ローカルポリシー

[GP]「ユーザー アカウント制御:標準ユーザーに対する昇格時のプロンプトの動作」のレジストリ

今回は、
「ユーザー アカウント制御:標準ユーザーに対する昇格時のプロンプトの動作」で利用されているレジストリについてです。

コンピューターの構成>Windowsの設定>セキュリティの設定>ローカルポリシー>セキュリティオプション

内容
キー HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Policies\System
値の名前 ConsentPromptBehaviorUser
REG_DWORD
値の内容 0 → 昇格の要求を自動的に拒否する
1 → セキュリティで保護されたデスクトップで資格情報を要求する
3 → 資格情報を要求する

ユーザー アカウント制御: 標準ユーザーに対する昇格時のプロンプトの動作
このポリシー設定は、標準ユーザーに対する昇格時のプロンプトの動作を決定します。

次のオプションがあります。

• 資格情報を要求する: (既定値) 特権の昇格を必要とする操作が試みられた場合、管理ユーザーの名前とパスワードの入力を求めるプロンプトを表示します。有効な資格情報が入力された場合は、その管理ユーザーに適用される特権で操作を実行します。

• 昇格の要求を自動的に拒否する: 特権の昇格を必要とする操作が試みられた場合、アクセス拒否エラー メッセージを表示します。デスクトップを標準ユーザーとして実行している企業は、ヘルプ デスクへの電話の数を削減するために、このオプションを選択した方がよい場合があります。

• セキュリティで保護されたデスクトップで資格情報を要求する: 特権の昇格を必要とする操作が試みられた場合、セキュリティで保護されたデスクトップに、別のユーザーの名前とパスワードの入力を求めるプロンプトを表示します。有効な資格情報が入力された場合は、そのユーザーに適用される特権で操作を続行します。

ではでは。



[PR]
———————————————>
Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

インテルCore X搭載ハイエンドパソコンなら「パソコン工房」で!
———————————————

-ローカルポリシー

© 2020 Windowsレジストリ置き場