マウスコンピューター

【レビュー】コラボモデル「DAIV-NG7700M1-M2S10-WINR」の性能は?ベンチマークなどを通常モデルと比較

今回、マウスコンピューターにて、当サイトとコラボモデルを商品化していただきました。

さて、DAIV NG-7700については、2019年4月末にレビューをしています。

 

ただ、コラボモデルは、カスタマイズ性を残しつつ高性能かつコスパも考慮したモデルに出来上がっていると思っています。

そんな、

マウスコンピューター
Intel Core i9-9900K / 64GB PC4-19200 / 1TB Intel 660p NVMe対応 M.2 SSD / GeForce RTX 2080

の性能について客観的に見てみます。

カタログスペックからの比較

まず、カタログスペックから確認します。

ハイスペックモデル|DAIV-NG7700M1-M2S10-WINR

DAIV-NG7700M1-M2S10-WINR(コラボモデル) DAIV-NG7700M1-M2S10
CPU Intel Core i9-9900K Intel Core i7-9700K
グラフィックス GeForce RTX 2080 GeForce RTX 2080
メモリ 64GB PC4-19200 32GB PC4-19200
M.2 SSD 1TB Intel 660p NVMe対応 1TB Intel 660p NVMe対応
液晶パネル 17.3型 4K-UHDノングレア 17.3型 4K-UHDノングレア
価格(参考) 399,800円 (税別) 414,800円 (税別)

CPUをCore i9へアップグレードしており、
メモリも64GBと拡張済み。

やはり、クリエイターモデルとなると
CPUとメモリがポイントとなるのでそこを妥協しないモデル。

上位モデルには、SSDを2つ搭載したモデルもありますが、
こちらであればこのままでも良いですし、カスタマイズで追加のSSDを付けても良いので
好みで変更しやすいのもポイントです。

その他コラボモデルのカタログスペック

同時にコラボしているモデルのカタログスペックについて、参考として記載しておきます。

エントリーモデル|DAIV-NG5300S2-S2-WINR

DAIV-NG5300S2-S2-WINR(コラボモデル) DAIV-NG5300S2-S2
CPU Intel Core i5-9400 Intel Core i5-9400
グラフィックス Geforce MX250 Geforce MX250
メモリ 16GB PC4-19200 16GB PC4-19200
M.2 SSD 512GB 256GB
液晶パネル 15.6型 フルHDノングレア 15.6型 フルHDノングレア
価格(参考) 109,800円 (税別) 119,800円 (税別)

ベースモデルより、SSDの容量が拡張されており、使い勝手が良くなっています。

マウスコンピューター
Intel Core i5-9400 / Geforce MX250 / 512GB SSD / 15.6型 フルHDノングレア / Geforce MX250

スタンダードモデル|DAIV-NG5810M1-M2S5-WINR

DAIV-NG5810M1-M2S5-WINR(コラボモデル) DAIV-NG5810M1-M2S5
CPU Intel Core i7-9750H Intel Core i7-9750H
グラフィックス GeForce RTX 2060 GeForce RTX 2060
メモリ 32GB PC4-19200 16GB PC4-19200
M.2 SSD 512GB インテル 660p NVMe対応 512GB NVMe対応
液晶パネル 15.6型 フルHDノングレア 15.6型 フルHDノングレア
価格(参考) 189,800円 (税別) 199,800円 (税別)

こちらは、メモリを強化し他モデル。
そして、M.2 SSDをNVMe対応のモデルの中でも、コスパの良いIntel 660pとなっています。

マウスコンピューター
Intel Core i7-9750H / 32GB PC4-19200 / 512GB インテル 660p NVMe対応 M.2 SSD / 15.6型 フルHDノングレア / GeForce RTX 2060

各種ベンチマークの比較

外観については、前回レビューを参考に。

CINEBENCH R15ベンチマークの比較

CINEBENCH R15 CPU結果|DAIV-NG7700M1-M2S10-WINR

CINEBENCH R15 CPU結果|DAIV-NG7700M1-M2S10-WINR

DAIV-NG7700M1-M2S10-WINR DAIV-NG7700M1-M2S10
CPU 1868 cb 1397 cb
OpenGL 157.39fps 134.12fps

CPU性能差は約1.3倍
CpenGLを併せて向上していることがわかります。

Crystal DiskMarkベンチマークの比較

CrystalDiskmark結果|DAIV-NG7700M1-M2S10-WINR

CrystalDiskmark結果|DAIV-NG7700M1-M2S10-WINR

DISKは変更がないため大きな差がでていません。
SATA SSDを搭載しているモデルより高速であり、これ以上の性能を求めるのはコストパフォーマンスが悪いとも言えます。

V-RAY BENCHMARKの比較

V-RAY BENCHMARK結果|DAIV-NG7700M1-M2S10-WINR

V-RAY BENCHMARK結果|DAIV-NG7700M1-M2S10-WINR

DAIV-NG7700M1-M2S10-WINR DAIV-NG7700M1-M2S10
CPU 1:17 1:30
GPU 1:10 1:14

CPUが高性能化されているため、時間が短縮されています。
GPU性能は変更されていませんが、CPU性能が向上したことにより少し性能が上がっています。

x264 FHD BENCHMARKの比較

x264 FHD BENCHMARK結果|DAIV-NG7700M1-M2S10-WINR

x264 FHD BENCHMARK結果|DAIV-NG7700M1-M2S10-WINR

DAIV-NG7700M1-M2S10-WINR DAIV-NG7700M1-M2S10
Encorde 54.8 50.4

動画エンコード用のベンチマークですので、CPUとメモリが変更されたことによるエンコード性能の変化がどの程度となるかです。
メモリの影響は少なく、純粋にCPUの性能差。

とはいえ、高画質で長時間を動画をエンコードするとなると効果を発揮しそうです。

OLYMPUS VIEWERによるRAW現像結果の比較

OLYMPUS VIEWER 結果|DAIV-NG7700M1-M2S10-WINR

OLYMPUS VIEWER 結果|DAIV-NG7700M1-M2S10-WINR

DAIV-NG7700M1-M2S10-WINR DAIV-NG7700M1-M2S10
現像時間 20:51 22:46

OLYMPUS E500から撮り貯めたRAWファイルから300枚を現像してみた結果の比較です。
RAW現像は基本CPU性能がものをいうため、CPU性能がそのまま処理時間に現れます。

今回約2分短いという結果が出ていますので、
高画質な画像をRAW現像する場合には、やはり高性能なCPUが良いというのがわかります。

最後に

今回コラボモデルということで、ベースモデルよりも高性能
そして、同モデルの中でも上位のモデルと同等の性能でありながら、価格を抑えたモデルとなっています。

デスクトップPCであれば、どうしても据え置きとなりますが、
その性能を持ち運べるモデルでありながら、コストを抑えることができており外出先での
動画編集やRAW現像も快適にしたい方には、良いモデルかと。

デスクトップモデルのほうがどうしても安価と感じますが、
・高性能な液晶ディスプレイが搭載されていること
・持ち運びが可能なこと
このあたりを考慮してみると自分に合ったほうを選べば良いと思います。

マウスコンピューター
Intel Core i9-9900K / 64GB PC4-19200 / 1TB Intel 660p NVMe対応 M.2 SSD / GeForce RTX 2080

ではでは。



[PR]
———————————————>
Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

インテルCore X搭載ハイエンドパソコンなら「パソコン工房」で!
———————————————

-マウスコンピューター

Copyright© Windowsレジストリ置き場 , 2019 All Rights Reserved.