コントロールパネル

[GP]「[ネットワークからプログラムを追加]オプションを非表示にする」で利用されているレジストリ

2017年10月12日

今回は、
[GP]「[ネットワークからプログラムを追加]オプションを非表示にする」で利用されているレジストリについてです。

ユーザーの構成>管理用テンプレート>コントロール パネル>プログラムの追加と削除

確認バージョン:
Windows Server 2003、Windows XP、Windows 2000 のみ

1.保存場所
HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Policies\Uninstall

値:
NoAddFromNetwork(REG_DWORD)

データ:
有効:1
無効:0

公開されたプログラムをユーザーが表示またはインストールできないようにします。

この設定を有効にすると、[プログラムの追加] ページから [ネットワークからプログラムを追加] が削除されます。[ネットワークからプログラムを追加] では、発行されたプログラムが一覧表示され、それらのプログラムを簡単にインストールすることができます。

公開されたプログラムとは、システム管理者が Windows インストーラーなどを使用してユーザーが利用できるようにしたものです。通常、システム管理者はユーザーが利用できるプログラムを公開し、その使用を推奨します。また、ユーザーがインストール ファイルを検索しなくてもインストールできるようにします。

この設定を有効にした場合、システム管理者が公開したプログラムはユーザーからは見分けられません。また、[プログラムの追加と削除] を使用しても公開されたプログラムはインストールできませんが、他の方法でプログラムをインストールしてデスクトップまたは [スタート] メニューで提供されている割り当て (一部がインストールされている) のプログラムをインストールすることはできます。

この設定を無効にした場合、または構成しなかった場合は、[ネットワークからプログラムを追加] はすべてのユーザーが利用可能です。

注: [[プログラムの追加] ページを非表示にする] 設定が有効の場合、この設定は無視されます。

となります。

ではでは。



[PR]
———————————————>
Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

インテルCore X搭載ハイエンドパソコンなら「パソコン工房」で!
———————————————

-コントロールパネル
-, , ,

Copyright© Windowsレジストリ置き場 , 2019 All Rights Reserved.