コラム

WIndows 7 有償延長サポート ESU(Extended Security Updates)について

さて、2020年1月14日をもって「Windows 7」のサポートが終了しましたが、
Microsoftにお金を払うことで、引き続きサポートを受けつつ利用することができるサービスがあります。

Microsoftの一般向けアナウンス

まず、Windows 7のサポート期限についてのマイクロソフトの公式情報を確認しておきます。

Windows 7 コンピュータは動かなくなってしまうのですか?
いいえ。Windows 7 のサポートが中止されるだけで、ソフトウェアは引き続き動作します。2020 年 1 月 14 日以降には、コンピューターで Windows 7 を実行していても、セキュリティ更新ができなくなります。したがって、Windows 10 などの最新のオペレーティングシステムに移行することが重要です。最新のセキュリティ更新プログラムによって、ユーザーとデータの安全性が守られます。さらに、Microsoft カスタマーサービスではこれ以降、Windows 7 のテクニカルサポートを提供いたしません。

Windows 7 のサポート終了情報 – Microsoft

ここでは、延長サポートについては触れられいません。

一般ユーザーには、Windows 10へ更新を案内するのは正しいのですが、中小企業や大企業ではすぐに更新することができないユーザーもいます。

じゃあどうするかというお話ですね。

マイクロソフトは企業向けに有償で延長サポート提供している

Microsoftは以前より大企業向けライセンスを導入しているユーザー向けに有償で延長サポートを提供してきました。
今回はさらに中小企業まで提供する対象範囲を広げることになりました。

企業向けライセンスであるボリュームライセンス管理(VLSC)からの申し込みは2019年4月より可能となっており大企業の管理者の方は計画的に対応できました。

問題は、
2019年10月に有償延長サポートを中小企業にも拡大
するといったことです。

Windows 7 の拡張セキュリティ更新プログラムに関する FAQ

中小企業がWindows 7 の有償延長サポートを受けるにはCSP(クラウド ソリューション プロバイダー)か間接プロバイダー(間接リセラー)から提供を受ける必要があります。
クラウド ソリューション プロバイダー経由での Windows 7 ESU の購入 – Windows Blog for Japan

間接プロバイダーについては、こちらから検索。

Microsoft パートナー

ここにない会社からライセンスを購入したい場合は、その会社が間接プロバイダーとリセラー契約を結べば可能。
※多分。

ユーザーは、クラウド ソリューション プロバイダーまたは、間接プロバイダーからライセンスキーを提供されると、端末毎にライセンスキーを登録し直す必要があります。
対象の Windows デバイスの延長セキュリティ更新プログラムを入手する方法 – Windows Blog for Japan

最後に

私の場合、実際にWindows 7を継続利用することはなく調べるだけで終わってしまいました。
こういった情報は、必要な人はきちんと調べているでしょうし、このレベルの情報は不要でしょう。
ただ、まだこれから調べようとされている方がいれば一助となれば。

ではでは。



[PR]
———————————————>
Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

インテルCore X搭載ハイエンドパソコンなら「パソコン工房」で!
———————————————

-コラム

© 2020 PCのすすめ|Windowsレジストリ置き場別館