グループポリシー

[GP]「タスク バーへのプログラムの固定を許可しない」で利用されているレジストリ

更新日:

今回は、
「タスク バーへのプログラムの固定を許可しない」で利用されているレジストリについてです。

ユーザーの構成>管理用テンプレート>タスクバーと[スタート]メニュー

サポートされるバージョン:
Windows Server 2008 R2、Windows 7 またはそれ以降

1.保存場所
HKEY_CURRENT_USER\Software\Policies\Microsoft\Windows\Explorer

値:
NoPinningToTaskbar(REG_DWORD)

有効    :1
無効   :0

このポリシー設定を使用すると、タスク バーへのプログラムの固定を制御できます。

このポリシー設定を有効にした場合、ユーザーはタスク バーに現在固定されているプログラムを変更できません。タスク バーにプログラムが既に固定されている場合、それらのプログラムはタスク バーに引き続き表示されます。ただし、ユーザーはタスク バーに既に固定されているプログラムを固定解除することはできず、新しいプログラムをタスク バーに固定することもできません。

このポリシー設定を無効にした場合、または構成しなかった場合、ユーザーはタスク バーに現在固定されているプログラムを変更できます。

ではでは。

-グループポリシー
-, , , , , , ,

Copyright© Windowsレジストリ置き場 , 2019 All Rights Reserved.