ローカルポリシー

[GP]「ユーザー アカウント制御:各ユーザーの場所へのファイルまたはレジストリの書き込みエラーを仮想化する」のレジストリ

今回は、
「ユーザー アカウント制御:各ユーザーの場所へのファイルまたはレジストリの書き込みエラーを仮想化する」で利用されているレジストリについてです。

コンピューターの構成>Windowsの設定>セキュリティの設定>ローカルポリシー>セキュリティオプション

内容
キー HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Policies\System
値の名前 EnableVirtualization
REG_DWORD
値の内容 0 → 無効
1 → 有効

ユーザー アカウント制御: 各ユーザーの場所へのファイルまたはレジストリの書き込みエラーを仮想化する

このポリシー設定は、アプリケーションによる書き込みエラーが、定義されたレジストリおよびファイル システムの場所にリダイレクトされるかどうかを決定します。このポリシー設定は、管理者として実行される、実行時アプリケーション データを %ProgramFiles%、%Windir%、%Windir%\system32、または HKLM\Software に書き込むアプリケーションの問題を緩和します。

次のオプションがあります。

• 有効: (既定値) ファイル システムとレジストリについて、アプリケーションの実行時の書き込みエラーを定義済みのユーザーの場所へリダイレクトします。

• 無効: 保護された場所にデータを書き込むアプリケーションは失敗します。

ではでは。



[PR]
———————————————>
Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

インテルCore X搭載ハイエンドパソコンなら「パソコン工房」で!
———————————————

-ローカルポリシー

Copyright© Windowsレジストリ置き場 , 2020 All Rights Reserved.