グループポリシー

[GP]「タスクバー項目のグループ化を禁止する」で利用されているレジストリ

投稿日:2018年3月26日 更新日:

今回は、
[GP]「タスクバー項目のグループ化を禁止する」で利用されているレジストリについてです。

ユーザーの構成>管理用テンプレート>タスクバーと[スタート]メニュー

サポートされるバージョン:
Windows Server 2003 オペレーティング システム、Windows XP Professional またはそれ以降

1.保存場所
HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Policies\Explorer

値:
NoTaskGrouping(REG_DWORD)

有効:1
無効:0

これは、実行中のプログラム間の移動に使用されるタスク バー ボタンに関する設定です。

タスク バーのグループ化機能をオンにすると、タスク バーがいっぱいになると同様のアプリケーションによって開かれたウィンドウがグループ化されます。ユーザーのタスク バーがいっぱいになったらグループ化が開始されます。

この設定を有効にした場合、タスク バーは同じプログラムの項目をグループ化しません。既定では、この設定は常に有効です。

この設定を無効にした場合、または構成しなかった場合は、同じプログラムを使う項目はグループ化されます。ユーザーは必要であればグループ化を無効にすることもできます。

ではでは。



[PR]
———————————————>
Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

インテルCore X搭載ハイエンドパソコンなら「パソコン工房」で!
———————————————

-グループポリシー
-, , , , , , ,

Copyright© Windowsレジストリ置き場 , 2019 All Rights Reserved.