デスクトップパソコンを買うならSSDとHDD両方搭載がおすすめ。マウスとドスパラを併せて比較

デスクトップパソコン。
選ぶとなると、やはり

  • 性能
  • 操作性
  • 効率重視
  • ってことで選ぶものだと思います。

    pak136151305_tp_v

    今回は、高性能なパソコンをお得に購入するポイントも踏まえていきたいと思います。
    って、タイトルで宣言しているわけなんですが(汗)

    まずおすすめショップは



    マウスコンピューター/G-Tune

    の2つ。
    急いでいる人は、そのままどうぞ。
    ゲーム用ならドスパラはチェックしておくことをおすすめします。

    では、既に知っている方もいるかと思いますが説明を

    パソコンの構成

    パソコンを構成するものを見ていきます。

    、・マザーボード
      パソコンの構成する土台です。

     ・CPU
      パソコンの処理装置、頭脳にあたるところです。

     ・メモリー
      一時的な作業領域、テーブルといったところでしょうか。

     ・記憶領域(SSD/HDD)
      ソフトウェアやデータの保存するもの。、キャビネや机の引き出しといったところでしょうか。

    これらのパソコンを構成するものひとつで、体感速度が変わります。
    この中でも、速度に大きく影響を与えるのが記憶領域です。

    とすれば、ほかの性能はそこそこでも、記憶領域を高速なものにすればほかの部分を押さえても体感的に変わらない。
    ということで、パソコンの速度に一番の影響を与える記憶領域を高速なものにして長く快適に使える環境を考えてみようというお話です。

    パソコンの利用目的

    デスクトップのパソコンはノートパソコンより選択肢も広く、あとからいろいろ出来ます。
    とはいえ、最初に目的をきちんとしておくとそれだけで、お得に買えます。

    目的が決まらないと予算の許す限り高性能なものを買うことになります。
    目的にあわず、安いのを買うと性能不足で苦労したり結局買い直しとなることもありますし。

    ということで、目的を明確にしておきましょう。

    快適にインターネットで動画をみたり、ネットショッピングをしたい

    この場合、そこまで性能高くなくてもよいので入門機と呼ばれるようなものを購入しておけばよいかと思います。

    スペック的にはざっくりこんな感じ

    CPU:Celeron ~ Core i5
    メモリ:4GB ~ 8GB
    記憶領域:SSD 256GB ~
         HDD 500GB ~

    ただ、記憶領域は「SSD必須」としてHDDを追加しておくとなにかと便利です。

    SSDは高速ですが容量がすくなく、HDDは大容量ですが、低速。
    一時的に大量のデータを保存したり、バックアップを取ったりというのはSSDには不向きですが、
    HDDにはもってこいです。
    ですので、メインで使うものはSSDとし、データの保存用にHDDを追加しておくと
    データがなくなって困ったりという機会も減ります。

    正直、
    「ディスクが壊れてデータなくなったけど、なんとか取り出せない?」
    とかよく耳にします。
    大体、
    「難しいです」
    といってお断りします。

    そんなつらい目にあいたくないという方にはぜひ、
    メインは「SSD」サブに「HDD」
    を選んでおくといざというときを考えておくとよいと思いますよ。

    じゃあ、どこで買うかなんですが、
    例としては、
    「マウス(旧:マウスコンピューター)」

    LUV MACHINES iH440SN2-SH2 [ Windows 10 搭載 ]

    OS Windows 10 Home 64ビット
    CPU インテル® Core™ i5-7400 プロセッサー
    (4コア/3.00GHz/TB時最大3.50GHz/6MB スマートキャッシュ)
    グラフィックス インテル® HDグラフィックス 630
    メモリ 8GB PC4-19200 (8GB×1)
    SSD 240GB Serial ATAIII
    ハードディスク 1TB SerialATAIII 7200rpm
    チップセット インテル® H110 チップセット (Micro ATX)
    光学ドライブ オプション (BTOで追加可能)
    マウス USB光学式スクロールマウス
    キーボード USB日本語キーボード (102キー)
    電源 350W【80PLUS® BRONZE】

    このあたり。
    価格は79,800円 (税別)
    ※2018/04/24現在
    さらに、

    「ドスパラ」
    両方搭載したモデルはないので、カスタマイズのベースはこんな感じ。

    Magnate IM

    OS:Windows 10 Home 64ビット
    CPU:インテル Core i5-6500
    メモリ:8GB PC4-17000 (8GB×1)

    SSDをカスタマイズで追加して
    価格は65,780円(税別)

    価格は大体同じですが、
    ドスパラは光学ドライブがついてますので、

    ドスパラのほうが気持ち安いですね。

    ネットゲームを始めたい

    すでにやりたいネットゲームが決まっているなら
    「推奨モデル」
    を購入するのがよいかと。

    こちらについては、以下で書いてますので、こちらを参考にしていただければ。

    https://www.tomoroh.net/game-pc-bto

    ゲーミングパソコン買うならおすすめはやっぱりBTO?ドスパラ・マウスどこがいいの? | Windowsレジストリ置き場

    https://www.tomoroh.net/game-pc-bto

    https://www.tomoroh.net/im570sa10_review

    SSD+HDD両方搭載のゲーミングデスクトップPC「NEXTGEAR-MICRO im570SA10」比較レビュー(マウスコンピューター/G-Tune) | Windowsレジストリ置き場

    https://www.tomoroh.net/im570sa10_review

    ではでは。

    当サイトおすすめランキング

    DAIV/マウス(旧マウスコンピューター

    マウスコンピューター/G-Tune
    マウスコンピューター クリエイター向けブランドである「DAIV」 ラインアップも豊富です。 ゲーム専用の「G-Tune」もありますが、 ☑急いでいるときはうれしい翌日発送サービス(オプション)
    ☑安心の国内生産
    ☑24時間365日の電話サポート
    とうれしいポイントがそろってます。

    ドスパラ

    ドスパラ クリエイター向けブランド「raytrek(レイトレック)」 マウス同様ラインアップは充実してます。 ゲーミング専用モデルである「GALLERIA」もあります。
    ☑100%国内生産
    ☑最短即日発送、翌日到着
    しかも、
    分割手数料24回まで無料

    パソコン工房

    インテルCore X搭載ハイエンドパソコンなら「パソコン工房」で!
    クリエイターパソコン 「SENSE∞ by iiyama」 低価格なモデルからいろいろとあります。

    更新日:

    Copyright© Windowsレジストリ置き場 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.