タスクバーと[スタート]メニュー

[GP]「従来の[スタート]メニューを強制する」で利用されているレジストリ

2018年3月24日

今回は、
[GP]「従来の[スタート]メニューを強制する」で利用されているレジストリについてです。

ユーザーの構成>管理用テンプレート>タスクバーと[スタート]メニュー

サポートされるバージョン:
Windows Server 2008、Windows Server 2003、Windows Vista、および Windows XP

1.保存場所
HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Policies\Explorer

値:
NoSimpleStartMenu(REG_DWORD)

有効:1
無効:0

これは、[スタート] メニューの表示に関する設定です。

Windows 2000 Professional のクラシック [スタート] メニューを使うと一般的なタスクを開始でき、新しい [スタート] メニューは一般的な項目を 1 つのメニューに統合します。クラシック [スタート] メニューを使用する場合は、[ドキュメント]、[ピクチャ]、[ミュージック]、[コンピューター]、[ネットワーク] の各アイコンがデスクトップに表示されます。新しい [スタート] メニューでは、これらの項目を直接起動します。

この設定を有効にした場合、[スタート] メニューには Windows 2000 スタイルのクラシック メニューが表示され、標準のデスクトップ アイコンが使われます。

この設定を無効にした場合、[スタート] メニューは新しいスタイルでのみ表示され、デスクトップ アイコンはスタート ページに表示されます。

この設定を構成しなかった場合は、既定で新しいスタイルが使用され、ユーザーはそれを変更することができます。

ではでは。



[PR]
———————————————>
Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

インテルCore X搭載ハイエンドパソコンなら「パソコン工房」で!
———————————————

-タスクバーと[スタート]メニュー
-, , , , , , ,

Copyright© Windowsレジストリ置き場 , 2019 All Rights Reserved.