パソコン実機レビュー マウスコンピューター

画面サイズ(14インチと15.6インチ)とグラフィックス性能(GeFroce GTX 1050/1050Ti/1060)でどう変わる?マウスのゲーミングノートPCで比較

2017年12月12日

今回は、画面サイズとグラフィックス性能からゲーミングノートパソコンを比較してみたいと思います。
※なお、機器の構成等は公開当時のものであり、予告なく変更となる場合があります。

今回はマウスコンピューター様からお借りしたものを個別で実機レビューさせていただきました。

Screenshot of www.tomoroh.net

初めてのゲーミングノートPCにもおすすめ「NEXTGEAR-NOTE i5320GA1」レビュー【HDD・SSD両方搭載】 | Windowsレジストリ置き場

https://www.tomoroh.net/archives/3262

Screenshot of www.tomoroh.net

【14インチ】マウスのモバイル用ゲーミングノートPC「NEXTGEAR-NOTE i4400GA1」レビュー【GeForce GTX 1050 Ti】 | Windowsレジストリ置き場

https://www.tomoroh.net/archives/3309

Screenshot of www.tomoroh.net

【GeForce GTX 1060搭載】マウスコンピューター「NEXTGEAR-NOTE i5550GA1」レビュー【HDD・SSD両方搭載】 | Windowsレジストリ置き場

https://www.tomoroh.net/archives/3344

これらの共通するのは、

CPU:Core i7-7700HQ
メモリ:16GB (8GB×2 / デュアルチャネル)
SSD:256GB (M.2規格/SerialATAIII 接続)
HDD:1TB SerialATAII 5400rpm (Serial ATAIII接続)
画面表示サイズ:1920×1080(フルHD)

異なるのは、
グラフィックス:GeForce® GTX 1050/1050 Ti/1060
本体サイズ  :14インチ、15.6インチ

です。

物理サイズによる違い

大きな違いは、キーボードですね。


「NEXTGEAR-NOTE i5320GA1」


「NEXTGEAR-NOTE i4400GA1」


「NEXTGEAR-NOTE i5550GA1」

比べてみると、
14インチと15.6インチの違いは
テンキーと方向キーの有無です。

機種により多少の違いはありますが。

このあたりは、物理的な違いですから仕方ありません。

同じ15.6インチでも
「NEXTGEAR-NOTE i5320GA1」
「NEXTGEAR-NOTE i5550GA1」
このキーボードの違いは面白いと思います。

アンダーバーが通常の位置と違うこと。
通常利用であれば、アンダーバーを使うシーンというのは、少しはあると思うのですが、
これに合わせて、右側のキーの一部(Alt・Ctrl)を省略しているのは潔いというかなんというか。

グラフィックス性能の違い

DQ10ベンチマーク


「NEXTGEAR-NOTE i5320GA1」


「NEXTGEAR-NOTE i4400GA1」


「NEXTGEAR-NOTE i5550GA1」

こちらの数字をみると、
GTX 1050とGTX 1050 Ti
の差は約500

GTX 1050 TiとGTX 1060
の差は約800

これだけ見るとそこまで大きな差は見られません。
仮想フルスクリーンとフルスクリーンの違いがありますけど。

FF14ベンチマーク


「NEXTGEAR-NOTE i5320GA1」


「NEXTGEAR-NOTE i4400GA1」


「NEXTGEAR-NOTE i5550GA1」

こちらの違いからみると、

GTX 1050 とGTX 1050 Ti
の差はあまり大きくありませんが

GTX 1050 TiとGTX 1060
の差は少し大きいですね。

バイオハザード6ベンチマーク


「NEXTGEAR-NOTE i5320GA1」


「NEXTGEAR-NOTE i4400GA1」


「NEXTGEAR-NOTE i5550GA1」

GTX 1050/GTX 1050Ti
の差は誤差といっても問題ないレベルかな。

GTX 1050Ti/GTX 1060
かなりの差が出ています。
GTX 1060はGTX 1050のほぼ倍。
ここまで性能が違うのは驚きです。

最後に

ざっくりですが。

性能としては、やはり、GTX 1060を搭載した
「NEXTGEAR-NOTE i5550GA1」
です。

デスクトップパソコンだと普通なのですが、CPU内臓グラフィックスが無効化されており、
グラフィックス性能を優先されたモデルです。
ほかのモデルではDQ10のベンチマークなどでフルスクリーンでエラーが出ていたのが、
このモデルでは出ないので、純粋にゲーム用ノートを探している人にはぴったりですね。

ですので、一人暮らしでゲームをがっつりやりたい人や高い性能が必要な画像処理などをされる方。
使わないときはしまっておくことができますし、バッテリーがついているので作業中に停電があってもデータの保存もできますね。

省電力やモバイルというと
「NEXTGEAR-NOTE i4400GA1」
です。
CPU内臓グラフィックスで消費電力は抑えられますし、ゲームをがっつりやるには十分な性能です。
小さいので、持ち運びもほかの2機種に比べ、苦になりませんし。

いろいろと使いたい方には、
「NEXTGEAR-NOTE i5320GA1」
ですね。
グラフィックス性能は3機種の中で一番低いですが、それも3機種の中では。
大半のゲームをするのに必要なグラフィックス性能として十分な性能です。

たまに持ち運ぶぐらいならこのサイズでも我慢できると思います。
初めての人は自分がどういう使い方をするかわかっていないことが多いので、
このあたりのモデルでどう使いたいか、なにを優先したいかを見極めるのにもちょうどよいと思います。

というのがざっくりとした感想でした。

どれも、ゲームをするのには十分な性能なのですが、
3機種とも排熱処理が厳しいです。

ですので、これら3機種とは言いませんが、ゲーム用のノートパソコンを購入する場合は、
冷却装置であるクーラーを併せて購入しておくことを

強く推奨します。

ではでは。

マウスコンピューター/G-Tune



[PR]
———————————————>
Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

インテルCore X搭載ハイエンドパソコンなら「パソコン工房」で!
———————————————

-パソコン実機レビュー, マウスコンピューター

Copyright© Windowsレジストリ置き場 , 2019 All Rights Reserved.