データ収集とプレビュー ビルド

[GP]「商用データ パイプラインを許可する」のレジストリ

今回は、
「商用データ パイプラインを許可する」で利用されているレジストリについてです。

コンピューターの構成>管理用テンプレート>Windows コンポーネント>データ収集とプレビュー ビルド

内容
サポートされるバージョン Windows Server 2016、Windows 10 バージョン 1903 以降
キー HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Policies\Microsoft\Windows\DataCollection
値の名前 AllowCommercialDataPipeline
REG_DWORD
値の内容 0 → 無効
1 → 有効

AllowCommercialDataPipeline は、デバイスを Windows エンタープライズ データ パイプラインにオプトインできます。
この設定を有効にした場合、デバイスから収集したデータが Windows エンタープライズ データ パイプラインにオプトインされます。
この設定を無効にした場合または構成しなかった場合は、Windows 標準データ パイプラインのポリシーに従って、デバイスのすべてのデータが収集されて処理されます。
この設定を構成しても、利用統計情報の収集レベルや、ユーザーがレベルを変更できるかどうかは変わりません。この設定は、Windows オペレーティング システムおよび Windows に含まれているアプリのみに適用され、Windows 10 で実行されているサード パーティのアプリやサービスには適用されません。

ではでは。



[PR]
———————————————>
Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

インテルCore X搭載ハイエンドパソコンなら「パソコン工房」で!
———————————————

-データ収集とプレビュー ビルド

© 2020 Windowsレジストリ置き場