Windowsレジストリを置いておきます。

Windowsレジストリ置き場

パーツが選べるBTO「サイコム」ならこだわりのゲーミングパソコンが購入可能♪

TOMOROHです。

さて、今回は
BTOパソコンを販売するメーカー「Sycom(サイコム)」
についてです。

BTOパソコンのサイコム

「BTO」
といえば、パソコンの構成するパーツを自分で選んで変更でき、
自分用の1台が購入できるということで、近年一般的になってきました。

しかし、パソコンを構成するパーツである、メモリや記憶装置である「HDD」や「SSD」、「マザーボード」や「グラフィックカード」については、
どこのメーカーのどのパーツを使っているか判断できないBTOパソコンを販売するメーカーが結構あります。

これは、パーツの供給により構成部品が変わってしまったりする場合もあり、ショップ側の都合ということもあるかと思いますが、
「記憶装置はこれ!」
と選びたい人もいるかと。

パーツを気にしない場合は、




マウスコンピューター/G-Tune

パソコン工房

などでも良いのですが。

ある程度パソコンに詳しくなってくると、
メモリやSSDなどの各パーツにこだわりたくなります。

SSDもメーカーや規格(SLCやMLC、TLC)などなど。
こういったところにこだわりたいと、メーカーや型番がわからないと難しいです。
ドスパラやマウスなどは、パーツがわからないので、メーカーを気にしない人には安くてコスパ最高!ってなりますけど。

サイコムの注文画面を見てみますと、
各パーツのメーカーが記載されているので、好きなメーカーを選ぶことが可能です。

問題点についてですが、
やはり、ドスパラやマウス(旧マウスコンピューター)などと比べると値段が少し高くなります。

この辺りは、考え方の違いでしょうね。
スーツなど買うとき、ある程度出来上がっているものの中で、丈だけ直したりするのが、
ドスパラやマウスなどのメーカー。

体のサイズを計ってオーダーメイドなスーツを作るのが、
sycom(サイコム)
と言った感じで考えてみるとしっくりきます。

サイコムのパーツを変更する際そこまで価格が高いわけではありませんし。

多くの方があまり使っていないと思うのですが、
性能を求めると、CPUクーラーやGPUクーラーを水冷にしたくなります。

あとこの時期、CPUクーラーに水冷が選べるのも良いですし、排気熱暑いんですよ。

買った後、パーツがわかり、
「○○」のは嫌だ!
となると、返品の処理や手間をも面倒ですし。

また、ゲーミングパソコンの購入を考えている人は、
グラフィックカードにこだわりたい方も多いかと思います。

こだわるとなると、メーカーは大事ですので、そういったメーカーの指定買いができるのも良いですね。

さらに、
パソコンが届いてから、動かない
となると、結構心が折れますよね。

仕事上、パソコンの初期設定をする機会も多かったため、そういった場面に出会ったことが、過去あります。

サイコムでは、
組み立てた後、動作確認をしてから出荷するので、そういった初期不良の機会も少なそうです。

ということで、
パソコンのパーツにこだわりたいけど、自分で組み立てるのはちょっとといった方におすすめ
です。

また、組み立てキットもあるので、パソコンの組み立てに興味がある人にも良いですね。

ではでは



更新日:

Copyright© Windowsレジストリ置き場 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.