タスクバーと[スタート]メニュー

[GP]「終了時に最近使ったファイルの履歴を消去する」で利用されているレジストリ

2018年2月3日

今回は、
[GP]「終了時に最近使ったファイルの履歴を消去する」で利用されているレジストリについてです。

ユーザーの構成>管理用テンプレート>タスクバーと[スタート]メニュー

確認バージョン:
Windows 2000 以降

1.保存場所
HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Policies\Explorer

値:
ClearRecentDocsOnExit(REG_DWORD)

有効:1
無効:0

終了時に最近使ったファイルの履歴を消去します。

この設定を有効にした場合、ユーザーのログオフ時に、最近使ったドキュメント ファイルへのショートカットが削除されます。この結果、ユーザーがログオンすると [スタート] メニューの [最近使った項目] メニューは常に空になっています。また、ユーザーがログオフすると、[スタート] メニューとタスク バーのプログラムの中でジャンプ リストで最近使った項目や頻繁に使った項目も消去されます。

この設定を無効にするか、または構成しない場合は、ドキュメントのショートカットは保持され、ユーザーがログオンすると、[最近使った項目] メニューとジャンプ リストにはログオフしたときの項目が表示されます。

注: ドキュメントのショートカットは、システム ドライブの Users\ユーザー名\Recent フォルダーのユーザー プロファイルに保存されます。

このフォルダー内にある [[スタート] メニューから [最近使ったファイル] を削除する] ポリシー、および [最近使ったファイルの履歴を保存しない] ポリシーも参照してください。これらの関連設定が選択されていないときのみこの設定が使用されます。

この設定では、Windows プログラムの [ファイル] メニューの下に表示される最近使ったファイルの一覧は空にされません。[最近使ったファイルの履歴を保存しない] ポリシー設定を参照してください。

また、このポリシー設定では [開く] ダイアログ ボックスに表示されるドキュメントのショートカットは非表示にしません。[最近使ったファイルのドロップダウン リストを非表示にする] ポリシー設定を参照してください。

このポリシーでは、ユーザーがジャンプ リストに固定している項目、またはアプリケーションがそのメニューに対して提供したタスクも消去しません。[ジャンプ リストでの項目の固定を許可しない] ポリシー設定を参照してください。

ではでは。



[PR]
———————————————>
Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

インテルCore X搭載ハイエンドパソコンなら「パソコン工房」で!
———————————————

-タスクバーと[スタート]メニュー
-, , , , , ,

Copyright© Windowsレジストリ置き場 , 2019 All Rights Reserved.