【コスパ最高!?】10万円以下のデスクトップゲーミングパソコンは?「ドスパラ」と「マウスコンピューター」で比較

今回は、10万円で買えるゲーミングデスクトップパソコンについて見ていきます。

なお、おすすめな機種は
マウスコンピューターが販売する

NEXTGEAR-MICRO im600SA1 [Windows 10 搭載]
CPUも最新の第8世代のCore i5(第7世代のCore i7とほぼ同等の性能)と、Geforce GTX 1060(3GB)
こちらも本体価格でぎりぎり10万円以下とはなり、コストパフォーマンスが高いです。


NEXTGEAR-MICRO am540SA3 [Windows 10 搭載]
こちらは、CPUが、AMD製ですが性能的には問題ありませんし、上のモデルより安価です。

マウスコンピューターでは、
☑安心の国内生産
☑24時間365日の電話サポート
とパソコンってよくわからないし不安という人でも大丈夫ですね。

と、お急ぎの方向けに書きましたが、
いくつか選ぶポイントも説明しながら詳しく見ていきたいと思います。

パソコンでも高額な部類に入るゲーミング(ゲーム用)パソコン。
そんなゲーミングパソコンを10万円以内で購入できるか?
気になりますよね?
どうしてもゲーミングパソコンは高いという印象がありますので。

実際、ゲーミングパソコンの売れ筋は、
10万円~15万円というのが相場ですし。

なお、ゲーミングパソコンを購入しようとする
NECや富士通、ソニーなどではゲームに必要なグラフィックス性能が高いパソコンを販売していません。
あってもかなりの高額になります。

https://ja.wikipedia.org/wiki/BTO

BTO – Wikipedia

ゲームに強いパソコンを販売しているのは、BTOメーカーのパソコンになります。

今回は、そのBTOメーカーでも有名な2社
ドスパラ

ゲームパソコンブランド 「G-Tune」 TOP
で見ていきたいと思います。

その他製品について、どういったものがあるかは、これから見ていきます。

10万円以下で購入できるゲーミングパソコンの選び方

今回は予算が10万円となりますので、CPUとメモリはあまり贅沢が言えません。

ただし、パソコンの頭脳となるCPUは
Intelから新しいCPUがリリースされそれを搭載したものが増えてきました。
この新しい「第8世代」と呼ばれるCPUは

旧モデル(第7世代)の「Core i5」と第8世代の「Core i3」
旧モデル(第7世代)の「Core i7」と第8世代の「Core i5」

が同等の性能という状況になりました。
そのため、CPUは第8世代のものを選んだ方が
お得になるのがわかります。

CPUは最新モデルの「第8世代」のCPU
Core i3 8100
Core i5 8400
を搭載したモデルがコストパフォーマンスが高いという結果になります。
この2つを搭載したモデルを見ていきましょう。

合わせてこだわるのは
「グラフィックス」性能です。

ゲーム用パソコンはグラフィックス性能が高いパソコンとなりますが、
CPU内臓グラフィックスでは性能が足りないことが多いため、
追加でグラフィックス機能を追加されているパソコンを選びます。

選ぶ選択肢としては、
NVIDIA社のチップを搭載した
「GeForce」
を基本とします。

この中でもゲーム用として利用される性能は
中以上
現在販売されているものとしては、

「GeForce GTX 1050」
を標準とし可能であれば
「Geforce GTX 1060」
をみていきたいと思います。

ということで、選べるスペックを言っておくと
CPU    :Core i3~i5
グラフィックス:Geforce GTX 1060
の組み合わせです。

トータルを考えるとどうなるかも踏まえ見ていきます。

ドスパラで「GeForce GTX 1050」を搭載したデスクトップPC




GALLERIA DC(ガレリア DC)

ドスパラで「GeForce GTX 1050」を搭載したパソコンの最安値はこちらですが、
CPUとメモリが低く、全体的に足を引っ張ります。
入門機としても、あまりお勧めできませんね。

CPUとメモリを強化したモデルがこちら。



GALLERIA DS ガレリア DS

CPU:Core i5 8500
メモリ:8GB
グラフィックス:GeForce GTX 1050

これで、大体9万円。
ディスプレイはついてませんので、合わせて購入すると10万円を超えます。

ドスパラで「GeForce GTX 1050 Ti」を搭載したデスクトップPC




GALLERIA DH ガレリア DH

CPU:Core i5 8500
メモリ:8GB
グラフィックス:Geforce GTX 1050 Ti
HDD:1TB
グラフィックスを「GeForce GTX 1050」からワンランク上の「GeForce GTX 1050Ti」に強化したモデル。
価格も大体5000円アップで、ぎりぎり10万円以下というところ。

ドスパラで「GeForce GTX 10060」を搭載したデスクトップPC




GALLERIA DJ ガレリア DJ

さらに、グラフィックスを
「GeFroce GTX 1060」
へ強化したモデル。
こちらは、本体価格がぎりぎり10万円以下ですが、消費税と送料等で
10万円を超えてしまいますね。

ドスパラでどうしても選ぶなら



GALLERIA DH ガレリア DH

がよさそうです。

つづいて、マウスコンピューターを見ていきます。

マウスコンピューターで「GeForce GTX 1050」を搭載したデスクトップPC


NEXTGEAR-MICRO im600BA1 [Windows 10 搭載]

CPU:Core i3 8100
メモリ:4GB
グラフィックス:GeForce GTX 1050
と、ドスパラと同じで、CPUとメモリが低いです。
入門機としても少し悩ましいところです。
こちらはを買うなら


NEXTGEAR-MICRO im600BA1-TV [Windows 10 搭載]

CPU:Core i5 8400
メモリ:8GB
グラフィックス:GeForce GTX 1050
HDD:1TB
CPUとメモリを強化したモデルです。
送料と消費税を入れると、少しだけ10万円を超えてしまいますが、
現時点で選ぶならこっちですね。


NEXTGEAR-MICRO am540BA3 [Windows 10 搭載]

CPU:AMD Ryzen 7 1700
メモリ:8GB
グラフィックス:GeForce GTX 1050
HDD:1TB

こちらは、CPUがAMD製CPUでを搭載したモデルですね。
上のモデルと価格の違いを考えると悩ましいです。

なお、CPUはIntelを選んでおけばよいと思います。
後々おかしなトラブルに会う機会が少ないと思いますので。

マウスコンピューターで「GeForce GTX 1050 Ti」を搭載したデスクトップPC

デスクトップはありません。
なんというか、潔いというかなんというか。

マウスコンピューターで「GeForce GTX 1060」を搭載したデスクトップPC

中々むずかしいところですが、送料と消費税で10万円を超えてしまうモデル。


NEXTGEAR-MICRO im600SA1 [Windows 10 搭載]

CPU:Core i5 8400
メモリ:8GB
グラフィックス: GeForce GTX 1060
HDD:1TB

第8世代のCPUを搭載したモデルです。
HDD搭載モデルで考えるならこれは、良い選択。


NEXTGEAR-MICRO am540SA3 [Windows 10 搭載]

こちらは、
CPU:AMD Ryzen 7 1700
メモリ:8GB
グラフィックス:GeForce GTX 1060
HDD:1TB

ということで、こちらは、CPUがAMD製。
こちらは、コスパが高いです。

大体このあたりまでですね。

最後に

値段については、ほぼ違いがありません。

マウスコンピューターは
AMD製のCPUを搭載したモデルがあるので、
AMD製のCPUを搭載したモデルを探している人は、
マウスコンピューターを見てみると良いでしょう。
あと、価格を抑えたい人向けといえますね。
なお、AMD製のCPUを搭載したパソコンは、Microsoftの考慮不足で、不具合を受ける場合がありますが、それが気にならない人向け。
ともいえます。

グラフィックス性能で見た場合、
GeForce GTX 1050 Ti
といったグラフィックスのラインアップが豊富なのは、
ドスパラでした。

ここまでくれば、
どちらで購入しても満足いくと思いますので、好きな方で購入すればよいです。

私ならマウスコンピューターで購入するのですが、
人におすすめするなら



GALLERIA DJ ガレリア DJ

送料と消費税をいれると10万円を超えてしまいますが、ゲーム用デスクトップPCコストパフォーマンスが一番良いモデル。
Core i5 8400 + Geforce GTX 1060
の組み合わせが少ないので、逆に選択肢がないというか。
FF14の推奨モデル同等の性能なモデルはこちらだけですし。

マウスコンピューターの製品は、
・光学ドライブが未搭載
・メモリがシングルチャネル
となっており、

ドスパラのほうは
・光学ドライブが搭載
・メモリがデュアルチャネル
となっており、
買ってそのまま使い続ける人が多いと思いますので、万人向けなのはドスパラとなります。

なお、光学ドライブは、なくてもUSBメモリやインターネットなどで代用できますのどなくても最近ではそこまで問題ないと思うなら
マウスコンピューターでも問題ないですね。

メモリは、デュアルチャネルにしたほうが高速になるのですが、比べてみるとわかるレベルです。
メモリの容量による違いはごく一部の動作だけで、多くの操作で違いは出ないです。また、ゲームで8GB以上必要となるものも出てきましたが、
多くの場合問題ないでしょう。

主記憶装置についてはSSDにした方が当然高速で快適ですが、SSDのパソコンを使ったことがなければHDDで問題ないです。

こちらなら、快適にFF14をプレイできますし、今話題のPUBGもある程度快適にプレイできそうですよ。

マウスコンピューター/G-Tune



※なお、構成および価格等については記載時の内容であり、予告なく変更される場合があります。

当サイトおすすめランキング

DAIV/マウス(旧マウスコンピューター

マウスコンピューター/G-Tune
マウスコンピューター クリエイター向けブランドである「DAIV」 ラインアップも豊富です。 ゲーム専用の「G-Tune」もありますが、 ☑急いでいるときはうれしい翌日発送サービス(オプション)
☑安心の国内生産
☑24時間365日の電話サポート
とうれしいポイントがそろってます。

ドスパラ

ドスパラ クリエイター向けブランド「raytrek(レイトレック)」 マウス同様ラインアップは充実してます。 ゲーミング専用モデルである「GALLERIA」もあります。
☑100%国内生産
☑最短即日発送、翌日到着
しかも、
分割手数料24回まで無料

パソコン工房

インテルCore X搭載ハイエンドパソコンなら「パソコン工房」で!
クリエイターパソコン 「SENSE∞ by iiyama」 低価格なモデルからいろいろとあります。

更新日:

Copyright© Windowsレジストリ置き場 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.