1080
などの高解像度を選ぶとデメリットしかないわけで。

さらに、こういった高解像度のものを選ぶと見やすさのためにOSで拡大されてたります。
※Windows 10の場合、設定>システム>ディスプレイに拡大の項目があります。

となると、適切なものを選んだほうが良いわけです。
14インチ以下の場合は「1376×768」
15.6インチは「1376×768か1600×900」
17インチなどの大画面は「1920×1080」
といった形です。

価格を抑えたいといった場合には考慮しておくとよいかと。
ほかの性能と比較して高解像度化しますので、価格を抑えたいときは画面解像度も注意ましょう。

まとめ

ここまでの重要視するポイントで見た場合、


LAVIE Direct HZ
良い選択肢になります。

ということで、
持ち運んだり外出先でも使うなら、DellやHP等の大手メーカーか、NECなどの国内メーカーのモバイル向けノートパソコン。
価格と性能で選ぶなら、国内BTOメーカーである、ドスパラやマウスコンピューター、パソコン工房。

という探し方をするとよさそうです。

ではでは。

当サイトおすすめランキング

DAIV/マウスコンピューター

マウスコンピューター/G-Tune
マウスコンピューター クリエイター向けブランドである「DAIV」 ラインアップも豊富です。 ゲーム専用の「G-Tune」もありますが、 ☑急いでいるときはうれしい翌日発送サービス(オプション)
☑安心の国内生産
☑24時間365日の電話サポート

と、うれしいポイントがそろってます。





PickUp!!
お得なマウスコンピューターの当サイト限定モデルです。


ドスパラ

ドスパラ クリエイター向けブランド「raytrek(レイトレック)」 マウス同様ラインアップは充実してます。 ゲーミング専用モデルである「GALLERIA」もあります。
☑100%国内生産
☑最短即日発送、翌日到着

パソコン工房

BTOパソコン・パソコン関連商品がお買い得!パソコン工房のセール
クリエイターパソコン
ゲーミングパソコン
「LEVEL∞ by iiyama」
低価格なモデルからCore i7搭載の高性能モデルといろいろとあります。
CPUの性能を抑えて高性能なグラフィックボードを搭載したモデルを選べるのは、
パソコン工房のポイントです。



2017年6月5日

Copyright© Windowsレジストリ置き場 , 2019 All Rights Reserved.