SSD搭載ノートPCのおすすめは?ドスパラ、マウスコンピューター、パソコン工房とDell、日本HPから比較

今回は、
SSDを搭載したノートPCについてみていきたいと思います。

容量と価格を考えるなら、「SSDとHDDを搭載したノートPC」が良いのですが、
今回は、SSDのみ搭載したノートPCです。

なお、
SSDとHDDを搭載したノートPCについては、
【2018年版】SSDとHDDを両方搭載したノートパソコンはある?おすすめは?ハイブリッド?デュアルストレージ?選び方も | Windowsレジストリ置き場

モバイルノートPCについては、
【軽い】モバイルノートPCのおすすめは?SSD搭載モデルから比較【11.6インチ?13.3インチ?14インチ?】 | Windowsレジストリ置き場

にまとめています。

おすすめは、
ドスパラだと



Critea DX-KS H3 Proモデル クリテア DX-KS H3 Pro

こちら

マウスコンピューターでは

m-Book B507E [ Windows 10 搭載 ]

こちらと

m-Book B507H [ Windows 10 搭載 ]
ですね。

では、SSD搭載ノートPCについてです。
まず、SSDとはどういったものかですが、

SSDとは

https://ja.wikipedia.org/wiki/Flash_SSD

Flash SSD – Wikipedia

 

Flash SSD (フラッシュエスエスディー、英語: Solid State Drive, SSD)とは、半導体メモリをディスクドライブのように扱える補助記憶装置の一種である。シリコンドライブ、半導体ドライブ、メモリドライブ、擬似ディスクドライブなどとも呼ばれる。

実際のところFlash SSDとは呼ばれることはなく、単にSSDと呼ばれることが最近は一般的ですね。

HDDは
・読み込みと書き込みが低速
・安くて大容量
・軸を中心に円盤が回っている
・消費電力高い

SSDは
・読み込みと書き込みが高速
・高くて小容量
・軸がなく回っていない
・消費電力が低い

といった特徴があります。

SSDは値段が高いですが、それを上回るメリットがあります。

なぜなら、
PCの中で一番遅いところは、
HDDやSSDといったストレージ(保存領域)です。

これが高速になれば、パソコンの体感速度大きく変わるので、今までSSDを搭載したことがなければ
別次元
と感じるはずです。

SSDの容量はどう選ぶ?

SSDのパソコンは高速なのですが、高価。
そのため、SSDの容量と価格についてみておきます。

今回は、
ドスパラ

で、HDDとSSDのみを見ておきます。

120GB :3千円~
240GB :4千円~
480GB :8千円~
960GB :1万8千円~

となっています。

HDDではどうかというと
500GB :3千円~
1TB  :4千円~
2TB  :5千円~
3TB  :6千円~

となっており、やはり安くて大容量ですね。
※価格は大体の金額です。

ちなみに容量から利用可能な用途例を挙げておくと

120GB :Officeのみといったビジネス用途といった専用機向け。
240GB :Officeだけでなく、ちょっとしたゲームなど。多くの方はこのサイズ以上がおすすめ。
480GB :家族みんなで利用するような場合やちょっとしたデータの保存も考えるならこのサイズ以上がおすすめ。
960GB :ゲームだけでなく、音楽や動画を保存しても十分なサイズ。

じゃあ、容量が少ないと上記以外には向かないかというとそうでもなく、
外付けHDDなどを利用することにより、データの保存は外付けHDDと使い分けをすれば、
クリアできる場合もあります。

120GB前後のSSDを搭載したノートPC

では、SSDの容量から各社の販売しているノートPCを見ていきます。

マウスコンピューター:120GB前後のSSD搭載ノートPC


m-Book J321EN-S1 [ Windows 10 搭載 ]

こちらは、画面サイズが大きくなり
13.3インチの120GBSSD搭載ノートPC
となります。
スペックは上記モデルとあまり変わりませんが、
1.5Kgと少し重くなります。
持ち運ぶにはこのあたりが限界ですね。
ただし、バッテリーが8時間以上ととなっているので、長時間外出先で利用しても
使えなくなる機会はなさそうです。

ドスパラ:120GB前後のSSD搭載ノートPC




Altair VH-AD3NS SSD搭載モデル アルタイル VH-AD3NS

ドスパラのSSD 120GBを搭載したノートPC
CPUは、Celron N3450
メモリは4GB
となっており、
ビジネス用途やサブノートとして利用するのもってこいなモデルですね。
価格も5万円以下となっており、買いやすいです。

液晶は光沢(グレア)なので、動画鑑賞などには良いのですが、
WordやExcelがメインならちょっと目が辛いかもしれませんね。

パソコン工房:120GB前後のSSD搭載ノートPC

もともとは販売されていたのですが、現在は販売終了したため購入できるモデルがありませんでした。

240GB前後のSSDを搭載したノートPC

マウスコンピューター:240GB前後のSSD搭載ノートPC


m-Book J321SN-S2 [ Windows 10 搭載 ]

240GB SSD搭載ノートPC
m-Book J321E2N-S1
からSSDの容量が倍の240GBとなっているので、
データを保存した状態でも問題ないノートPCとなります。


m-Book B507E [ Windows 10 搭載 ]

15.6インチ 240GB SSD搭載ノートPC
です。
入門機としては、十分です。
ただし重量が
2.0kg
となり持ち運びは少し難しいかと。

一人暮らしで1台ノートPCを持っておくならこのあたりのスペックから考えてみても良いです。

ドスパラ:240GB前後のSSD搭載ノートPC




Critea DX-KS H3 Proモデル クリテア DX-KS H3 Pro

15.6インチのスタンダードノート
1.8kgとこのサイズでは軽量な部類かと。
とはいえ、日常的に持ち運ぶのは難しいです。

光学ドライブも搭載していませんが、
「学校・官公庁・法人のお客様のパソコン」
となっており、確かに企業ではもう光学ドライブなくても問題ないですね。




Critea VF-AGKR SSDモデル クリテア VF-AGKR

17.3インチと大画面液晶を搭載したノートPC
DVDスーパーマルチドライブも搭載しているので、家族で一緒にDVDを見たりという使いかもできますね。
また、メモリも8GBと十分です。

大きいだけあって重量が2.8kgとなっており、
自宅のデスクトップPCの代わりに購入するにはちょうど良いでしょう。

パソコン工房:240GB前後のSSD搭載ノートPC


STYLE-15HP012-C-CES [Windows 10 Home]

Windows 10 Home 64ビット Celeron N3450
CPU統合チップセット
DDR3L-1600 S.O.DIMM (PC3-12800) ※1.35V 低電圧 4GB(4GB×1)
240GB Serial-ATA SSD
光学ドライブ非搭載
HD Graphics 500
15.6型(非光沢カラー液晶) HD(1366×768ドット)

一般的な利用ならこれで十分ですが、
光学ドライブもついていないので、サブノートとして利用するPCを探している人向けですね。

480GB前後のSSDを搭載したノートPC

マウスコンピューター:480GB前後のSSD搭載ノートPC


m-Book R500SN-M2S5 [ Windows 10 搭載 ]

OSWindows 10 Home 64ビット
CPUインテル® Core™ i7-8565U プロセッサー
グラフィックスGeForce® MX150
メモリ8GB PC4-19200
⇒【2019/1/24 15時より】16GB PC4-19200 へアップグレード
M.2 SSD512GB
液晶パネル15.6型 フルHDノングレア (1,920×1,080/ LEDバックライト)
無線IEEE802.11 ac/a/b/g/n (最大433Mbps) + Bluetooth 5モジュール内蔵
重量約 1.7kg

15.6インチの512GB M.2 SSD搭載ノートPC
です。
2kgを切るノートPCでありながら、専用グラフィックスを搭載しており、
ちょっとしたゲームだけでなく、
動画や画像編集といった作業も快適にこなせます。
画面サイズもフルHD(1,920×1,080)
のノングレア液晶なので、長時間の作業も問題ありません。

家族用に1台探しているならこのあたりをベースに考えてみるとよいですね。


NEXTGEAR-NOTE i5330GA2-C [Windows 10 搭載]

こちらは、15.6インチフルHD液晶搭載の512GBのSSD搭載ゲーミングノートPC
です。
※今だけ512GBから高速なNVMeSSD 512GBグレードアップ(2019/3/10現在)
グラフィックスに
GeForce GTX 1050
を搭載しており、多くのゲームを楽しむことができます。

ただ、重量は
2.5kg
と結構重いので据え置きとして使うことが多い方向けですね。

960GB前後のSSDを搭載したノートPC

マウスコンピューター:960GB前後のSSD搭載ノートPC


DAIV-NG4500H2-S10-C [ Windows 10 搭載]

14インチフルHD(1,920×1,080)960GB SSD搭載クリエイターノートPC
です。

さすがにこのサイズになってくると、
CPU、メモリも問題ないレベルですし、
グラフィックスも
GeForce GTX 1050
を搭載しておりクリスタといったイラスト作成だけでなく
多くのゲームの必須性能をクリアしているので
プレイすることができるできますね。

重量が2,2Kgとなっており、日常的に持ち運ぶことはないけど
たまには持ち運びたい方には良いと思います。

最後に

マウスコンピューターについては、ディスプレイサイズおよびSSDサイズが万遍なくありました。
対照的に、
ドスパラについては、480GB以上のSSDを標準搭載したモデルはありませんでした。
その代わりに、HDDを追加できるカスタマイズはあります。
また、マウスコンピューターは11.6インチとコンパクトなノートPCがありますが、
ドスパラは、13インチからとなっています。

目的が決まっておらず、高速なノートPCを探すならマウスコンピューター
のほうが良いでしょう。
あまり数が多いと絞れないから、ということであれば
ドスパラから選ぶというのもありですね。

当サイトおすすめランキング

DAIV/マウスコンピューター

マウスコンピューター/G-Tune
マウスコンピューター クリエイター向けブランドである「DAIV」 ラインアップも豊富です。 ゲーム専用の「G-Tune」もありますが、 ☑急いでいるときはうれしい翌日発送サービス(オプション)
☑安心の国内生産
☑24時間365日の電話サポート

と、うれしいポイントがそろってます。

今なら、期間限定で
36回まで分割手数料無料
※2019/3/29 15時まで

ドスパラ

ドスパラ クリエイター向けブランド「raytrek(レイトレック)」 マウス同様ラインアップは充実してます。 ゲーミング専用モデルである「GALLERIA」もあります。
☑100%国内生産
☑最短即日発送、翌日到着

今だけ、最大60回まで分割手数料無料!
※2019/2/28まで

パソコン工房

BTOパソコン・パソコン関連商品がお買い得!パソコン工房のセール
ゲーミングパソコン
「LEVEL∞ by iiyama」
低価格なモデルからCore i7搭載の高性能モデルといろいろとあります。
CPUの性能を抑えて高性能なグラフィックボードを搭載したモデルを選べるのは、
パソコン工房のポイントです。
今だけ、
48回まで分割手数料0円

更新日:

Copyright© Windowsレジストリ置き場 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.