システム

[GP]「ログオン/ログオフ時にのみ同期するネットワークディレクトリを指定する 」で利用されているレジストリ

2018年1月8日

今回は、
[GP]「ホーム ディレクトリを共有のルートディレクトリに接続する」で利用されているレジストリについてです。

ユーザーの構成>管理用テンプレート>システム>ユーザー プロファイル

確認バージョン:
Windows Vista 以降

1.保存場所
HKEY_CURRENT_USER\Software\Policies\Microsoft\Windows\System

値:
CscSuspendDirs(REG_EXPAND_SZ)

データ:
例:exmple

このポリシー設定を使用すると、ログオンおよびログオフ時にのみオフライン ファイルを介して同期がとられるネットワーク ディレクトリを指定できます。このポリシー設定はフォルダー リダイレクトと共に使用され、ユーザーがオンライン状態の場合にオフライン ファイルで正常に動作しないアプリケーションの問題を解決するのに役立ちます。

このポリシー設定を有効にした場合、このポリシー設定で指定されているネットワーク パスは、ユーザー ログオンおよびログオフ時にオフライン ファイルによってのみ同期がとられ、ユーザーがログオンしている間はオフラインになります。

このポリシー設定を無効にした場合、または構成しなかった場合は、このポリシー設定で指定されているパスは、オフライン ファイルを介した他のキャッシュ データと同じように動作し、ネットワーク パスがアクセス可能であれば、ユーザーがログオンしている間はオンライン状態が続きます。

注: このポリシー設定を使用して、Appdata\Roaming、Start Menu、Documents などのルート リダイレクト フォルダーをサスペンドしないでください。これらの親フォルダーのサブフォルダーのみをサスペンドしてください。

ではでは。



[PR]
———————————————>
Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

インテルCore X搭載ハイエンドパソコンなら「パソコン工房」で!
———————————————

-システム
-, , , , ,

Copyright© Windowsレジストリ置き場 , 2019 All Rights Reserved.