タスクバーと[スタート]メニュー

[GP]「通知とアクションセンターを削除する」で利用されているレジストリ

2018年4月14日

今回は、
[GP]「通知とアクションセンターを削除する」で利用されているレジストリについてです。

ユーザーの構成>管理用テンプレート>タスクバーと[スタート]メニュー

サポートされるバージョン:
Windows Server または Windows 10 以降

1.保存場所
HKEY_CURRENT_USER\Software\Policies\Microsoft\Windows\Explorer

値:
DisableNotificationCenter(REG_DWORD)

有効    :1
無効   :0

このポリシー設定を使用して、タスク バーの通知領域から通知とアクション センターを削除できます。

通知領域はタスク バーの右端にあり、最新の通知を表すアイコンとシステム クロックが表示されています。

この設定を有効にした場合、通知とアクション センターが通知領域に表示されなくなります。ユーザーは通知が表示されたときにそれを読むことができますが、見落とした通知を後で確認することはできません。

このポリシー設定を無効にした場合、または構成しない場合は、通知と [セキュリティとメンテナンス] がタスク バーに表示されます。

このポリシー設定を適用するには再起動が必要です。

ではでは。



[PR]
———————————————>
Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

インテルCore X搭載ハイエンドパソコンなら「パソコン工房」で!
———————————————

-タスクバーと[スタート]メニュー
-, , , , , , ,

Copyright© Windowsレジストリ置き場 , 2019 All Rights Reserved.