グループポリシー

[GP]「ユーザーの追跡をオフにする」で利用されているレジストリ

更新日:

今回は、
[GP]「ユーザーの追跡をオフにする」で利用されているレジストリについてです。

ユーザーの構成>管理用テンプレート>タスクバーと[スタート]メニュー

サポートされるバージョン:
Windows Server 2008、Windows Server 2003、Windows Vista、Windows XP、および Windows 2000

1.保存場所
HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Policies\Explorer

値:
NoInstrumentation(REG_DWORD)

有効:1
無効:0

このポリシー設定を使用すると、ユーザーの追跡をオフにできます。

このポリシー設定を有効にした場合、ユーザーが実行したプログラムの追跡は行われず、[スタート] メニューには頻繁に利用するプログラムは表示されません。

このポリシー設定を無効にするか、または構成しない場合、ユーザーが実行したプログラムが追跡されます。システムではこの情報を使用して、頻繁に利用するプログラムを [スタート] メニューに表示するなど Windows の機能をカスタマイズします。

関連するポリシー設定 [[スタート] メニューから頻繁に利用するプログラムの一覧を削除する] および [カスタマイズ メニューをオフにする] も参照してください。

このポリシー設定を有効にしても、ユーザーは [スタート] メニューまたはタスク バーにプログラムを固定できます。[[スタート] メニューからピンされたプログラムの一覧を削除する] および [タスク バーへのプログラムの固定を許可しない] ポリシー設定を参照してください。

ではでは。

広告

広告

-グループポリシー
-, , , , , , ,

Copyright© Windowsレジストリ置き場 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.