グループポリシー

[GP]「[スタート]メニューから[ファイル名を指定して実行]を削除する」で利用されているレジストリ

更新日:

今回は、
[GP]「[スタート]メニューから[ファイル名を指定して実行]を削除する」で利用されているレジストリについてです。

ユーザーの構成>管理用テンプレート>タスクバーと[スタート]メニュー

サポートされるバージョン:
Windows Server 2012 R2、Windows 8.1、Windows RT 8.1、Windows Server 2008、Windows Server 2003、Windows 7、Windows Vista、Windows XP、および Windows 2000

1.保存場所
HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Policies\Explorer

値:
NoRun(REG_DWORD)

有効:1
無効:0

[スタート] メニュー、Internet Explorer、およびタスク マネージャーから [ファイル名を指定して実行] を削除します。

この設定を有効にした場合、次のような変更が発生します。

(1) [ファイル名を指定して実行] が [スタート] メニューから削除される

(2) タスク マネージャーから [新しいタスク] コマンドが削除される

(3) ユーザーは次の Internet Explorer アドレス バーに次の項目を入力できなくなる

— UNC パス: \\<サーバー>\<共有>

—ローカル ドライブへのアクセス: 例: C:

—ローカル フォルダーへのアクセス: 例: \temp>

また、拡張キーボートを使用しているユーザーは、アプリケーション キー (Windows のロゴが付いているキー) + R を押して [ファイル名を指定して実行] を表示することはできなくなります。

この設定を無効にした場合、または構成しなかった場合は、ユーザーは [スタート] メニューやタスク マネージャーの [ファイル名を指定して実行] を使うことができ、また Internet Explorer のアドレス バーも利用できます。

注: この設定は特定のインターフェイスにのみ影響します。ユーザーは他の方法を使ってプログラムを実行することができます。

注: Windows 2000 以降の証明書を持つサード パーティ アプリケーションでは、この設定を守る必要があります。

ではでは。

-グループポリシー
-, , , , , , ,

Copyright© Windowsレジストリ置き場 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.