グループポリシー

[GP]「タスクバーにショートカットメニューへのアクセスを削除する」で利用されているレジストリ

更新日:

今回は、
[GP]「タスクバーにショートカットメニューへのアクセスを削除する」で利用されているレジストリについてです。

ユーザーの構成>管理用テンプレート>タスクバーと[スタート]メニュー

サポートされるバージョン:
Windows 2000 以降

1.保存場所
HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Policies\Explorer

値:
NoTrayContextMenu(REG_DWORD)

有効:1
無効:0

このポリシー設定を使用すると、タスク バーのショートカット メニューへのアクセスを削除できます。

このポリシー設定を有効にすると、タスク バーを右クリックしたときに表示されるメニュー、およびタスク バーの項目を非表示にします ([スタート] ボタン、時計、タスク バー ボタンなど)。

このポリシー設定を無効にした場合、または構成しなかった場合は、タスク バーのショートカット メニューを利用できます。

このポリシー設定を有効にした場合でも、ユーザーは別の方法を使ってこれらの項目のコマンドを実行することができます。

ではでは。

広告

広告

-グループポリシー
-, , , , , , ,

Copyright© Windowsレジストリ置き場 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.