Windows 10 Windows 7 Windows 8.1 グループポリシー

[GP][WMP]「自動更新を禁止する」のレジストリ

投稿日:

今回は、
Windows Media Playerの「自動更新を禁止する」で利用されているレジストリについてです。

コンピューターの構成>管理用テンプレート>Windowsコンポーネント>Windows Media Player
えぇと「Windows Media Player」のグループポリシーのレジストリです。

1.保存場所
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Policies\Microsoft\WindowsMediaPlayer

DisableAutoUpdate(REG_DWORD)

有効    :1
無効    :0

このポリシー設定を使用すると、[初期設定ダイアログ ボックスを表示しない] をオフにできます。

このポリシー設定を有効にすると、ユーザーが Windows Media Player を初めて起動したときに、[プライバシー オプション] ダイアログ ボックスと [インストール オプション] ダイアログ ボックスが表示されません。

このポリシー設定が有効な場合は、ユーザーが Windows Media Player を初めて起動したときに、プライバシー、ファイルの種類、およびその他のデスクトップ オプションを選択するダイアログ ボックスが表示されません。一部のオプションは、他の Windows Media Player グループ ポリシーを使用して構成できます。

このポリシーを無効にした場合、または構成しなかった場合は、ユーザーが Windows Media Player を初めて起動したときに、これらのダイアログ ボックスが表示されます。

う~ん。
初めて起動するときにダイアログを表示するかどうかですね。

ではでは。



[PR]
———————————————>
Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

インテルCore X搭載ハイエンドパソコンなら「パソコン工房」で!
———————————————

-Windows 10, Windows 7, Windows 8.1, グループポリシー
-,

Copyright© Windowsレジストリ置き場 , 2019 All Rights Reserved.