グループポリシー

[GP]「通知領域を隠す」で利用されているレジストリ

更新日:

今回は、
[GP]「通知領域を隠す」で利用されているレジストリについてです。

ユーザーの構成>管理用テンプレート>タスクバーと[スタート]メニュー

サポートされるバージョン:
Windows Server 2003 オペレーティング システム、Windows XP Professional またはそれ以降

1.保存場所
HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Policies\Explorer

値:
NoTrayItemsDisplay(REG_DWORD)

有効:1
無効:0

これはタスク バーの通知領域 (以前の “システム トレイ”) に関する設定です。

説明: 通知領域は、タスク バーの右端にあり、現在の通知アイコンやシステム クロックが収められています。

この設定を有効にした場合、通知アイコンを含む通知領域全体が非表示になります。タスク バーには、[スタート] ボタン、タスク バー ボタン、カスタム ツール バー (該当する場合)、およびシステム クロックが表示されます。

この設定を無効にした場合、または構成しなかった場合は、通知領域はユーザーのタスク バーに表示されます。

注: この設定を有効にすると、[通知領域のクリーンアップをオフにする] 設定よりも優先されます。通知領域が非表示になっているときにアイコンをクリーンアップする必要はないからです。

ではでは。

広告

広告

-グループポリシー
-, , , , , , ,

Copyright© Windowsレジストリ置き場 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.