グループポリシー

[GP]「[スタート]メニューから[最近使ったファイル]を削除する」で利用されているレジストリ

更新日:

今回は、
[GP]「[スタート]メニューから[最近使ったファイル]を削除する」で利用されているレジストリについてです。

ユーザーの構成>管理用テンプレート>タスクバーと[スタート]メニュー

サポートされるバージョン:
Windows Server 2008、Windows Server 2003、Windows 7、Windows Vista、Windows XP、および Windows 2000

1.保存場所
HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Policies\Explorer

値:
NoRecentDocsMenu(REG_DWORD)

有効:1
無効:0

[スタート] メニューから [最近使った項目] を削除します。 クラシック [スタート] メニューから [最近使った項目] を削除します。

[最近使った項目] メニューには、ユーザーが最近開いたファイル (プログラム ファイル以外) へのリンクが表示されます。ユーザーが簡単にドキュメントを開くことができるようにするためです。

この設定を有効にした場合、ドキュメントのショートカットは保存されますが、[スタート] メニューの [最近使った項目] は表示されず、ユーザーもメニューを有効にできません。

後で無効に変更した場合は、[スタート] メニューに [最近使った項目] が表示されるため、設定を有効にする前に保存されて有効だったドキュメントのショートカットが [最近使った項目] に表示されます。

この設定を無効にした場合、[スタート] メニューには [最近使った項目] が表示されて、ユーザーは [最近使った項目] を削除できません。

この設定を構成しない場合、ユーザーは [最近使った項目] を有効または無効にできません。

注: この設定を有効にしても、Windows プログラムは最近使用されたドキュメントへのショートカットを表示します。[最近使ったファイルの履歴を保存しない] ポリシー設定を参照してください。

この設定は、[開く] ダイアログ ボックスに表示されるドキュメント ショートカットも非表示にはしません。[最近使ったファイルのドロップダウン リストを非表示にする] ポリシー設定を参照してください。

ではでは。

広告

広告

-グループポリシー
-, , , , , , ,

Copyright© Windowsレジストリ置き場 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.