Adobe

[GP]「Adobe Acrobat Reader DC」の自動更新を無効にするレジストリ

投稿日:2018年10月13日 更新日:

今回は、
「Adobe Acrobat Reader」で自動更新を有効無効を変更するレジストリについてです。

なお、

Screenshot of helpx.adobe.com

アップデーターの自動チェックを変更する / 無効にする方法 (Acrobat/Reader DC)

https://helpx.adobe.com/jp/acrobat/kb/cq05201026.html

Adobe公式に記載されています。

ここで紹介するmodeキーは、あくまでも自動アップデートを行う際の挙動を制御するのに利用してください。自動アップデート自体の可否はこのキーで設定しないでください。自動アップデートの可否設定は、以下で説明される bUpdaterキーを使用してください。

つまり、modeキーで利用するべきキーの値は 2 か 3 か 4 だけです。

と記載されていますので、
ここでは、自動更新を無効にするポリシー設定のレジストリについてです。

このポリシーを設定することにより、
自動更新を無効にするだけでなく、メニューから非表示となります。

1.保存場所
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Policies\Adobe\<製品名>\<バージョン>\FeatureLockDown

※Adobe Reader DCの場合は、
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Policies\Adobe\Acrobat Reader\DC\FeatureLockDown

値:
bUpdater(REG_DWORD)

有効    :1
無効   :0

有効にした場合

と、アップデートを確認
というメニューが消えているのが確認できます。

登録後、再起動不要でメニューが消えるのは多くの場合再起動が必要なWindowsのグループポリシーと違う点ですね。
※グループポリシーから変更すると即時反映されるものが多いのですが、レジストリから変更すると、
gpupdateで更新するか再起動が必要な場合が多いところです。

ではでは。



[PR]
———————————————>
Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

インテルCore X搭載ハイエンドパソコンなら「パソコン工房」で!
———————————————

-Adobe
-, , , , , , , ,

Copyright© Windowsレジストリ置き場 , 2019 All Rights Reserved.