グループポリシー

[GP]「[プログラムの追加]の規定のカテゴリを指定する」で利用されているレジストリ

投稿日:2017年10月7日 更新日:

今回は、
[GP]「[プログラムの追加]の規定のカテゴリを指定する」で利用されているレジストリについてです。

ユーザーの構成>管理用テンプレート>コントロール パネル>プログラムの追加と削除

確認バージョン:
Windows Server 2003、Windows XP、Windows 2000 のみ

1.保存場所
HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Policies\Uninstall

値:
DefaultCategory(REG_SZ)

データ(例:Adobe):
Adobe

ユーザーが [プログラムの追加と削除] を開くと表示されるプログラムのカテゴリを決定します。

この設定を有効にした場合、[プログラムの追加と削除] に、指定したカテゴリのプログラムのみが表示されるようになります。ユーザーは [プログラムの追加と削除] ページの [カテゴリ] を使って他のカテゴリにあるプログラムを表示させることができます。

この設定を使用するには、この設定にある [カテゴリ] にカテゴリ名を入力してください。[プログラムの追加と削除] に既に定義されているカテゴリを入力する必要があります。カテゴリを定義するには、[ソフトウェアのインストール] を使用してください。

この設定を無効にした場合、または構成しなかった場合は、[プログラムの追加と削除] にすべてのプログラム (カテゴリ: すべて) が表示されます。

この設定を使うと、ユーザーが利用するであろうと思われるプログラムのみを表示することができます。

注: [[プログラムの追加と削除] を削除する] 設定または [[プログラムの追加] ページを非表示にする] 設定のいずれかが有効になっている場合は、この設定は無視されます。

となります。

ではでは。



[PR]
———————————————>
Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

インテルCore X搭載ハイエンドパソコンなら「パソコン工房」で!
———————————————

-グループポリシー
-, , ,

Copyright© Windowsレジストリ置き場 , 2019 All Rights Reserved.