SSDのサイズは128GB/256GB/512GBそれともそれ以上?選び方から目的別のおすすめノートPCを紹介

今回は、
SSDのサイズについてまとめてみたいと思います。

SSDはHDDに比べ、容量が少なく高価です。

SSDのサイズは
128GB(120GB)~1TB
まで

これより小さい
32GBや64GBは
Windowsのパソコンを動かすには少し知識が必要ですので一般的ではありません。
なので、除外ということで。

ですので今回は

・128GB
・256GB
・512GB
・1TB

の4種類からみていきたいと思います。

1.128GB SSD搭載ノートパソコン

SSD 128GB
というサイズは、いろんなことをするには容量が足りません。
ですので、目的を絞った利用に向いています。

128GBのSSDを搭載したノートパソコンとなると2つ

安価なノートパソコン
小型のモバイルノートパソコン

安価なノートパソコン

例としては


だとこんなものが。
13.3インチのノートPCで持ち運びにも十分です。
ただ、性能はそこまで高くないので、悩ましいところ。

高性能パソコン

2018年秋冬モデル LAVIE Hybrid ZERO HZ750/550/500 LAシリーズ(モバイルパソコン)

NEC LAVIE公式サイト

モバイルノートの最有力候補。
軽さはモバイルノートではもっとも重視すべき事項です。
また、性能はモバイルとしては十分な性能ですね。

やっぱり、13.3インチのノートパソコンでありながら800gを切る軽さはすごい。
でも12万円からちょっと高価。

なにを優先するかですね。
軽さならNEC
コスパならマウスコンピューター

256GB SSD搭載ノートパソコン

256GBとなると、128GBより容量が増え、普通のノートパソコンとして利用が可能かと。
モバイル用途もこなすものも多く一人暮らしならこれ一台で事足りるモデルもあります。

2018年秋冬モデル LAVIE Hybrid ZERO HZ750/550/500 LAシリーズ(モバイルパソコン)

NEC LAVIE公式サイト

モバイルノートの最有力候補。
128GBと同じですが。
容量が増えたことにより普段使いにも問題ないパソコンになってます。
ですので、単身赴任に持っていくノートパソコンにも良いですし、家族みんなで使うのにも問題ないかと。
ただ、ゲームには向かないですね。


ゲームも考えるなら、こちら。
値段も高いのですが、「GeForce GTX 1650」を搭載しておりゲームもバッチリできるノートPC。
ただ、2.6kgと持ち運びするにはちょっと重い。
据え置きで使うのが良いパソコンですね。

512GB SSD搭載ノートパソコン

512GBだと、HDDの最低容量が大体このあたり。
性能は段違いなので、高性能なパソコンには大体これ以上を採用しているかと。

では見ていきます。

OS:Windows 10 Home 64ビット
CPU:インテル® Core™ i5-8250U プロセッサー(4コア/1.60GHz/TB時最大3.40GHz/6MB スマートキャッシュ/HT対応)
グラフィックス:インテル® UHD グラフィックス 620
メモリ:8GB PC4-19200 (8GB×1)
M.2 SSD:512GB Serial ATAIII M.2規格
液晶パネル:13.3型 フルHDノングレア (1,920×1,080/ LEDバックライト)
無線:IEEE 802.11 ac/a/b/g/n ・ Bluetooth® V4.2 + LE 準拠モジュール
バッテリー:駆動時間 約8.1時間
重量(標準バッテリー使用時) :約 1.4kg

マウスコンピューターのノートパソコンです。
M.2SSDを搭載しており1.5kgを切っており、モバイルにもいいですね。

NECの15.6インチモデル
重さはは約2.3kg

一般的なノートパソコンです。
こちらも高速なM.2 SSDを搭載したモデル。
カスタマイズすれば、HDDを追加することも可能。
光学ドライブも搭載しており、初めてのパソコンにも家族利用でも問題ないですね。

どちらも13インチのモバイルノート
重さも、1.32kg 1.31kgと1.5kg以下でモバイルにも対応できます。


については、第8世代のCPUを搭載しており、スタンダードで高性能なモバイルノートを探している人向け。
安価なモデルよりデザインもぐっと良くなっています。

続いて「ASUS」


SSD:512GB
グラフィックス:GeForce GTX 1050

ASUSです。
デザインも目を引きますが、
専用グラフィックスを搭載しているノートで
2kgを切る1.86kg
これは素晴らしいです。
ただ、キーボード配列が気になります。

1TB SSD搭載ノートパソコン


4Kに対応した高性能モバイルノートといったところでしょうか。
スペックも
CPU:Core i7
メモリ:16GB
M.2 SSD:1TB
グラフィックス:NVIDIA GeForce GTX 1050Ti with MAX-Q Design
と十分な性能ですね。


マウスの15.6インチ搭載ノートです

このノートPC。
気になるポイントは、光学ドライブがオプションで外付けです。
重さは約 2.9kg
とちょっと重いですね。

高性能でありFF14の必須スペックをクリアしてますので、ゲームにもイラストも問題ないです。
データ保存用にHDDが追加であるのも良いですね。

最後に

ここまで、サイズからSSD搭載ノートパソコンを見てきました。

目的が1つで、決まっているなら、
128GB前後のSSDを搭載したノートパソコンでも問題ないですね。
あとは、価格か性能かで決めれば良いです。

ただ、性能を求めるなら1つ上の
256GBを選ぶのが良いですね。

ですので、

2018年秋冬モデル LAVIE Hybrid ZERO HZ750/550/500 LAシリーズ(モバイルパソコン)

NEC LAVIE公式サイト

NECのこちらのノートパソコンは多くの方が満足できそうです。

さらに高性能を求めるとなると、


こちらですね。

画像処理やゲームなどもやりたいとなると、

ASUSのこちらも良い選択となります。
1.5kgを超えていますが、2kgは切っているので、専用グラフィックスを搭載したモデルとしては優秀です。


または、マウスコンピューターのこちら。

私が選ぶなら、

モバイル用には、日本HPのノートPC


が候補になります。

デスクトップパソコンは別に持っていますので、光学ドライブがなくても困りません。
それよりも軽さを選びたいです。

もしあなたがメインのパソコンを持っていないなら、

2018年秋冬モデル LAVIE Hybrid ZERO HZ750/550/500 LAシリーズ(モバイルパソコン)

NEC LAVIE公式サイト


のノートパソコンはメインとして十分利用できますね。

ではでは。

当サイトおすすめランキング

DAIV/マウスコンピューター

マウスコンピューター/G-Tune
マウスコンピューター クリエイター向けブランドである「DAIV」 ラインアップも豊富です。 ゲーム専用の「G-Tune」もありますが、 ☑急いでいるときはうれしい翌日発送サービス(オプション)
☑安心の国内生産
☑24時間365日の電話サポート

と、うれしいポイントがそろってます。




ドスパラ

ドスパラ クリエイター向けブランド「raytrek(レイトレック)」 マウス同様ラインアップは充実してます。 ゲーミング専用モデルである「GALLERIA」もあります。
☑100%国内生産
☑最短即日発送、翌日到着

パソコン工房

BTOパソコン・パソコン関連商品がお買い得!パソコン工房のセール
ゲーミングパソコン
「LEVEL∞ by iiyama」
低価格なモデルからCore i7搭載の高性能モデルといろいろとあります。
CPUの性能を抑えて高性能なグラフィックボードを搭載したモデルを選べるのは、
パソコン工房のポイントです。



投稿日:2017年5月9日 更新日:

Copyright© Windowsレジストリ置き場 , 2019 All Rights Reserved.