タスクバーと[スタート]メニュー

[GP]「ユーザーがスタート画面に移動したときにアプリビューを自動に表示する」で利用されているレジストリ

投稿日:2018年4月7日 更新日:

今回は、
[GP]「ユーザーがスタート画面に移動したときにアプリビューを自動に表示する」で利用されているレジストリについてです。

ユーザーの構成>管理用テンプレート>タスクバーと[スタート]メニュー

サポートされるバージョン:
Windows Server 2012 R2、Windows 8.1、または Windows RT 8.1 のみ

1.保存場所
HKEY_CURRENT_USER\Software\Policies\Microsoft\Windows\Explorer

値:
ShowAppsViewOnStart(REG_DWORD)

有効   :1
無効   :0

このポリシー設定を使用すると、ユーザーがスタート画面に移動したときに既定でアプリ ビューが表示されます。

このポリシー設定を有効にした場合、ユーザーがスタート画面に移動すると常にアプリ ビューが表示されます。 ユーザーは、引き続きアプリ ビューとスタート画面を切り替えることができます。

このポリシー設定を無効にした場合、または構成しなかった場合、ユーザーがスタート画面に移動すると常に既定でスタート画面が表示され、ユーザーはアプリ ビューとスタート画面を切り替えることができます。また、ユーザーはこの設定を構成できます。

ではでは。



[PR]
———————————————>
Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

インテルCore X搭載ハイエンドパソコンなら「パソコン工房」で!
———————————————

-タスクバーと[スタート]メニュー
-, , , , , , ,

Copyright© Windowsレジストリ置き場 , 2019 All Rights Reserved.