初心者のためのゲームタイトル、動作環境(必要スペック)別推奨ゲーミングPC選び方まとめ「PUBG?」「モンスターハンター?」「ドスパラ?」「マウスコンピューター?」「パソコン工房」

今回は、

パソコンゲームをやってみたい。

でも、いろんなゲームもあるし、あとから気になったゲームタイトルがあった場合、
ゲーミングPCを購入した後だとスペックが足りなくて、後悔したくないですよね?
そのため、自分の予算と必要なスペックから最適なパソコンが選べるようまとめてみました。

結論

入門機は

LEVEL-M0B6-i3-RNJ [Windows 10 Home]

ゲームを快適にしたいなら、
ドスパラの



GALLERIA XV ガレリア XV

4Kの大画面高画質で快適にゲームがしたいなら



GALLERIA ZG ガレリア ZG

です。

動作環境

今回はゲームタイトルから、
必須環境:ゲームメーカーがゲームを動かすの最低限必要といっている性能
推奨環境:ゲームメーカーがゲームが快適にできるといっている性能

これらにあわせ独自に、
高負荷や高画質(4K)での環境
について指標についてです。

なお、今回約40のゲームタイトルから確認した結果となります。

必須環境(スペック)を満たす動作環境

必須環境(スペック)を満たしているPCは、

CPU :Core i3 8100
メモリ:8GB
グラフィックス:GTX 1050(1050Ti)

こちらであれば、
人気の
・PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS
・モンスターハンター ワールド
の必須動作環境を満たしています。

ただ、あくまで必須ですので、画質を落とした状態で何とか動作します。
ちょっと負荷の高い状態だと処理落ちする場合がありそうです。

その他推奨環境に達していないタイトルとして、
・鉄拳7
・Quantum Break
・HALO WARS 2
・GEARS of WAR 4
・FORZA HORIZON 3
・Final Fantasy 14
・BLESS
が挙げられます。

推奨環境(スペック)を満たす動作環境

推奨環境(スペック)を満たしているPCは、

CPU :Core i5 8400
メモリ:16GB
グラフィックス:GTX 1060(6GB)

私が確認したタイトルの中では、
このスペック以上を推奨環境にしたものは、見つかりませんでした。
ただ、これ。
フルHD(1920×1080)を意識した内容ですし、負荷の高いところでは、処理落ちが発生する場合もあるでしょう。

多くの場合、このスペックを搭載したPCを購入しておけば問題ありません。
金額としては、大体10万円~15万円が目安となります。

負荷の高い場合も処理落ちしない動作環境/4K(3840×2160)でプレイするための動作環境

いくつかのタイトル
・FF15
・World of tanks
では、4Kに対応しています。
こちらは、上記推奨環境では、画質を落としてプレイできるが、処理落ちする可能性が高いです。

では、そういった4K画質でもプレイでき、
フルHD(1920×1080)で高負荷でも快適でプレイできるPCは
上記推奨環境の一部を1ランク上にした

CPU :Core i7 8700
メモリ:16GB
グラフィックス:GTX 1070 (1070 Ti)

となります。

価格としては、15万円~20万円の間となります。

参考:高負荷でも4Kで快適にプレイできる環境

こちらについては、
各メーカーの4K向け推奨環境の1つ上

そして、
各ゲームタイトルで言われているタイトルの2つ上

が快適に動作する環境と思っていただければと思います。

そのため、

CPU :Core i7 8700k
メモリ:16GB
グラフィックス:GTX 1080 Ti

といったスペックになります。

環境別ゲーミングパソコン

では、ゲームタイトルから必要となる動作環境(スペック)を見てきました。
つづいては、それらを満たしたゲーミングパソコンについて
見ていきます。

必須環境(スペック)を満たすゲーミングパソコン

マウスコンピューター

OS  Windows 10 Home 64ビット
CPU  インテル® Core™ i5-9400F
グラフィックス  GeForce® GTX 1050
メモリ  8GB PC4-19200
ハードディスク  1TB
電源 500W 80PLUS BRONZE認証 ATX電源

Core i3を搭載したモデルが販売終了していることから、
COre i5のモデルを紹介。
気になるポイントは記憶装置がHDDであるところでしょうか。
入門機としては十分なスペックです。

ドスパラ




GALLERIA DC ガレリア DC

CPU:Core i3
メモリ:8GB
グラフィックス:Geforce GTX 1050
HDD/SSD:240GB SSD

こちらは、入門機として問題ないスペックです。
SSDの容量が240GBとなっており、いろいろと使っていくなら容量不足の不安が残ります。
余裕があれば、HDDを追加しておくとよいでしょう。

パソコン工房


LEVEL-M0B6-i3-LN [Windows 10 Home]

光学ドライブも搭載しており、必須環境(スペック)を満たすものの中では一番バランスが良いのがこちらですね。

推奨環境(スペック)を満たすゲーミングパソコン

パソコン工房


LEVEL-M0B6-i3-RNJ [Windows 10 Home]

OS  Windows 10 Home 64ビット
CPU  インテル® Core™ i3-8100
グラフィックス  GeForce® GTX 1060(3GB)
メモリ DDR4-2400 DIMM (PC4-19200) 8GB(8GB×1)
ハードディスク  1TB
電源 500W 80PLUS BRONZE認証 ATX電源

こちらはパソコン工房です。
パソコン工房の良いところは、スペックが柔軟なところです。
このモデルは、CPUがCore i3となっていますが、
第7世代 Core i5と同様実コアが4コアあり高性能となっています。

ドスパラ




GALLERIA DT ガレリア DT

マウスコンピューター


LITTLEGEAR a340SA1 [Windows 10 搭載]

■OS  Windows 10 Home 64ビット
■CPU  AMD Ryzen™ 5 2600
■グラフィックス  GeForce® GTX 1060
■メモリ  8GB PC4-19200
■SSD  なし → 240GB に無償増設アップグレード!!
■ハードディスク  1TB
■電源  500W 【80PLUS® BRONZE】

こちらは、10万円きってます。


NEXTGEAR-MICRO im610SA2-C [Windows 10 搭載]

OS  Windows 10 Home 64ビット
CPU  インテル® Core™ i5-9400F
グラフィックス  GeForce® GTX 1060
メモリ  8GB PC4-19200
SSD  240GB
ハードディスク  1TB
電源  500W 【80PLUS® BRONZE】

Intel製CPUを搭載し、SSDが搭載されています。
SSDを搭載したパソコンは高速ですので、パソコンの電源を入れてからゲームをするまでの時間は、上より全然またなくて良いです。
ただ、10万円はちょっと超えてます。

フルHD負荷の高い場合も処理落ちしない動作環境/4K(3840×2160)でプレイできるゲーミングパソコン

ドスパラ

グラフィック
OS Windows 10 Home 64ビット
CPU インテル Core i7-9700K (3.60GHz-4.90GHz/8コア/8スレッド) 《無料アップグレード中》
NVIDIA GeForce RTX2070 8GB (最大クロック1625MHz/HDMI x1, DisplayPort x3, DVI-D x1)
メモリ 8GB DDR4 SDRAM(PC4-21300/4GBx2/2チャネル)
ハードディスク 2TB HDD
SSD 500GB SSD
光学ドライブ DVDスーパーマルチドライブ (DVD±R DL 対応)

現在ドスパラで一番売れているゲーミングデスクトップ
4Kでなければ、このスペックで、どのゲームも快適に遊べます。
価格も20万円以下でし。
ただ、メモリが8GBと少ないので、できれば、16GBに増やしておきたいですね。

マウスコンピューター

マウスコンピューターでは、こちらが該当。

参考:4Kで快適にプレイできるゲーミングパソコン




GALLERIA ZG ガレリア ZG

OS:Windows 10 Home インストール済み
CPU:インテル Core i7-8086K (4.00GHz-5.00GHz/6コア/12MBキャッシュ)
メモリー:16GB PC4-21300 ※1(DDR4 SDRAM, 8GBx2, デュアルチャネル, 最大64GB)
マザーボードインテル Z370 チップセット搭載 ATX マザーボード
ディスプレイアダプター (ビデオカード):NVIDIA GeForce RTX2080 8GB (3スロット使用/HDMI x1, DisplayPort x3, USB TYPE-C x1)
SSD:500GB SSD
HDD:3TB
光学 ドライブ:DVDスーパーマルチドライブ , SATA 接続

こちらは、ドスパラのゲーミングデスクトップの中ので高性能な部類に入ります。
性能で問題となる部分はなく、
価格も25万円をきっており、ドスパラの売れ筋3位となっているのも納得できます。

最後に

いくつか見てきました。

パソコンも初めてで、予算もないなら、
パソコン工房の

LEVEL-M0B6-i3-LN [Windows 10 Home]

か、


LEVEL-M0B6-i3-RNJ [Windows 10 Home]

ですね。
買うなら、後者が良いです。

ゲームをがっつりやりたいなら、
ドスパラの



GALLERIA XF ガレリア XF

マウスの

NEXTGEAR i680GA1-SP[Windows 10 搭載]

が良いですね。
SSDのサイズが大きい、ドスパラのほうが良いかもしれません。

予算が許すなら、当然
ドスパラの



GALLERIA ZG ガレリア ZG

を買いましょう。
ではでは。

当サイトおすすめランキング

DAIV/マウスコンピューター

マウスコンピューター/G-Tune
マウスコンピューター クリエイター向けブランドである「DAIV」 ラインアップも豊富です。 ゲーム専用の「G-Tune」もありますが、 ☑急いでいるときはうれしい翌日発送サービス(オプション)
☑安心の国内生産
☑24時間365日の電話サポート

と、うれしいポイントがそろってます。




ドスパラ

ドスパラ クリエイター向けブランド「raytrek(レイトレック)」 マウス同様ラインアップは充実してます。 ゲーミング専用モデルである「GALLERIA」もあります。
☑100%国内生産
☑最短即日発送、翌日到着

パソコン工房

BTOパソコン・パソコン関連商品がお買い得!パソコン工房のセール
ゲーミングパソコン
「LEVEL∞ by iiyama」
低価格なモデルからCore i7搭載の高性能モデルといろいろとあります。
CPUの性能を抑えて高性能なグラフィックボードを搭載したモデルを選べるのは、
パソコン工房のポイントです。



投稿日:2018年8月26日 更新日:

Copyright© Windowsレジストリ置き場 , 2019 All Rights Reserved.