【コスパ最高】ゲーミングノートPCの選び方。買うならおすすめは?【ドスパラ/マウスコンピューター/パソコン工房/Dell/日本HPから比較】

さて、今回はゲーミングPCの中でも、ノートPCについて選び方からおすすめを紹介。

初めての方にもおすすめな15.6インチ GTX1050Ti搭載ノート


ドスパラでは、Amazonのアカウントで購入できる「Amazon Pay」に対応しているのでスマホでも購入しやすいのは大きなポイントですね。

こちらは、グラフィックスをGTX 1060へ強化したモデル


【デスクトップCPU搭載】第8世代インテル Core i5とGeForce GTX 1060[6GB]搭載15型フルHDノートパソコン [SSD搭載]
ですね。

または、


がよいでしょう。

参考として、性能重視なら


となりますね。

ゲーミングノートPCとは

ノートPCでは、専門的な作業は不向きとなっていたのですが、
最近は、目的別に細かくわかれてきており、

・持ち運びをメインとしたノートPC(モバイルノートPC)
・自宅で使う用のノートPC(スタンダードノートPC)
・写真の加工やイラストを目的としたノートPC(クリエイターノートPC)
・ゲーム用のノートPC(ゲーミングノートPC)

と用途・目的別のノートPCが各社から販売されています。

その中で、今回は
「ゲーム用」
に特化したノートPC(ゲーミングノートPC)
をについてです。

なお、その他の
・持ち運びをメインとしたノートPC
【軽い】SSD搭載ノートパソコン(モバイルPC)を購入/買い替えるならおすすめは?選び方から比較まで【11.6インチ?13.3インチ?14インチ?】

・自宅で使う用のノートPC
【15インチ・17インチ】自宅用・家庭用、家族共用におすすめなノートパソコンは?比較してみた。【ドスパラ・マウス・パソコン工房・日本HP・Dell】

・写真の加工やイラストを目的としたノートPC
クリエイターやデザイナー向けのノートPCを比較してみる「ドスパラ(raytrek)」と「マウスコンピューター(DAIV)」、「パソコン工房」のおすすめBTOは?

を参考にしていただければと。

ゲームタイトルでいえば、

Screenshot of www.tomoroh.net

PUBGが快適にプレイできるゲーミングパソコンの選び方は?推奨スペックやおすすめは比較「ドスパラ」「マウス」「パソコン工房」 | Windowsレジストリ置き場

 

Screenshot of www.tomoroh.net

黒い砂漠が快適にプレイできるゲーミングパソコンの選び方は?推奨スペックやおすすめは比較「ドスパラ」「マウス」「パソコン工房」 | Windowsレジストリ置き場

 

なども書いてます。

ゲーミングノートPCとは

ゲーミングノートPCの特徴

ゲーミングノートPCは、
当たり前ですが、
「ノートPC」
です。

ゲーミングPCといえば、デスクトップPCが当たり前でしたが、
現在は、ゲーミングノートPCもニーズからか1ジャンルを築いています。

ゲーミングノートPCのメリット

ゲーミングノートPCのメリットついてですが、
デスクトップPCと比較した場合のノートPCの特徴がそのまま当てはまります。

  • 軽量であり持ち運びが可能であること
  • ケーブルといった配線が少なく設置が容易であること
  • バッテリーが搭載されており、万が一の時データの保存が可能なこと
  • デスクトップPCに比べ消費電力が少ないこと

等々。

こうやって見てみると、機械の苦手な方でも簡単に設置出来て使わないときはしまっておけるので、
機械が苦手な方や、ワンルームなどで暮らす方にもおすすめですね。

ゲーミングノートPCのデメリット

では、デメリットについても見ていきます。
デメリットについては、通常のノートPCに加えて、
ゲーミングノートPC特有の問題点もあります。

  • 部品の交換ができない
  • 拡張性が乏しい
  • 機械が故障し修理に出した場合、PC自体が利用できなくなる
  • デスクトップPCと比較して性能が低い
  • デスクトップPCと比較して価格が高い

これに加えて、ゲーミングノートPC特有の問題として、

  • 一般的なノートPCより重い
  • 熱い

といった問題があります。

重さについて

一般的な15.6インチノートパソコンはだと大体2kg
こちらを基準に見ておくと良いかと。
ただ持ち運ぶなら、
1.5kg以下が現実的です。

熱問題

ノートパソコンは、小さい中にいろいろな機械を詰め込むので、
熱がどうしても逃げにくくなります。

さらに、
ゲームをする場合は、
専用グラフィックス「GeForce」といったものが搭載されたものを
選ぶことになります。

こうなると、部品は増えるので
重くなる
熱は逃げなくなる
とつらい状況になるわけです。

とはいえ、これらを理解してゲーミングノートPCを選べばよいわけですし、

ゲーミングデスクトップPCと比較して性能が低い

実際のところ、性能が低いというのは昔の話で、そうでもないです。
それは、
ノートPCで採用されているCPUや専用グラフィックスの高性能化

さらに、最近では
デスクトップ用CPUおよび専用グラフィックスの採用
といった見た目はノート中身はデスクトップPC
といったモデルもあります。

デスクトップPCと比較して価格が高い

デスクトップPC本体のみの価格と比較すると、どうしても高く見えます。
しかしながら、ディスプレイを追加した金額と比較してみると、そこまで差はなくなります。
※23.8インチの144Hz対応ゲーミングディスプレイは2万5戦円程度です

また、最近のゲーミングノートPCはキーボードにこだわったモデルもあり、
このあたりまで加味してみると、少し高いかな?とは思いますが、とても高いということはないのではないでしょうか?

ゲーミングノートPCに必要なスペック

ゲーミングノートPCを選ぶにあたり、
どういったスペックが必要なのか?どういった点を注意すればよいのか?
を説明します。

なお、推奨スペックは

CPU Intel Core i5以上(4コア以上)
メモリ 8GB以上(デュアルチャネルを推奨)
グラフィックス GeForce GTX 1050以上
主記憶装置 SSD 500GB以上

SSDが安価になってきており、
中途半端にHDDを搭載するより、一回り大きいSSDを搭載したモデルが主流となってきました。
SSD 500GBかSSD 256GB+HDD 1TB
を目安としてみておくとよいでしょう。
これより少ない
SSD 250GBのみや128GB+HDD 1TBの組み合わせではすぐに使えなくなってしまう可能性が高いので推奨しません。

ゲーミングノートPCで注意すべきポイント

ゲーミングノートPCで選ぶポイントは

  • CPU
  • メモリ
  • グラフィックス

の3つです。

さらに、主記憶装置(データが保存される装置)
HDDですが
高速な
「SSD」
と呼ばれるものを搭載したものを選ぶほうが良いでしょう。

CPUの種類と選ぶポイント

まず、パソコンの頭脳と呼ばれる「CPU」についてです。
パソコンに搭載されるCPUを販売するメーカーには
Intel
AMD
の2メーカーがあります。
現在販売されているゲーミングノートPCで
AMD製CPUを搭載したモデルが少ないことか割愛させていただきます。

Intelノート用CPU

Celeron 2 2
Core i3 2
4
4
4
Core i5 4
6
8
6
Core i7 4
6
8
12
Core i9 6 12

ゲームをするのであれば、コア数が4以上が良いです。
これはWindowsが快適に動きつつ、ゲームの処理もこなすレベルがこれ以上ですので。
また、ノートPCのCPUは種類が多くわかりにくいのですが、
CPUの末尾の文字が
「H」:高性能
「U」:省電力
となりますので、両方ある場合は、「H」のほうを選ぶと良いでしょう。
※もっとも高性能なCore i9には「HK」というモデルもあります。

また、ノートPCでありながら、デスクトップ用CPUを搭載したモデルもあります。
デスクトップ用CPUはノートPCより高性能なため、
Core i34コア以上となるので、
COれ i3以上を選ぶとよいでしょう。

※現在販売されているCPUで8000番台または9000番台を対象としています。(2019/03/19現在)

メモリの種類と選ぶポイント

ここでは、メモリの種類と機能についてです。
現在販売されているメモリは、
PC4-19200
DDR4 SO-DIMM
といった記載がされています。
PC4:世代を現したもの。
19200:メモリの速度です。
なお、DDR4とPC4は同じ世代別の言い方と思っていただければ。

現在、販売されているPCに搭載されているメモリの速度はあまり性能に関係ありません。
それよりも、シングルチャネルやデュアルチャネルといったところに注意しておきましょう。

シングルチャネル:1枚で動作
デュアルチャネル:2枚を1つと見立てて動作

デュアルチャネルはメモリ2枚を同時にアクセスできるので、
高速。

そのため、メモリを選ぶポイントは容量とデュアルチャネルであるかどうかをチェックしておきましょう。
※高性能なモデルでは3枚を1つのメモリとして同時に動作するトリプルチャネルといったものもありますが、ノートPCでほぼ見かけることはないですね。

続いて、メモリのサイズです。
メモリのサイズと一般的な利用用途については以下のとおり

4GB Office(WordやExcel)といった事務用向け
8GB ゲーム用やクリエイター用の入門機
16GB 高性能ゲームやクリエイター向け
32GB 動画編集やVRといった本格的な作業向け

今回はゲーム用ですので、
8GBか16GB
を選べば問題ありません。
多くの場合、ゲーム用であれば8GBを基本としておきましょう。

グラフィックスの種類と選ぶポイント

グラフィックスを選ぶポイントについては2つ
メーカーと目的です。

なお、メーカーは
GeForceを販売する「nVIDIA」
RADEONを販売する「AMD」
の2社ですが、ノートPCだと「AMD」製グラフィックスを搭載したモデルがあまりありません。

結果、「nVIDIA」のGeForceを搭載モデルを基本として考えます。

GeForce MX150/GTX 1050 多くのゲームの必須スペックをクリア
GeForce GTX 1050Ti
GeForce GTX 1060 多くのゲームの推奨スペックをクリア
GeForce RTX 2060 高性能ゲームの推奨スペックをクリア。プレイ動画配信も可能
GeForce RTX 2070 プレイ動画を高画質で配信可能

GeForce GTX 1050 Ti
について記載がありませんが、画質を選ばないなら、多くのゲームが快適にプレイできるモデルです。
価格を抑えたいなら、GeForce GTX 1050でも良いですね。

ただ、長く使いたいなら、
GeForce GTX 1060
搭載モデルを選択するのが良いでしょう。

主記憶装置の選ぶポイント

主記憶装置とは、Windowsがインストールされた物理装置です。
種類としては、大きく分けて
HDD
SSD
の2つです。
この中でも
SSDには2つあり、
SATA SSD
M.2 SSD
があります。

種類 速度 価格
HDD 低速 安価
SATA SSD 中速 高価
NVMe SSD 高速 とても高価

価格と性能のバランスから選ぶなら、
SATA SSD
が良いでしょう。

SATA SSDとNVMe SSDを比較した場合、
NVMe SSDのほうが当然高速なのですが、
HDDがあまりにも低速なため、HDDとSATA SSDの違いが一番わかりやすいです。

ただ容量が気になる場合は、
SATA SSD+HDDの2つを搭載したモデルもありますので、そちらを選択すると良いでしょう。

ゲームタイトルからみた必要なスペック

必要なスペックについて確認してみます。

現在、FF14やモンハン、黒い砂漠、PUBGやフォートナイトといったゲームを含む30タイトル以上を確認した結果、

CPU Core i5以上
メモリ 8GB以上
グラフィックス GeForce GTX 1050以上

となります。
これに加え、ゲームのローディング時間が短縮する
SSDを搭載したモデルが良いでしょう。

これを踏まえ、ゲームにどこまで求めるかを加え3つのスペックを紹介いたします。

  • とりあえずゲームが出来れば良い
  • きれいなグラフィックスで楽しみたい
  • 高画質でプレイしつつ配信もしたい

とりあえずゲームが出来れば良い

あまりゲームに画質を求めないのであれば、

CPU Core i5以上
メモリ 8GB以上
グラフィックス GeForce GTX 1050以上

きれいなグラフィックスで楽しみたい

画質を求めるなら、

CPU Core i7以上
メモリ 8GB以上
グラフィックス GeForce GTX 1060以上

高画質でプレイしつつ配信もしたい

ゲームの実況プレイといった動画配信も考えているなら、

CPU Core i7以上
メモリ 16GB以上
グラフィックス GeForce RTX 2060以上

ゲームタイトルから選ぶ

ゲームタイトルにより推奨スペックが異なります。
そのため、既にプレイしたいゲームタイトルが決まっていれば、
ゲームタイトルの推奨スペックを参考に選ぶとまず間違いはありません。

代表的なゲームタイトルから見ていきたいと思います。

ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター推奨パソコン

Screenshot of jp.finalfantasyxiv.com

ファイナルファンタジーXIV 公式プロモーションサイト

 

Screenshot of jp.finalfantasyxiv.com

ファイナルファンタジーXIV 商品情報

 

推奨動作環境 DirectX® 11
OS Windows® 7 64 bit, Windows® 8.1 64 bit, Windows® 10 64 bit
CPU Intel® Core™i7 3GHz 以上
メインメモリ 8GB以上
ハードディスク/SSD空き容量 60GB以上
グラフィックカード NVIDIA® Geforce® GTX970 以上/AMD Radeon™ RX 480 以上
画面解像度 1920×1080
インターネット ブロードバンド接続
通信ポート ルーターを利用している場合は、下記の番号でパケットが通過できるようポートの設定を行ってください。
[使用する可能性があるポート番号]
TCP:80, 443, 54992~54994, 55006~55007, 55021~55040
サウンドカード DirectSound® 対応サウンドカード(DirectX® 9.0c以上)
DirectX® DirectX® 9.0cおよびDirectX® 11

ここから考えると、
CPUは、 core i7
メモリは、8GB
グラフィックス GTX 970
なんですが、
現在GTX 970は販売されておらず、同等の性能としては、GTX 1060が対象となります。

そのため、
CPU core i7
メモリ 8GB
グラフィックス GTX 1060
が基準となります。

ではまずは、

ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター推奨パソコン Dell(デル)

デル株式会社
NEW ALIENWARE 17 ゲーミング(R5)(2018年4月24日発売)

第8世代インテル® Core™ i7-8750H
Windows 10 Home 64ビット 日本語
16GB, 2x8GB, DDR4, 2666MHz
NVIDIA® GeForce® GTX 1070 OC 8GB GDDR5 付き

公式にリンクされているモデルですね。
ポイントは、
やはり、グラフィックスの
「GeForce® GTX 1070 OC」
ですね。
正直オーバースペック気味でもありますが、今後を考えると十分なスペックです。

ただ、ちょっと高いですね。

ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター推奨パソコン ドスパラ

推奨スペックをベースに見ていきます。


15.6インチディスプレイを搭載したゲーミングノートです。
メモリが少し心もとない気もしますので、余裕があれば、16GBへ増やしておくとよいでしょう。

ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター推奨パソコン マウス(旧:マウスコンピューター)

残念ながら、マウスコンピューターでは現在販売されているモデルがありません。
FF14であれば、

■OS : Windows 10 Home 64ビット
■CPU : インテル® Core™ i7-8750H
■グラフィックス : GeForce® GTX 1060
■メモリ : 16GB PC4-19200
■M.2 SSD : 512GB インテル® 660p NVMe対応
■ハードディスク : 1TB
■液晶パネル : 15.6型 フルHDノングレア (1,920×1,080/ LEDバックライト)
■無線 : IEEE802.11 ac/a/b/g/n (最大433Mbps) + Bluetooth 5モジュール内蔵
■重量 : 約 2.7kg

で、十分楽しめますし、問題ないでしょう。
あの、GLAYのTERUが使用していることで有名になりましたね。

ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター推奨パソコン パソコン工房

さて、パソコン工房です。
推奨パソコンはサイトで見る限り見つけられませんが、
ドスパラやマウスコンピューターと同等性能のノートについてはこちら。

OS Windows 10 Home 64ビット
CPU インテル Core i5-8400
グラフィックス GeForce GTX 1060 6GB GDDR5
メモリ DDR4-2400 S.O.DIMM (PC4-19200) 16GB(8GB×2)
SSD 250GB NVMe対応 M.2 SSD
ハードディスク 1TB Serial-ATA HDD
液晶パネル 15.6型(非光沢カラー液晶) (1,920×1,080/ LEDバックライト)

ノートパソコンとしてバランス良いですね。
ゲーム専用ノートPCとしても、メインのノートPCとしても問題ないレベルですね。
CPUがデスクトップ用なので、ノート用CPUのCore I7と同等性能だと考えるとコストパフォーマンスが高いです。

ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター推奨パソコン 日本HP

FF15推奨モデルはあるのですが、FF14は発見できず。

OS Windows 10 Pro (64bit)
CPU インテル Core i7-8750H プロセッサー
ディスプレイ 17.3インチワイド・フルHD非光沢
IPSディスプレイ(144Hz/1920×1080)
NVIDIA® G-SYNC™ 対応
グラフィックス NVIDIA GeForce GTX 1070
メモリ 16GB(8GB×2) DDR4-2666MHz (最大16GB)
記憶装置 512GB SSD (PCIe NVMe M.2) + 1TB ハードドライブ (7200回転)
無線 IEEE802.11a/b/g/n/ac 2×2、Bluetooth 5.0
質量 約 3.73 kg
バッテリー 最大 6 時間

CPUは第8世代モデル。
国内BTOメーカーと比較し、最新CPUへの切り替えが少し遅れてやってきます。
作りに問題はないので、HPで探している人向けですね。

ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター推奨パソコン まとめ

推奨パソコンでいえば、
Dellのみという状況となりました。
同等の性能といった観点で見てみると、ドスパラとパソコン工房
続いて、マウスコンピューターとHP
といった状況です。

性能から見ると、ドスパラが液晶にこだわってますね。グラフィックスだけでなく液晶もよく考えられています。

価格からみると、実はパソコン工房のノートがおすすめな1台であったりする結果となりました。

この2つから決めておけば、問題ないでしょう。

グラフィクスから選ぶ

ゲームをするためには、多くのタイトルが
GeForce GTX ○○○○
といったかたちで、推奨スペックに記載されています。
そんな、グラフィックスの中でもゲームで一般的な性能から高性能なモデルとなる

「GTX 1050」 ~ 「GTX 1080」
から見ていきたいと思います。

※AMD Radeonといった別メーカーのグラフィックスもありますが、性能やラインアップの問題から本内容では割愛させていただきます。

GTX 1050/GTX 1050 Ti搭載ゲーミングノートPC

旧世代の GTX 960 と同等の性能となる「GTX 1050」です。
グラフィックスの性能があがることにより、ゲームタイトルのほうの要求も上がってきておりますが、
全くゲームができないということはありません。
グラフィックス設定を下げ、低負荷状態ならゲームができます。

GTX 1050/GTX 1050 Ti搭載ゲーミングノートPC ドスパラ

OS:Windows 10 Home 64ビット (ディスク付属)
CPU:インテル Core i5-8300H (2.30-4.00GHz/4コア/8MBキャッシュ)
グラフィック機能:NVIDIA GeForce GTX1050 Ti 4GB + インテル UHDグラフィックス630(Optimus対応)
メモリ:16GB DDR4 SO-DIMM (PC4-21300/8GBx2/2チャネル)《無料アップグレード中》
SSD:500GB SSD (M.2スロット / AHCI接続) 《無料アップグレード中》

上のモデルとの違いは、サイズとCPUです。
15.6インチと標準的なノートPCです。

GTX 1050/GTX 1050 Ti搭載ゲーミングノートPC マウスコンピューター

icon
icon
NEXTGEAR-NOTE i5330SA1
icon

■OS : Windows 10 Home 64ビット
■CPU : インテル® Core™ i7-8750H プロセッサー
(6コア/2.20GHz/TB時最大4.10GHz/9MB スマートキャッシュ/HT対応)
■グラフィックス : GeForce® GTX 1050 (2GB)
■メモリ : 8GB PC4-19200 (8GB×1)
■SSD : 240GB Serial ATAIII
■チップセット : モバイル インテル® HM370 チップセット
■液晶パネル : 15.6型 フルHDノングレア (1,920×1,080/ LEDバックライト)
■無線 : IEEE802.11 ac/a/b/g/n (最大433Mbps) + Bluetooth 5モジュール内蔵
■保証期間 : 1年間無償保証・24時間×365日電話サポート

こちらは、「GTX 1050」を搭載したゲーミングノートPCです。
15.6インチということで、このあたりを基本に考えていくと良いですね。

icon
icon
NEXTGEAR-NOTE i5340BA1
icon

■OS : Windows 10 Home 64ビット
■CPU : インテル® Core™ i5-8400 プロセッサー
(6コア/2.80GHz/TB時最大4.00GHz/9MB スマートキャッシュ)
■グラフィックス : GeForce® GTX 1050 (4GB)
■メモリ : 8GB PC4-19200 (8GB×1)
■ハードディスク : 500GB Serial ATAII 5400rpm
■チップセット : インテル® H370 チップセット
■液晶パネル : 15.6型 フルHDノングレア (1,920×1,080/ LEDバックライト)
■無線 : IEEE802.11 ac/a/b/g/n (最大433Mbps) + Bluetooth 5モジュール内蔵
■保証期間 : 1年間無償保証・24時間×365日電話サポート

こちらは、CPUにデスクトップ用を採用している15.6インチノートPC
第8世代のデスクトップCPU 「Core i5」は、第7世代の「Core i7」と同等の性能となっており、高性能です。
また、価格も10万円以下ということで、低負荷なゲームタイトルであれば問題ないモデルです。

マウスコンピューターは現在ラインアップ入れ替え時期で、選択肢が難しいところ。
モバイルCPUを採用したノートPCとデスクトップCPUを搭載した15.6インチのスタンダードなサイズなモデル。
普段使いもしつつ、ゲームも楽しみたい人向けといったところですね。
また、GeForce RTX 2070を搭載し「 Narrow Bezel (狭額縁) 」を採用した17.3インチのモデルがラインアップにありますが、このあたりは今後増えてきそうです。

GTX 1050/GTX 1050 Ti搭載ゲーミングノートPC パソコン工房


LEVEL-15FX078-i7-LNSS [Windows 10 Home]

Windows 10 Home 64ビット Core i7-7700HQ モバイル インテル HM175 DDR4-2400 S.O.DIMM (PC4-19200) 8GB(4GB×2) 240GB Serial-ATA SSD 光学ドライブ非搭載 GeForce GTX 1050 2GB GDDR5 15.6型(非光沢カラー液晶) フルHD(1920×1080ドット)

第7世代CPU「Core i7」を搭載したモデルです。
そろそろ世代交代のタイミングで、併売している第8世代と悩むところですね。
パソコン工房はメモリが4GBと容量が少ないモデルも存在しますので、注意しておきましょう。


LEVEL-15FX089-i7-LXSS [Windows 10 Home]
第8世代Core i7とGeForce GTX 1050 Ti搭載15型フルHDゲームノートパソコン[SSD搭載] Core i7とGeForce GTX 1050 Ti搭載
ということで、第8世代のCPUとGeForce GTX 1050 Tiを搭載しているということで、上のモデルと比較して全的に性能が上がっています。

GTX 1050/GTX 1050 Ti搭載ゲーミングノートPC 日本HP

Pavilion Gaming 15
icon
日本HPは、
CPUでは、Core i5とCore i7
メモリは、8GBと16GB
グラフィックスは、GeForce GTX 1050と1050 Ti
を組み合わせた形となっており、この中でもポイントとなるのは、
15.6インチでありながら、4K対応したもモデルがあることです。
ただ、これは、モデル名から見てもわかるとおり、クリエイターモデルとなっており、ゲーム用ではないようです。

HP Pavilion Gaming 15-cx0000 (ハイパフォーマンスモデル)
icon
GTX 1050/1050 Tiを搭載した中では一番高性能となります。

GTX 1050/GTX 1050 Ti搭載ゲーミングノートPC Dell(デル)


【Dell】Dell G3 15 プレミアム・SSD+HDD・GTX 1050 Ti 搭載
第8世代のCPUとGeForce GTX 1050Tiの組み合わせたモデル。

GTX 1050/GTX 1050 Ti搭載ゲーミングノートPC まとめ

各メーカーかなり色がでています。
14インチ以下のモバイルゲーミングノートPCは
Dellのみ
でした。

15.6インチは各社ありますが、
特殊なものとしては、
マウスコンピューターのデスクトップ用CPUを搭載したモデル
icon
icon
NEXTGEAR-NOTE i5340BA1
icon
があるのが特徴的です。

ドスパラはモデルが少ないですが、バランスが良い組み合わせとなっており、パソコン工房はメモリを4GBと少ないモデルも選べることで選択肢が増やしてあるのも
特徴的です。

日本HPについては、可もなく不可もなくそつがないラインアップですが、
オプションでゲーミングキーボードやマウスを選べポイントを押さえています。

Dellは派手。
というのが見てきた感想です。

GTX 1060搭載ゲーミングノートPC

こちらは、旧世代の GTX 970 と同等の性能となる「GTX 1060」です。
ゲームをするなら、多くのタイトルがプレイできるスペックです。
FF14やモンハンなら快適にプレイできますし。
PUBGやフォートナイトなども十分楽しめるレベルのスペックとなってます。

GTX 1060 搭載ゲーミングノートPC ドスパラ

ドスパラで対象となるのは4機種
うち、
3機種が15.6インチのノート
1機種が17.3インチのノート
となります。

その中から3種類を紹介。

OS :Windows 10 Home 64ビット (ディスク付属)
CPU :インテル Core i7-9750H (2.60-4.50GHz/6コア/12スレッド)
グラフィックス :NVIDIA GeForce GTX1660Ti GDDR6 6GB + インテル UHDグラフィックス630(Optimus対応/HDMI x1, miniDP x1)
メモリ :8GB DDR4 SO-DIMM (PC4-19200/8GBx1)
SSD :512GB NVMe SSD
液晶ディスプレイ:17.3 インチ 非光沢ワイド リフレッシュレート144Hz LEDバックライト液晶 (1920×1080ドット表示)
光学ドライブ :光学ドライブ無し

ポイントは4Kのディスプレイ。
ゲームをするには、グラフィックスに負荷がかかるため使いづらいモデル。
動画を楽しみつつ、ゲームも少し楽しみたい方向けのノートですね。


このノートPCのポイントは、
・第9世代CPUの採用
・リフレッシュレート144HzのフルHDディスプレイ
ですね。

こちらのゲーム用によく考えられてますね。




GALLERIA GCF1060NF ガレリア GCF1060NF

OS :Windows 10 Home 64ビット (ディスク付属)
CPU :インテル Core i7-8750H (2.20-4.10GHz/6コア/9MBキャッシュ)
グラフィック :17.3 インチ 非光沢ワイド リフレッシュレート120Hz LEDバックライト液晶 (1920×1080ドット表示)
NVIDIA GeForce GTX1060 6GB + インテル UHDグラフィックス630(Optimus対応)
メモリ :8GB DDR4 SO-DIMM (PC4-19200/8GBx1)
ハードディスク :1TB HDD(5400rpm)
SSD :250GB SSD (M.2スロット / AHCI接続)
光学ドライブ :光学ドライブ無し
マザーボード :モバイル インテル HM370 チップセット搭載マザーボード

こちらは、17.3インチモデル。
全体的にサイズが大きくなっており、見やすく操作しやすくなってます。

GTX 1060 搭載ゲーミングノートPC マウスコンピューター

マウスでは、
ゲーミングノート1機種3モデル
その中で、
1モデル

OS Windows 10 Home 64ビット (ディスク付属)
CPU  インテルR Core? i7-8750H
グラフィック GeForceR GTX 1060
メモリ 16GB PC4-19200
M.2 SSD 512GB インテル® 660p NVMe対応
ハードディスク 1TB

GLAYのTERUさんが利用されているモデル。
FF14の推奨スペックをクリアしてるだけでなく、
17.3インチと大画面で、144Hzの高リフレッシューレートを採用した液晶ディスプレイと
ドスパラに負けてないです。

GTX 1060 搭載ゲーミングノートPC パソコン工房

Windows 10 Home 64ビット [DSP版]
Core i5-8400
インテル Z370 Express
8GB(4GB×2)
250GB NVMe対応 M.2 SSD
光学ドライブ非搭載
GeForce GTX 1060 6GB GDDR5
15.6型(非光沢カラー液晶)
フルHD(1920×1080ドット)

このスペックから見てみると、
ゲーム専用ノートを探している人には、ちょうど良いですね。
デスクトップCPUを搭載しており、ノート用 Core i7と同等の性能です。
価格も11万円台とかなり安価ですし。

GTX 1060 搭載ゲーミングノートPC Dell(デル)


グラフィックスに、「GeForce GTX 1660 Ti」を採用しているモデル。
中々良いモデルですね。

GTX 1060 搭載ゲーミングノートPC 日本HP

15インチと17インチ1種類づつ。

GTX 1060 搭載ゲーミングノートPC まとめ

GTX 1070/GTX 1070 Ti搭載ゲーミングノートPC

こちらは、旧世代の GTX 980 Ti以上の性能となる「GTX 1070」となります。
ゲームの配信実況や外付けディスプレイで4K表示といった楽しみ方もできますし、
PUBGも高画質で楽しめるモデルです。

RTX 2070搭載ゲーミングノートPC ドスパラ

最新の GeForce RTX 2070を搭載したモデルです。
ドスパラとしては、
15.6インチと17.3インチ
性能自体は同じで、ディスプレイと本体のサイズの違いですね。

GTX 1070/GTX 1070 Ti/RTX 2060搭載ゲーミングノートPC マウスコンピューター

残念ながらマウスコンピューターでは、現在GTX 1070を搭載したモデルの販売は終了しています。

GTX 1070/GTX 1070 Ti/RTX 2060搭載ゲーミングノートPC パソコン工房
CPU Core i7-8750H
メモリ DDR4-2666 S.O.DIMM (PC4-21300) 8GB(4GB×2)
M.2 SSD 250GB NVMe対応 M.2 SSD
HDD 1TB Serial-ATA HDD
グラフィックス GeForce RTX 2060 6GB GDDR6
ディスプレイ 16.1型(非光沢カラー液晶) フルHD(1920×1080ドット)

第8世代のCore i7を搭載しており、
SSDとHDDを搭載しているので、バランスも良いノートパソコンですね。
残念なのは、メモリが8GBとちょっとグラフィックスに比べすくないところ。
今後を考えると、16GBに増やしておくか16GB搭載モデルを選ぶとよいでしょう。

GTX 1070/GTX 1070 Ti搭載ゲーミングノートPC Dell(デル)

デル株式会社

デルでは、
ALIENWARE 15
ALIENWARE 17
の2つのサイズで、GTX 1070 OCを搭載したモデルを販売しています。

GTX 1070/GTX 1070 Ti搭載ゲーミングノートPC まとめ

こちらは、各社ラインアップされており、
価格も20万円前後ということでした。

特徴的なのは、
ディスプレイで
120MHz/144MHzに対応しているディスプレイ
を採用したモデルを一部メーカーを除き各社採用してるところですね。

GTX 1070を搭載したモデルの中だと
気に入ったのは、
ドスパラとパソコン工房、HPです。

デルも性能は悪くありませんが、
デザインが人を選ぶので、あのデザインが好きな方にはぜひ。

GTX 1080/GTX 1080 Ti搭載ゲーミングノートPC

最上位モデルに搭載されるグラフィックスですね。
高負荷の状態でも安定して表示が可能なスペックです。
高解像度のディスプレイでのプレイも問題ないですし、ネット配信する場合はこれぐらいあると良いですね。

GTX 1080/GTX 1080 Ti搭載ゲーミングノートPC ドスパラ

残念ながらドスパラに、
GTX 1080を搭載したノートPCはありませんでした。

RTX 2070搭載ゲーミングノートPC マウスコンピューター

高性能モデルの中でもこちら

OS Windows 10 Home 64ビット
CPU インテル® Core™ i9-9900K
グラフィックス GeForce RTX™ 2080
メモリ 32GB PC4-19200
SSD 512GB NVMe対応
ハードディスク 1TB
液晶パネル 17.3型 フルHDノングレア (1,920×1,080/ LEDバックライト)

このスペックなら、4Kでも最高画質で多くのゲームがプレイ可能ですね。

GTX 1080/GTX 1080 Ti/RTX 2070搭載ゲーミングノートPC パソコン工房

パソコン工房では、
GTX 1080搭載モデルとGTX 1080 SLI/RTX 2070 2080 2080Tiモデルが販売されています。

その中からピックアップしていくと、

OS Windows 10 Home 64ビット [DSP版]
CPU Core i7-8750H
メモリ DDR4-2666 S.O.DIMM (PC4-21300) 16GB(8GB×2)
M.2 SSD 250GB NVMe対応 M.2 SSD
HDD 1TB Serial-ATA HDD
グラフィックス GeForce RTX 2070 8GB GDDR6
ディスプレイ 16.1型(非光沢カラー液晶) フルHD(1920×1080ドット)

こちらは、
「プロマルチゲーミングチーム「父ノ背中」コラボレーションモデル」
はつめ選手コラボモデルということですが、十分なスペックです。

GTX 1080/GTX 1080 Ti搭載ゲーミングノートPC Dell(デル)

デル株式会社

デルでは、
ALIENWARE 15
で GTX 1080を搭載したモデルを
ALIENWARE 17
で、GTX 1080 OCを搭載したモデルを販売しています。

GTX 1080/GTX 1080 Ti搭載ゲーミングノートPC 日本HP

OMEN X by HP 17-ap008TX エクストリームモデル

日本HPでは、17インチモデルのみです。

GTX 1080/GTX 1080 Ti搭載ゲーミングノートPC まとめ

一番高性能といえるのは、
マウスコンピューター
次点で
デル、パソコン工房という結果となりました。

ただ、価格面から見て
ゲーム専用として購入するなら
パソコン工房
もチェックしておくと良いという結果となりました。

ゲーミングノートPCを価格から選ぶ

高性能なパソコンが欲しいけど、予算もなぁ。
といった方のために、金額から購入できるスペックとおすすめを見ていきたいと思います。

10万円以下

icon
icon
NEXTGEAR-NOTE i5340BA1
icon

■OS : Windows 10 Home 64ビット
■CPU : インテル® Core™ i5-8400 プロセッサー
(6コア/2.80GHz/TB時最大4.00GHz/9MB スマートキャッシュ)
■グラフィックス : GeForce® GTX 1050 (4GB)
■メモリ : 8GB PC4-19200 (8GB×1)
■ハードディスク : 500GB Serial ATAII 5400rpm
■チップセット : インテル® H370 チップセット
■液晶パネル : 15.6型 フルHDノングレア (1,920×1,080/ LEDバックライト)
■無線 : IEEE802.11 ac/a/b/g/n (最大433Mbps) + Bluetooth 5モジュール内蔵
■保証期間 : 1年間無償保証・24時間×365日電話サポート

10万円以上15万円以下のゲーミングノートPC

icon
icon
NEXTGEAR-NOTE i5340BA1
icon

■OS : Windows 10 Home 64ビット
■CPU : インテル® Core™ i5-8400 プロセッサー
(6コア/2.80GHz/TB時最大4.00GHz/9MB スマートキャッシュ)
■グラフィックス : GeForce® GTX 1050 (4GB)
■メモリ : 8GB PC4-19200 (8GB×1)
■ハードディスク : 500GB Serial ATAII 5400rpm
■チップセット : インテル® H370 チップセット
■液晶パネル : 15.6型 フルHDノングレア (1,920×1,080/ LEDバックライト)
■無線 : IEEE802.11 ac/a/b/g/n (最大433Mbps) + Bluetooth 5モジュール内蔵
■保証期間 : 1年間無償保証・24時間×365日電話サポート

15万円以上20万円以下(ゲーミングノートPC)


17.3インチ液晶のGeForce GTX 1660を搭載したモデル。
大画面でありFF14や黒い砂漠を快適にプレイできるレベルです。


15.6インチ液晶を搭載しGrForce RTX 2060を搭載したモデル。
GeForce GTX 1070を搭載したゲーミングノートPCの後継と考えて良いでしょう。

20万円以上のゲーミングノートPC


15.6インチ液晶ディスプレイを搭載し「GeForce RTX 2070」を搭載したモデル。


17.3インチ液晶ディスプレイを搭載し「GeForce RTX 2070」を搭載したモデル。

上記2モデルの違いは、画面サイズです。
価格の違いはないため、大画面が良ければ
「ガレリア GCR2070RNF」
持ち運びも考えるなら
「ガレリア GCR2070RGF」
という選び方でも良いでしょう。

最後に

各社のゲーミングノートを見てきましたが
性能を求めると、どうしても値段が上がってしまいがち。
ただ、以前に比べデスクトップとの価格差が縮んでいることが特徴的でした。

ゲーミングノートを購入する場合は併せて、
ノートPCの冷却クーラーを購入しておくことをおすすめします。

なお、今回見てきたところをまとめると、

初めての方にもおすすめな15.6インチ GTX1660Ti搭載ノート

価格重視なら、



性能重視なら


といった選択が良いかと。

ではでは。

※本記事の内容については、公開時の情報であり予告なく変更となる場合があります。

当サイトおすすめランキング

DAIV/マウスコンピューター

マウスコンピューター/G-Tune
マウスコンピューター クリエイター向けブランドである「DAIV」 ラインアップも豊富です。 ゲーム専用の「G-Tune」もありますが、 ☑急いでいるときはうれしい翌日発送サービス(オプション)
☑安心の国内生産
☑24時間365日の電話サポート

と、うれしいポイントがそろってます。




ドスパラ

ドスパラ クリエイター向けブランド「raytrek(レイトレック)」 マウス同様ラインアップは充実してます。 ゲーミング専用モデルである「GALLERIA」もあります。
☑100%国内生産
☑最短即日発送、翌日到着

パソコン工房

BTOパソコン・パソコン関連商品がお買い得!パソコン工房のセール
ゲーミングパソコン
「LEVEL∞ by iiyama」
低価格なモデルからCore i7搭載の高性能モデルといろいろとあります。
CPUの性能を抑えて高性能なグラフィックボードを搭載したモデルを選べるのは、
パソコン工房のポイントです。



投稿日:2018年7月10日 更新日:

Copyright© Windowsレジストリ置き場 , 2019 All Rights Reserved.