【祝】マウスコンピューター「DAIV」とコラボしたクリエイターノートPC|とあるシステム管理者が考えるおすすめモデル

折を見て、パソコンの選び方やおすすめ機種を紹介してきた当サイトですが、
この度国内BTOPCメーカーである、

マウスコンピューター
icon

とコラボモデルを販売することになりました。

なぜクリエイターPCを紹介しているか?

クリエイターの方々は、パソコンに詳しくないことが多く
そして、かなりハードな利用をされます。

また、パソコンを準備するシステム管理者はクリエイターがどういった利用をしているか分かり辛いかと。
そのため、予算を優先しミスマッチが発生するか、必要な性能が想像できずオーバースペックなPCを購入し余計なコストかけてしまいます。

私自身身近に現役DTPクリエイターがいるのですが、その使い方に唖然としました。
※あくまで私見ですが、一般的な感覚とかなり異なるハードな使い方を普通にします。
逆にそれを見ていなければ、クリエイターの使い方を理解できず必要な性能を理解できませんでした。

そういった経験を踏まえ、
クリエイターに必要な性能を持ちつつ、予算内でPCを選定するシステム管理者の方のためにも、
今回の運びとなりました。

クリエイターPCに「DAIV」を選んだ理由

私の知る限り、クリエイター向けPCに現在最も力を入れているメーカーです。

その他メーカーと比較してもラインアップや考え方で共感できる部分が多く
ユーザーニーズを考えるとマウスコンピューターから確認していることが多かったです。

併せて特筆すべきは、ラインアップの豊富さです。
マウスコンピューターでは、
デスクトップPCもノートPCも用途毎に分かれており、選びやすいというのも特徴的でした。

今期は昨年に比べ、クリエイター向けノートPCのラインアップが増え
選択肢が多くなったので目的にあったものを選びやすくなったのですが、
気になる製品が多くなり結果選べないということもあるかと。

そのため、製品の中でも
必要な方へ届けたい。
という思いで今回3製品を特別にカスタマイズした形での販売をお願いし、商品化していただきました。

サポート面の強さ

マウスコンピューターの強みは購入後のサポートの強さです。

  • 24時間365日電話サポート
  • 72時間で修理完了

パソコンの不具合で作業できないとなると困ります。
クリエイターがそういった場面に出くわして途方に暮れるのは、
大体メーカーのサポート対象の時間外。

そんな場合でも
24時間365日電話サポート
があるマウスコンピューターなら問題が解決し、作業が継続できるかもしれません。

やはり、電話で相談できるのは強みですよね。

コラボモデルの性能は?

今回は、あえてクリエイター向けノートPCを選びました。

理由は、マウスコンピューターでは
ノートPCにデスクトップの性能
を持ったモデルがあるからです。

ノートPCでは、携帯性や静粛性を優先し、コンパクトに収めるために性能を犠牲にすることが一般的です。

しかし、性能を犠牲にするのではなく、携帯性や静粛性より性能を重視するユーザーもいます。
そんな方のために、
性能を犠牲にしない
しかし、持ち運びも可能なノートPCをメインに選びました。

ノートPCでは、CPU性能が低くストレージも低速でデスクトップPCより高いというのが当たり前でした。
しかし、マウスコンピューターのクリエイター向けノートPCは性能を犠牲にしていません。

そのため、
外出先でも高い性能をもったノートPCが欲しい
方のため、
そういった性能をもったPCを優先して選びました。

コラボレーション内容

今回選定した機種は3つ。
その中でもラインアップの間でユーザーのニーズをカバーできていないモデルを商品化していただきました。

エントリーモデル「DAIV-NG5300」

OS Windows 10 Home 64ビット
CPU Intel Core i5-9400
グラフィックス GeForce MX250
メモリ 16GB (8GB×2)DDR4 PC-19200
SSD 500GB SATA接続
液晶 15.6インチノングレア フルHD液晶ディスプレイ
販売価格 109,800円
詳細 Windowsレジストリ置き場限定モデルを確認する
icon

※2019年10月10日現在

こちらは、デスクトップPC向けCPUを搭載しており、ノートPCのCore i7と同等の性能です。
専用グラフィックスである GeForce MX250はデスクトップ向けGT 1030同等以上。
ClipStudioPaintといったイラストだけでなく、PhotoshopやRAW現像でも高い性能を発揮しつつ、
価格を抑えたモデルとなります。

現在販売されているモデルでは標準モデルのサイズが256GBと心もとないのでカスタマイズし500GB へアップしています。
パソコンで最も体感速度に影響するのは主記憶装置です。
HDDではなくSSDを採用することにより、価格以上の体感が期待できるモデルです。

また、本モデルはNTSC比 約94%(参考値 Adobe RGB比換算 約98%相当)ということで、色の再現率にこだわる方にもおすすめです。

参考:

スタンダードモデル「DAIV-NG5810」

OS Windows 10 Home 64ビット
CPU Intel Core i7-9750H
グラフィックス GeForce RTX 2060
メモリ 32GB (16GB×2)DDR4 PC-19200
SSD 500GB Intel 660P NVMe
液晶 15.6インチノングレア フルHD液晶ディスプレイ
販売価格 189,800円
詳細 Windowsレジストリ置き場限定モデルを確認する
icon

※2019年10月10日現在

こちらは、ノート向けCPUを採用しているのは残念ですが、そうは言っても、Core i7を採用しています。
メモリも潤沢な32GBとこれから長く利用することを考える場合でも増設の必要はないでしょう。
それだけでなく、専用グラフィックスにGeForce RTX 2060と動画編集をメインとする方にも満足いく性能となっています。

参考:

ハイスペックモデル「DAIV-NG7700」

OS Windows 10 Home 64ビット
CPU Intel Core i9-9900K
グラフィックス GeForce RTX 2080
メモリ 64GB (16GB×4)DDR4 PC-19200
SSD 1TB Intel 660P NVMe
液晶 17.3インチノングレア 4K-UHD液晶ディスプレイ
販売価格 399,800円
詳細 Windowsレジストリ置き場限定モデルを確認する
icon

※2019年10月10日現在

マウスコンピューターのクリエイター向けノートPCのフラッグシップモデル。
Adobe RGB比 100%
と画質にも性能にもこだわる方向けのノートPCです。
重量が約4.4kgと重量がありますが、この性能を持ち運べるモデルは他にありません。
本モデルは主記憶装置をM.2 NVMe SSDである Intel 660p 1TBとし複数のSSDを搭載するのではなく価格と性能のバランスをとったモデルとなります。

参考:

最後に

今回コラボモデルの選定にあたり、
私の考えるユーザーニーズから提案させていただき
担当者にもご理解いただきました。

今年の販売されているモデルは、商品特徴と私の考えるユーザーニーズとの組み合わせはかなり悩みました。
結果、企業やハイアマチュア、個人のプロの方にも満足していただけるモデルになったのではないかと思っています。

そういった方に、最適な選択肢を提供し、ニーズに見合ったモデルが選んでいただければ幸いです。

2019年10月10日

Copyright© Windowsレジストリ置き場 , 2019 All Rights Reserved.