タスクバーと[スタート]メニュー

[GP]「シェルのショートカットの解決に検索ベースのメソッドを使用しない」で利用されているレジストリ

2018年3月4日

今回は、
[GP]「シェルのショートカットの解決に検索ベースのメソッドを使用しない」で利用されているレジストリについてです。

ユーザーの構成>管理用テンプレート>タスクバーと[スタート]メニュー

サポートされるバージョン:
Windows 2000 以降

1.保存場所
HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Policies\Explorer

値:
NoResolveSearch(REG_DWORD)

有効:1
無効:0

このポリシー設定は、ショートカットを解決するときに、対象となるドライブの包括的な検索を行わないようにします。

このポリシー設定を有効にした場合、ドライブの包括的な検索は行われません。ファイルが見つからないという内容のメッセージが表示されるだけです。

このポリシー設定を無効にした場合、または構成しなかった場合、既定では、ショートカット (.lnk) の対象となるファイルが見つからない場合に、ショートカットに関連付けられているパスがすべて検索されます。対象となるファイルが NTFS パーティションにある場合は、システムは対象となるファイルの ID を使用してパスを検索します。検索結果のパスが正しくない場合は、対象となるドライブをすべて検索してファイルを検索します。

注: このポリシー設定は、NTFS パーティションにあるファイルだけに適用されます。FAT パーティションにはこの ID 追跡および検索機能がありません。

[移動プロファイルを使用中はシェルのショートカットを追跡しない] ポリシー設定および [シェルのショートカットの解決に追跡ベースのメソッドを使用しない] ポリシー設定も参照してください。

ではでは。



[PR]
———————————————>
Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

インテルCore X搭載ハイエンドパソコンなら「パソコン工房」で!
———————————————

-タスクバーと[スタート]メニュー
-, , , , , , ,

Copyright© Windowsレジストリ置き場 , 2019 All Rights Reserved.