マウスコンピューター

17インチ4Kディスプレイ搭載クリエイター向けノートPC マウスコンピューター「DAIV-NG7510S1-SH5」レビュー

更新日:

今回は、マウスコンピューターが販売する
クリエイターブランド「DAIV」
の中でも大画面を搭載している
「DAIV-NG7510」シリーズの「DAIV-NG7510S1-SH5」のレビューとなります。
※マウスコンピューター様のご厚意により対象機器をお借りしております。

現在販売終了しております、


後継製品としては、「DAIV-NG7700」を参考にしてください。

本製品の主な特徴としては、
Adobe RGB比100%の17インチ4Kのノングレア液晶を搭載
グラフィックスにGeForce GTX 1070
が大きなポイントとなります。

製品概要

DAIV-NG7510S1-SH5 [ Windows 10 搭載]

マウスコンピューターの「DAIV-NG7510 シリーズ」は、4K-UHD液晶パネルを採用、高性能GeForce®グラフィックスを搭載したクリエイターによる、クリエイターのためのパソコン(PC)です。RAW現像からCG/映像制作まで場所を選ばず作業できる柔軟性、高い描画性能、複雑で大規模な映像にも耐えうるパワフルなスペックのノートパソコンです。
全製品「国内生産」「1年間無償保証」「24時間365日電話サポート」を実現しています!

とのこと。

ノート向けCPUを搭載したクリエイターノートPCであり、まれに持ち出したり、職場内や自宅内で持ち運ぶことも可能です。
プレゼンなどには大画面が威力を発揮してくれそうです。

基本構成
OS :Windows 10 Home 64ビット
CPU :インテル® Core™ i7-8750H
グラフィックス :GeForce® GTX 1070
メモリ :16GB PC4-19200
M.2 SSD :512GB
ハードディスク :1TB
液晶パネル :17.3型 4K-UHDノングレア
無線 :IEEE802.11ac/a/b/g/n ・ Bluetooth 5モジュール内蔵

マウスコンピューターのノートPC全体的に言えるのですが、
光学ドライブはオプションです。

外付けの光学ドライブを別途準備しておくと万が一の時に良いかと。
最近は、光学ドライブを使うシーンも減ってきていますし、
USBの光学ドライブなら、交換も簡単です。

梱包

まず、届いたとき最初に目にする梱包についてです。

運送用の梱包


届いた感じでいえば、最近の一般的なノートPCとそう変わりありません。
17.3インチと大きいので、必然的に少し大きいですが、そこまで気になるほどではありません。

では、開けていきます。

製品収納用の梱包


運送用の段ボールを開けるとそこから、さらに段ボールが。
収納したりすることを考えると良いのですが、捨てる人については、ごみが増えるという。
このああたりは、メニューから簡易包装とか選択できると良いのですが。
ただ、わくわく感はあります。


よく見ると、サイズが記載されています。
芸が細かいですね。

つづいて、内容物についてみていきます。

内容物

内容物を確認するために、箱から出していきます。


箱を開けたところ。
ノート本体はきちんと保護されていて、運送中に何かあったら外箱が痛んでいると思うのでわかりそうですね。


箱から取り出したところ。

大きく分けて3つ
・本体
・電源コンセント
・ドキュメント
です。

では、外観について詳しく見ていきます。

本体外観


本体上部。
けっこうごつごつしています。
こう見ると、結構ACアダプターが大きく見えますね。

実際のところ、軽量コンパクトな2in1のタブレットなどと比べると倍ぐらいあるかもしれません。


以前DAIVを見たときは、「高温注意」といった注意書きはなかった気がします。
こういった心遣いはありがたいのですね。


サブウーファーって書いてあります。
音にこだわる動画作成や動画編集、DTMといったクリエイティブ作業にもよさそうですね。


少し、視点を変えたイメージ。


キーボードといった全面から見たイメージ。


キーボードのアップ。
テンキーもあるのですが、エンターキーとテンキーが近いのが難点。
できれば、キーボードはテンキーの有無が選択できるとうれしいです。
ただ、選択できるとモデル自体の価格が上がってしまう可能性もあり、悩ましいところです。
※これは、マウスコンピューターの製品に限った話ではなく、他社も含みます。


SOUNDBLASTER(サウンドブラスター)
の表記があります。
「音にもこだわっています」
というところですね。

私にとってSOUNDBLASTERは結構ブランドなんですよね。
Windows 95以前からPCを利用されている人もそうだと思うのです。


第8世代のintel CPUを搭載していることがわかります。


「GeForce GTX」を搭載していることと
SOUNDBLASTERのロゴが。
なんだか、SOUNDBLASTERを強調している気が。


スライドパッドに指紋認証用が搭載されているのがわかります。


本体手前の各種ランプです。
手前にあるため、確認しやすいですね。
本当は、画面下にあるのが、一番わかりやすいのですが、
作業に集中する時には邪魔になるので、この位置はある意味正解かと。


本体右側の各種インターフェース。
USB 3.0と有線LANポートがあるのがわかります。

ノートPCでも、データのやりとりを考えると、有線LANが必要と思うのでこのあたりをきちんと押さえているの良いですね。
デスクトップ的な使い方もできますし、無線LANをサブと考えると会社でも個人でも助かります。


ヘッドホンとマイク端子なんですが、右側にあるのは、ちょっと残念。
多くの場合、右側はマウスを使う人が多いので、これは左側にあったほうがケーブルとマウス周りを考えるとうれしいです。
実際のところ、使う機会は少ないと思うので、
一応あります!
というなら、まあいいんじゃないでしょうか。


本体左側の端子です。
外部ディスプレイ出力とUSB 3.1と3.0の端子がまとめられています。
また電源もこちら。
良いのですが、残念な点もあります。


電源ケーブルを刺した上の位置が排気口になっています。
これ、これだと排熱がうまくできず、本体に熱がこもる可能性が高いです。

実際、本体の電源周りはは高負荷だとかなり熱を持っていました。


電源ボタン。
こちらは、わかりやすくて良いですね。


手元のランプ状態。
実際にランプがつくとこんなイメージです。

悪くないですね。

内容物で見る人がいない場合もありますが、この辺りはきちんと見ておいたほうが良いドキュメントについてです。

実際にはいっているものの一覧になります。
ファーストステップガイド。
これは、送付されているものに漏れがないか確認するために利用します。
過去、数百台のPCを見てきましたが、10年ぐらい前に1度だけ構成物品が足りないことがありました。
ですので、このあたりはきちんと確認しておくことをお勧めします。

個人的に、いいなぁと思ったのは、
ディスプレイを1台ずつテストしていると思われる
「色域出荷データシート」
きちんと、
AdobeRGBをサポートしている証拠として添付されています。

あと、個人的にポイントだと思ったのがこちら。

「マウスコンピューターサポート マニュアル」
です。

パソコンの初期設定の仕方だけでなく、問い合わせ先などが記載されています。
電話サポートがあるのも、マウスの特徴であり良いところですね。

あと、暗いところで使うときありがたいのが

キーボードのバックライトです。
ちょっと暗いところで使ったりするときでもわかりやすいのでありがたい。
デスクトップ用のキーボードでバックライトがあるのは、ゲーム用ぐらいでしょうか。
こういった、心遣いはうれしいですね。

あと、マウスコンピューターならではですが、

ストアアプリでスクリーンセーバーになっているアプリが標準でインストールされていました。

ファンの方にはうれしいところ。

外観などについて、みてきました。
実際の性能については、どうなのか?
というこで、性能についてみていきます。

ベンチマーク等の性能

では、性能について見ていきます。
その前に、
17インチで4K
画面表示するとかなり小さくなるのではないか?
と思われるかもしれません。

Windowsは画面サイズと実際のサイズから自動的に見やすいサイズに拡大する機能があります。

設定がどうなっているかを見てみると、
250%
に拡大されていることがわかります。

こちらはどのサイズの液晶で見ても大体同じぐらいの表示になるので良いのですが、
半面アプリケーションによっては、表示が崩れる場合があります。

実際のところ、このあと記載するDQ10のベンチマークでは表示が崩れていました。
daiv-ng7510s1-sh5

DQ10ベンチマーク


DQ10の最高品質(1920×1080)です。

やはり軽量なゲームであれば問題ないということでグラフィックス性能が高いことがわかります。


DQ10の最高品質(3840×2160)です。
フルHDの4倍の画面ですので、スコアは落ちています。
当然といえば当然ですが、それでも快適ということで。

なお、このクラスのソフトなら、なにもしなければCPUグラフィックスが利用されます。

それだと性能がわからないので、

nVIDIAのコントロールパネル
にて、グラフィックスをGeForce GTXを優先するように設定変更しています。
性能重視なら事前に変更しておくと良いです。

自動でも高いグラフィックス性能が必要となった場合は、GeForceが利用されるので
利用シーンによって使い分けると良いでしょう。

つづいて、FF14のベンチマークです。

FF14ベンチマーク


FF14ベンチマーク 高品質(デスクトップPC)


FF14ベンチマーク 高品質(ノートPC)


FF14ベンチマーク 高品質(最高品質)

すべて、「非常に快適」との判断。
あと少しすると、また大型アップデートがありそうですが、このクラスなら問題なさそうです。

つづいて、高性能なグラフィックスを要求する
FF15ベンチマークです。

FF15ベンチマーク

ということで、ベンチマークの結果からみると、
結構辛い。

標準画質であれば、何とかという状況です。
高性能を要求するゲームはちょっと辛いというところです。
ただ、ゲームも楽しみたいという方には、画質設定で何とかなるという性能ですね。

続いて、「CINE BENCH R15」です。

CINE BENCH R15


CPUの性能としては、
デスクトップCPUである第3世代のCore i7と同等以上という結果です。


グラフィックスとしては、
Quadro K4000Mを大幅に上回っています。

ノートPCとしては、かなり高性能だということがわかりますね。

Adobe Premiere Pro

実際の動画を変換してみてどの程度時間がかかるか見てみました。
iPhone 6sで撮影した動画(2分12秒)
をAVI形式に変換してみました。

かかった時間は、
25.88秒

悪くない数字だと思います。

最後に

クリエイター向けノートパソコンということで、
daiv-ng7510s1-sh5
を外観と性能を見てきました。

重さを考えると持ち運びには適していませんが、
家庭内や職場内で持ち運んだり一時的にしまったりといったことも苦にならないかと。

気になるポイントはやはり排熱です。
ただ、高負荷状態を長時間続ける動画編集などをしない限り、そこまで気にすることはないかもしれません。

性能と価格を考えると、良くできているノートPCです。
Adobe製品も快適に動作しましたし、大画面のクリエイターノートPCを探している人は、
選択肢の1つとしてもよいでしょう。

なお、マウスコンピューターでは、
☑信頼の国内生産
☑24時間365日の電話サポート
☑96時間で修理完了
と安心です。

ではでは。

マウスコンピューター/G-Tune

※なお、機器の構成については、記事公開当時の内容であり、予告なく変更となる場合があります。

-マウスコンピューター
-

Copyright© Windowsレジストリ置き場 , 2019 All Rights Reserved.