パソコンのメモリの選び方。サイズ別(4GB/8GB/16GB/32GB)おすすめデスクトップPCとノートPCを紹介

メモリサイズ別にデスクトップPCとノートPCからおすすめを紹介しています。

おすすめPC4選

メモリ8GB搭載PCのおすすめ

マウスコンピューター
AMD Ryzen 5 3500 / 8GB メモリ [ 8GB×1 ( PC4-21300 / DDR4-2666 )] / SSD:256GB SSD ( M.2 SATA3 接続 ) / AMD Radeon RX Vega 11 グラフィックス
デスクトップPCならこちら。
標準的なスペックであり、あとからメモリと専用グラフィックスを追加すれば、色々な用途に利用できます。

マウスコンピューター
AMD Ryzen 5 3500 / 8GB メモリ [ 8GB×1 ( PC4-21300 / DDR4-2666 )] / SSD:256GB SSD ( M.2 SATA3 接続 ) / AMD Radeon RX Vega 11 グラフィックス
ノートPCならこちら。
持ち運びも可能でフルHDと画面も広く利用できます。
14インチで1.13kgと軽量な部類ですし、Wi-Fi6に対応しているのも良いですね。

メモリ16GB搭載PCのおすすめ

マウスコンピューター
AMD Ryzen 7 3700X / 16GB メモリ PC4-21300 / 256GB NVMe M.2 SSD / 1TB HDD / GeForce GTX 1660 SUPER
デスクトップPCからはこちら。
メモリが16GBとなると多くのゲームの推奨スペックをクリアしており、安心して購入できます。
ストレージもSSDとHDDのデュアルストレージとなっているのも良いですね。

マウスコンピューター
インテル Core i7-9750H / 16GB PC4-19200 / 256GB NVMe対応 M.2 SSD / 1TB HDD / GeForce MX250 / 15.6型 フルHDノングレア (IPSパネル/ 1,920x1,080/ LEDバックライト) / IEEE802.11 ac/a/b/g/n (最大433Mbps) + Bluetooth 5モジュール内蔵 / 約 2.1kg
Intel Core i7とGeForce MX 250を搭載したモデル。
メモリも潤沢なので、クリエイティブ作業を始めてみたい方にもおすすめです。

マウスコンピューター
AMD Ryzen™ 5 3500 / 16GB PC4-21300 / 512GB NVMe対応 M.2 SSD / インテル Wi-Fi 6 AX201 (最大2.4Gbps)+ Bluetooth 5モジュール内蔵 / GeForce RTX 2060 / 約 2.71kg
Ryzen 5 3500とGeForce RTX 2060でありながら、15万円以下とコスパの良いモデル。
重量が2.71kgと重いので持ち運びには向きませんね。

AKANE072122928_TP_V


目次

メモリに関する基本的な用語について

メモリというのは一時的な作業領域です。

仕事をする上でいえば、「机」といったところです。

まず、用語について確認していきます。

DDR4とは

DDR4 SDRAM - Wikipedia
DDR4 SDRAM - Wikipedia

続きを見る

DDR4というのは、メモリの規格です。

正確にはチップの規格ですので同様な意味合いとして、モジュールの規格があります。
DDR4とPC4
が同義でその後ろにつく数字が速度です。

パソコンによってこの後ろの数字で動く動かない場合があるので、あとから追加する時には注意が必要です。
規格があっていれば、速度は多少ずれていても互換性があって動作する場合が多いです。
ですが、本来の性能が出せない場合があるので、きちんと確認しておきましょう。

デュアルチャネル/トリプルチャネル

メモリは1枚より複数枚ある方が性能があがります。
これは、「デュアルチャネル」や「トリプルチャネル」と呼ばれます。

デュアルチャネル - Wikipedia
デュアルチャネル - Wikipedia

続きを見る

2枚のメモリを1枚とみなし、同時にアクセスすることでメモリへアクセスする時間が半分で良くなります。
弊害もありますが、購入時にメモリ1枚か2枚かで体感速度が変わるだけでなく、CPUの性能まで影響を与える場合もあります。

3枚を1つとして動作させるトリプルチャネルというのもありますが、本当に高性能を求める場合のみですので、頭の片隅においといてください。

さて、基本的な用語はこの程度だと思います。

パソコンの買い替えなら今のパソコンのメモリサイズと利用状況は確認しておいたほうが良いかと思います。

現在のメモリのサイズはパソコンで確認できます。

確認仕方は、
コントロール パネル\システムとセキュリティ\システム
「実装RAM」
から搭載されているメモリサイズがわかります。

今のパソコンが遅いと感じているならタスクマネージャーからメモリの利用状況を確認する必要があります。

キーボードから以下のキーを同時に押下しタスクマネージャーを起動します。

「Ctrl」+「shift」+「ESC」

その後、パフォーマンスタブをクリックし、メモリの利用状況を確認します。
立ち上げただけで「50%」を超えているようであれば少し足りていません。

買い替え後はこうならないよう、一度見ておくとよいでしょう。

パソコンの状態を詳しく知りたければ、
「CPU-Z」
というフリーソフトをダウンロードしインストールすると良いです。

メモリサイズから比較

メモリのサイズがどういったものが最適なのか?
なにを選ぶのが良いのか、すこし見ていきたいと思います。

パソコンのカタログに書かれているものから逆に性能と利用可能な用途を見ていきたいと思います。

「4GB」

最近パソコンに搭載されている「4GB」のパソコンは
CPUは「atom、Celron、Core i3」といった下位グレードのものですね。
記憶領域は、「HDD 500GB~、SSD 128GB~」といったもの。

一般的に「エントリーモデル」と呼ばれることが多く安価ですが性能は低めです。

価格も3万円~5万円あたりといったところですね。
紹介されている作業内容も、WordやExcel、インターネットの閲覧といったものが一般的です。
このあたりは、スマートフォンやタブレット端末とも競合しますが、アプトプットメインであればこのあたりでもよいですね。

「8GB」

価格的には中ランク。
少し良いものをとなるとこのランクになりますね。
CPUは「Core i5」前後です。
記憶領域は「SSD256GB~512GB、HDD1TB」あたりでしょうか。

価格は少し上がって7万円~10万円ぐらいですかね。

WordやExcelといった作業に簡単な動画編集や画像処理といった作業までこなすことができるモデル。
多くの人はこの辺りまでで満足できると思います。

「16GB」

中ぐらいから上位の性能
CPUは「Core i7」といった上位モデル
記憶領域も「SSD 512GB、HDD 2TB」といったものや両方搭載したものになります。

あと、画像処理についても専用の機器が用意され「Gefroce GTX」「RADEON」といったものが記載されているようになります。

このクラスは専門性の高い処理を目的とし、ディスプレイも2台~といった贅沢な使い方もできるモデルが多くなります。
漫画家さんや動画編集をメインとするような使い方、さらにゲームに特化したようなものもこの辺りのモデルが多いです。

ということで、メモリとCPUの性能はバランスがあり、どのあたりのスペックが必要かメモリとCPUの性能は併せてみておきましょう。

CPUは「Core i7」だけどメモリは「4GB」というのはアンバランスですし。
記憶領域はどうしてもパソコン全体の速度を決めるモノになってきているので、SSD搭載モデルを選択しておきましょう。

「32GB」

メモリを32GB搭載したモデルは中々ありません。
ただ、クリエイター向けPCは一般的なPCよりメモリが必要であり、現在では、32GBが標準となっています。
ゲーム用の高性能なモデルもこのサイズのモデルがあります。

当然価格も上がりますが、性能も十分です。
専門的な用途となりますので、必要となる方は少ないかもしれません。

「64GB」

一般的な用途だけでなく、ゲーム用PCでもオーバースペックとなります。
クリエイター向けでも大量のメモリが必要となる、動画編集、加工といったPCを探している方向けです。

各サイズのおすすめPC

ここでは、各メモリサイズの中でもおすすめのPCを紹介しています。

メモリ4GBを搭載したPC

ここでは、メモリ4GBを搭載したデスクトップPCとノートPCを紹介します。

メモリ4GBを搭載したデスクトップPC:マウスコンピューター

AMD Athlon 200GE / 4GB PC4-21300 / 128GB M.2 SSD ( M.2 SATA3 接続 ) / AMD Radeon Vega 3
AMD Athlonを搭載し3万円台のエントリーモデル。
省スペースモデルのためディスプレイの横や下においても問題ないモデルです。

マウスコンピューター
AMD Athlon 200GE / 4GB メモリ [ 4GB×1 ( PC4-21300 / DDR4-2666 )] / SSD:128GB SSD ( M.2 SATA3 接続 ) / AMD Radeon RX Vega 3 グラフィックス
上記モデルと同じAMD Athlonを搭載し3万円台のモデル。
インターネットの閲覧や、動画の閲覧ならどちらも十分な性能です。

メモリ4GBを搭載したデスクトップPC:パソコン工房

パソコン工房
AMD Athlon 200GE / DDR4-2666 DIMM(PC4-21300) 4GB(4GB×1) / 240GB Serial-ATA SSD / DVDスーパーマルチ / Radeon Vega 3 Graphics
AMD Athlonを搭載したスリムモデル。
記憶装置にSATA SSDを採用しており、HDDモデルより高性能。
サイズも240GBとネットサーフィンぐらいであれば問題ありません。

メモリ4GBを搭載したデスクトップPC:日本HP

HP Directplus -HP公式オンラインストア-

日本HPでは法人向けを紹介。
法人向けでも個人でも購入できます。

デュスプレイの後ろに取り付け可能な小型PC。
モニターセットモデルもあり、2台目のPCを探している方にもよいですね。

メモリ4GBを搭載したノートPC:マウスコンピューター

マウスコンピューター
Intel Celeron N4100 / 4GB PC4-21300 ※PC4-19200で動作 / 120GB SSD / 11.6型 HDノングレア (1,366×768/ LEDバックライト) / 約 1.2kg
11.6インチ液晶、約1.2kgと何とか持ち運びも可能。
自分の部屋で作業をするためのサブPCとしても良いですね。
WordやExcelといった軽めの作業なら十分こなせます。

メモリ4GBを搭載したノートPC:パソコン工房

パソコン工房
Celeron N4100 / DDR4-2400 S.O.DIMM (PC4-19200) 4GB(4GB×1) / 240GB Serial-ATA SSD / 5.6型(非光沢カラー液晶) フルHD / 約2.01kg(※バッテリー含む)
15.6インチフルHD液晶のスタンダードノートPC。
SSDを搭載していながら3万円台と手が出しやすいのも特徴です。

パソコン工房
Celeron 4205U / DDR4-2133 S.O.DIMM (PC4-17000) 4GB(4GB×1) / 240GB Serial-ATA SSD / DVDスーパーマルチ / UHD Graphics 610 / 17.3型(非光沢カラー液晶) フルHD(1920×1080ドット) / 約2.38kg(※バッテリー含む)
17.3インチ液晶を搭載したモデルとしては、最も安価です。
DVDスーパーマルチドライブを搭載しており家族でDVDを見たいならこういったPCでも良いですね。

メモリ4GBを搭載したノートPC:日本HP

HP Directplus -HP公式オンラインストア-
AMD Athlon Silver 3050U / 4GB (4GB×1) DDR4-2400MHz / 128GB SSD (SATA M.2) / 14.0インチワイド・フルHDブライトビュー・IPSディスプレイ(1920×1080)光沢 / AMD Radeon グラフィックス / 約 1.53kg
4.0インチワイド フルHD液晶を搭載したノートPc。
SSDは128GBと少な目です。重量は、1.5kgと標準的なモデルです。
納期がかかるので、急いでいる方にはちょっと残念。

メモリ8GBを搭載したPC

ここでは、メモリ8GBを搭載したデスクトップPCとノートPCを紹介します。

メモリ8GBを搭載したデスクトップPC:マウスコンピューター

マウスコンピューター
AMD Ryzen 5 3500 / 8GB メモリ [ 8GB×1 ( PC4-21300 / DDR4-2666 )] / SSD:256GB SSD ( M.2 SATA3 接続 ) / AMD Radeon RX Vega 11 グラフィックス
AMD Ryzen 5 3400Gを搭載したモデル。
ゲームをしないなら十分な性能です。
あとから専用グラフィックスを追加するなら、GTX 1650にしておきましょう。

マウスコンピューター
AMD Ryzen 5 3500 / 8GB メモリ [ 8GB×1 ( PC4-21300 / DDR4-2666 )] / SSD:256GB SSD ( M.2 SATA3 接続 ) / GeForce GTX 1650 SUPER
専用グラフィックスGeForce GTX 1650 SUPERを搭載したモデル。
スペック的にもゲームの入門機としても十分な性能です。

メモリ8GBを搭載したノートPC:マウスコンピューター

マウスコンピューター
AMD Ryzen 5 3500U / 8GB PC4-21300 ※PC4-19200で動作します / 256GB SSD / Radeon Vega 8 グラフィックス / 14型 フルHDノングレア (1,920×1,080/ LEDバックライト) / インテル Wireless-AC 9260 (最大1.73Gbps/ 802.11ac/a/b/g/n) + Bluetooth 5 ※連続160MHz帯域対応HT160機器が必要 / 約 1.13kg
期間限定 10,000円OFF!! 2021/1/20 11:00まで
14インチフルHD液晶を搭載したモデル。
AMD Ryzen搭載モデルで安価であり、重量も1.13kgと軽量な部類で家庭内の持ち運びも負担になりません。

メモリ8GBを搭載したノートPC:パソコン工房

パソコン工房
Intel Celeron N4120 / DDR4-2400 S.O.DIMM (PC4-19200) 8GB(4GB×2) / 240GB Serial-ATA SSD / 1TB Serial-ATA HDD / 光学ドライブ非搭載 / UHD Graphics 600 / 15.6型(非光沢カラー液晶)
15.6インチ液晶とスタンダードモデル。
メモリ8GBもデュアルチャネルですし、記憶装置にはSSDとHDDのデュアルストレージが採用されています。
初めてのPCとしても良いですね。

メモリ16GBを搭載したPC

ここでは、メモリ16GBを搭載したデスクトップPCとノートPCを紹介します。

メモリ16GBを搭載したデスクトップPC:マウスコンピューター

マウスコンピューター
AMD Ryzen 7 3700X / 16GB メモリ PC4-21300 / 256GB NVMe M.2 SSD / 1TB HDD / GeForce GTX 1660 SUPER
GeForce GTX 1660 SUPERを搭載したモデル。
メモリが16GBとなると多くのゲームの推奨スペックをクリアしており、安心して購入できます。
ストレージもSSDとHDDのデュアルストレージとなっているのも良いですね。

メモリ16GBを搭載したノートPC:マウスコンピューター

マウスコンピューター
インテル Core i7-9750H / 16GB PC4-19200 / 256GB NVMe対応 M.2 SSD / 1TB HDD / GeForce MX250 / 15.6型 フルHDノングレア (IPSパネル/ 1,920x1,080/ LEDバックライト) / IEEE802.11 ac/a/b/g/n (最大433Mbps) + Bluetooth 5モジュール内蔵 / 約 2.1kg
Intel Core i7とGeForce MX 250を搭載したモデル。
メモリも潤沢なので、クリエイティブ作業を始めてみたい方にもおすすめです。

マウスコンピューター
AMD Ryzen™ 5 3500 / 16GB PC4-21300 / 512GB NVMe対応 M.2 SSD / インテル Wi-Fi 6 AX201 (最大2.4Gbps)+ Bluetooth 5モジュール内蔵 / GeForce RTX 2060 / 約 2.71kg
Ryzen 5 3500とGeForce RTX 2060でありながら、15万円以下とコスパの良いモデル。
重量が2.71kgと重いので持ち運びには向きませんね。

メモリ32GBを搭載したPC

ここでは、メモリ32GBを搭載したデスクトップPCとノートPCを紹介します。

メモリ32GBを搭載したデスクトップPC:マウスコンピューター

AMD Ryzen 7 3800XT / 水冷CPUクーラー 240mm長型ラジエーター / 32GB PC4-25600 / 1TB NVMe対応 (Gen4×4接続) M.2 SSD / 2TB HDD / DVDスーパーマルチドライブ / GeForce RTX 3080
AMD Ryzen 7 3800XTとGeForce RTX 3070を搭載したモデル。
メモリだけでなく、ストレージも高性能であり、ゲームも快適なだけでなくクリエイティブな作業も十分こなせます。

マウスコンピューター
intel Core i7-10700 / 16GB PC4-21300 / 256GB NVMe対応 M.2 SSD / 2TB HDD / GeForce RTX 2060 SUPER
Intel Core i9とGeForce GTX 1650 SUPERを搭載したモデル。
イラストや写真加工、RAW現像や2D CAD等で高性能なPCを探している方にお勧めのデスクトップPC

メモリ32GBを搭載したノートPC:マウスコンピューター

マウスコンピューター
Intel Core i7-9750H / 32GB PC4-21300 / 512GB NVMe対応 M.2 SSD / 1TB HDD / GeForce MX250 / 15.6型 フルHDノングレア (IPSパネル/ 1,920x1,080/ LEDバックライト) / IEEE802.11 ac/a/b/g/n (最大433Mbps) + Bluetooth 5モジュール内蔵 / 約 2.1kg
期間限定 10,000円OFF!! 2021/1/20 11:00まで
15.6インチのスタンダードノートPC。
標準モデルでは珍しく潤沢なメモリを搭載しています。
記憶装置もデュアルストレージでメインのSSDには5122GBと多数のソフトウェアをインストールしても安心です。

マウスコンピューター
Intel Core i7-10870H / 16GB PC4-21300 / 512GB NVMe対応 M.2 SSD / 15.6型 フルHDノングレア / GeForce RTX 2060 / 約 1.77kg
期間限定 20,000円OFF!! 2021/1/20 11:00まで
15.6インチのクリエイター向けノートPC。
GeForce RTX 2060を搭載しており、3D CADや動画編集などにおすすめなノートPCです。

最後に

メモリサイズ別に確認しました。
目的が決まっていなければ、8GBや16GBから選ぶと良いでしょう。

メモリ8GB搭載PCのおすすめ

マウスコンピューター
AMD Ryzen 5 3500 / 8GB メモリ [ 8GB×1 ( PC4-21300 / DDR4-2666 )] / SSD:256GB SSD ( M.2 SATA3 接続 ) / AMD Radeon RX Vega 11 グラフィックス
デスクトップPCならこちら。
標準的なスペックであり、あとからメモリと専用グラフィックスを追加すれば、色々な用途に利用できます。

マウスコンピューター
AMD Ryzen 5 3500 / 8GB メモリ [ 8GB×1 ( PC4-21300 / DDR4-2666 )] / SSD:256GB SSD ( M.2 SATA3 接続 ) / AMD Radeon RX Vega 11 グラフィックス
ノートPCならこちら。
持ち運びも可能でフルHDと画面も広く利用できます。
14インチで1.13kgと軽量な部類ですし、Wi-Fi6に対応しているのも良いですね。

メモリ16GB搭載PCのおすすめ

マウスコンピューター
AMD Ryzen 7 3700X / 16GB メモリ PC4-21300 / 256GB NVMe M.2 SSD / 1TB HDD / GeForce GTX 1660 SUPER
デスクトップPCからはこちら。
メモリが16GBとなると多くのゲームの推奨スペックをクリアしており、安心して購入できます。
ストレージもSSDとHDDのデュアルストレージとなっているのも良いですね。

マウスコンピューター
インテル Core i7-9750H / 16GB PC4-19200 / 256GB NVMe対応 M.2 SSD / 1TB HDD / GeForce MX250 / 15.6型 フルHDノングレア (IPSパネル/ 1,920x1,080/ LEDバックライト) / IEEE802.11 ac/a/b/g/n (最大433Mbps) + Bluetooth 5モジュール内蔵 / 約 2.1kg
Intel Core i7とGeForce MX 250を搭載したモデル。
メモリも潤沢なので、クリエイティブ作業を始めてみたい方にもおすすめです。

マウスコンピューター
AMD Ryzen™ 5 3500 / 16GB PC4-21300 / 512GB NVMe対応 M.2 SSD / インテル Wi-Fi 6 AX201 (最大2.4Gbps)+ Bluetooth 5モジュール内蔵 / GeForce RTX 2060 / 約 2.71kg
Ryzen 5 3500とGeForce RTX 2060でありながら、15万円以下とコスパの良いモデル。
重量が2.71kgと重いので持ち運びには向きませんね。

© 2021 PCのすすめ|Windowsレジストリ置き場別館