グループポリシー

[GP]「ジャンプリストで遠隔地からの項目は表示および追跡しない」で利用されているレジストリ

更新日:

今回は、
「ジャンプリストで遠隔地からの項目は表示および追跡しない」で利用されているレジストリについてです。

ユーザーの構成>管理用テンプレート>タスクバーと[スタート]メニュー

サポートされるバージョン:
Windows Server 2008 R2、Windows 7 またはそれ以降

1.保存場所
HKEY_CURRENT_USER\Software\Policies\Microsoft\Windows\Explorer

値:
NoRemoteDestinations(REG_DWORD)

有効    :1
無効   :0

このポリシー設定を使用すると、遠隔地からジャンプ リストの項目の表示または追跡を制御できます。

[スタート] メニューとタスク バーにはプログラムのジャンプ リストが表示されます。このメニューには、ファイル、フォルダー、Web サイト、およびそのプログラムのその他の関連項目が表示されます。これにより、ユーザーは重要なドキュメントやその他のタスクの多くを簡単に開くことができます。

このポリシー設定を有効にした場合は、このコンピューターでユーザーがローカルで開いたファイルのみが [スタート] メニューとタスク バーで追跡されます。ユーザーがリモート コンピューターからネットワーク経由で開いたファイルは追跡されず、ジャンプ リストにも表示されません。この設定を使用して、低速ネットワーク接続などで、ネットワーク トラフィックを減らすことができます。

このポリシー設定を無効にした場合、または構成しなかった場合は、別のコンピューター上のリモートにあるファイルを含め、ユーザーが開いたすべてのファイルがメニューに表示されます。

注: この設定では、ユーザーがジャンプ リストに明示的に固定したリモート ファイルは非表示になりません。[ジャンプ リストでの項目の固定を許可しない] のポリシー設定を参照してください。

ではでは。

-グループポリシー
-, , , , , , ,

Copyright© Windowsレジストリ置き場 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.