各社のテレワーク推奨PCを確認しおすすめを紹介『マウスコンピューター/日本HP/パソコン工房』

昨今のテレワークの推奨を受け、「マウスコンピューター/日本HP/パソコン工房」各社テレワークにあったPCを販売しています。

今回は、そんなテレワークにおすすめなPCを確認してみます。

マウスコンピューター

マウスコンピューターのおススメ テレワークに最適なパソコン特集
icon

個人向けノートPC

マウスコンピューター
Windows 10 Home 64ビット / インテル Core i5-10210U / 8GB PC4-21300 / 256GB SSD / インテル UHD グラフィックス / 14型 フルHDノングレア (1,920×1,080/ LEDバックライト) / 約 1.13kg / インテル Wi-Fi 6 AX201

こちらは14インチの持ち運び可能なノートPC。

マウスコンピューター
Windows 10 Home 64ビット / AMD Ryzen 5 3500U / 8GB PC4-19200 / 256GB SSD / Radeon Vega 8 グラフィックス / 15.6型 フルHDノングレア (1,920×1,080/ LEDバックライト) / 約 1.40kg
期間限定 5,000円OFF!! 2020/12/2 11:00まで

AMD Ryzenを搭載した15インチのノートPC
コスパの高いモデルですね。

マウスコンピューター
Intel Core i5-10210U / 8GB PC4-21300 / 256GB M.2 SSD(SATA)/ DVDスーパーマルチドライブ / Intel UHD グラフィックス / 15.6型 フルHDノングレア (1,920×1,080/ LEDバックライト) / 約 2.1 kg

Intel 第10世代のCPUを搭載したモデル。

個人向けノートPCはデータを直接処理しても問題ないスペックであり、企業での導入も問題ないでしょう。

法人向けノートPC

マウスコンピューター
Intel Core i5-10210U / 8GB PC4-21300 DDR4 SODIMM/ 512GB M.2 SSD (SATA) / Intel UHD グラフィックス / 14.0型 フルHDノングレア(LEDバックライト)/ ンテル Wi-Fi 6 AX200 (最大2.4Gbps/ IEEE802.11ax/ac/a/b/g/n) + Bluetooth 5モジュール内蔵 / 約 1.10kg

こちらは個人向けのX4-i5と同等の性能を有したノートPC。
重量も1.10kgと軽量な部類で、テレワークだけでなくフリーアドレスにも最適です。

省スペースPC

マウスコンピューター
Intel Celeron 4205U / 4GB PC4-19200 DDR4 SODIMM ※PC4-17000で動作 / 64GB SSD / 約 620g ( 本体のみ )

CPUはCeleronと抑えたモデルですし、メモリも4GB。
会社に設置されたPCをリモートデスクトップなど遠隔操作を目的として導入するならありですね。

マウスコンピューター
Intel Core i5-8265U プロセッサー / 16GB PC4-19200 DDR4 SODIMM / 512GB (SATA) / Intel UHD 620 / Intel Wi-Fi 6 AX200 (最大2.4Gbps/ 802.11ax/ac/a/b/g/n) + Bluetooth 5モジュール内蔵

CPUは第8世代ですが、コアは4コアということで性能は十分でしょう。
こうやって見ると、テレワークといってもパソコンのスペックはビジネス用PCですね。

唯一「MousePro-M600CV」がコンソール(遠隔操作)端末となります。

日本HP

【2020年版】HPがおすすめするテレワーク パソコン
icon

日本HPで特徴的なのは、テレワークについて基本や問題点について記載されているところ。
特にセキュリティについて、「情報漏洩が心配」というのアンケート結果があるのも良いですね。
私も情報漏洩が心配で、テレワークをするなら持ち出すPCにデータは残したくないですし。

HP Directplus -HP公式オンラインストア-
Intel Core i7-1065G7 / 16GB オンボード (3200MHz, LPDDR4x SDRAM) / 1TB SSD + 32GB インテル Optane メモリー / 13.3インチワイド・フルHDブライトビュー・IPSタッチディスプレイ(1920×1080)/ Intel Iris Plus / インテル XMM 7560 LTE-Advanced Pro(GPS機能付き)/ 約 1.25kg

こちら以外にもいくつかありますし、置き忘れ防止といった細かいところに気遣いがみられますし、端末のスペックが低くリモートデスクトップ用と考えられるPCも多くラインアップしています。

パソコン工房

【特集】テレワーク/在宅勤務/働き方改革/ 
icon

パソコン工房のテレワークコーナー。
他社と違うのは、簡単の説明もありますが、PCよりもテレビ会議に重きを置いた構成となっています。

パソコン工房
Celeron N4100 / 4GB / 250GB SSD / 光学ドライブ非搭載 / Office Home & Business

最低限のスペックですが、記憶装置がSSDとなっており結構快適に利用できるかと。

テレビ会議で利用するカメラについての記載。

テレビ会議で利用するヘッドセットについての記載

といった製品のほうがPCより詳しく記載されています。

最後に

世の中のテレワークは、持ち出したPCにデータが保存可能な状態で作業しているのが基本となるのでしょうか?
販売されているPCを見ると、7対3ぐらいの割合でPCの性能が分かれています。

全体的に性能が低いモデルでも記憶装置にSSDを採用しており、遅いと感じるシーンは少ないでしょう。
性能が高いモデルは会社で普通に利用しても良いモデルです。

製品によっては、価格が10万円を切る製品もありますが、おすすめとしては以下のとおり。

マウスコンピューター
Windows 10 Home 64ビット / AMD Ryzen 5 3500U / 8GB PC4-19200 / 256GB SSD / Radeon Vega 8 グラフィックス / 15.6型 フルHDノングレア (1,920×1,080/ LEDバックライト) / 約 1.40kg
期間限定 5,000円OFF!! 2020/12/2 11:00まで

10万円以下でありながら、バッテリの動作時間や重量とモバイル向けであることも含めコストパフォーマンスの高い1台ですね。

HP Directplus -HP公式オンラインストア-
Intel Core i7-1065G7 / 16GB オンボード (3200MHz, LPDDR4x SDRAM) / 1TB SSD + 32GB インテル Optane メモリー / 13.3インチワイド・フルHDブライトビュー・IPSタッチディスプレイ(1920×1080)/ Intel Iris Plus / インテル XMM 7560 LTE-Advanced Pro(GPS機能付き)/ 約 1.25kg

こちらは、13インチでWWAN(SIMスロット)搭載したモデルです。
自宅にインターネット回線を持っていない方への貸し出しなどを考えるとモバイルWi-Fiルーターが必要ないですし、テザリングも必要ありません。

会社で検討する事項はPC以外にも多くありますので、一助になればということで。

デスクトップPCとノートPCの選び方。おすすめを用途別/目的別/性能別から比較

本記事では、デスクトップPCとノートPCの選び方とおすすめ機種を紹介しています。 目次1 デスクトップPCの選び方1.1 目的から選ぶ1.2 構成から選ぶ1.3 価格から選ぶ1.4 サイズから選ぶ1. …

© 2020 PCのすすめ|Windowsレジストリ置き場別館