グループポリシー

[GP]「[スタート]メニューから[すべてのプログラム]を削除する」で利用されているレジストリ

更新日:

今回は、
[GP]「[スタート]メニューから[すべてのプログラム]を削除する」で利用されているレジストリについてです。

ユーザーの構成>管理用テンプレート>タスクバーと[スタート]メニュー

サポートされるバージョン:
Windows Server または Windows 10 以降

1.保存場所
HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Policies\Explorer

値:
NoStartMenuMorePrograms(REG_DWORD)

折りたたむ:3
折りたたんで設定を無効にする:2
削除して設定を無効にする:1
なし:0

この設定を有効にした場合、スタート メニューが折りたたまれた状態になるか、スタート メニューからすべてのアプリの一覧が削除されます。

[折りたたむ] を選択すると、スタートにピン留めしたタイルの横にアプリの一覧が表示されません。すべてのアプリの一覧を開く [すべてのアプリ] ボタンがスタートに表示されます。これは、[設定] で [スタートにアプリの一覧を表示する] をオフにすることに相当します。

[折りたたんで設定を無効にする] を選択した場合、折りたたみオプションを選択して [設定] で [スタート メニューにアプリの一覧を表示する] を無効にしたときと同じになり、ユーザーはそれをオンにできません。

[削除して設定を無効にする] を選択すると、スタートからすべてのアプリの一覧が削除され、[設定] の [スタート メニューにアプリの一覧を表示する] が無効になり、ユーザーはそれをオンにできません。このオプションは、以前のバージョンの Windows との互換性を保つために選択します。

この設定を無効にした場合、または構成しなかった場合、すべてのアプリの一覧が既定で表示され、ユーザーは [設定] の [スタートにアプリの一覧を表示する] を変更できます。

ではでは。

広告

広告

-グループポリシー
-, , , , , , ,

Copyright© Windowsレジストリ置き場 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.