コントロールパネル

[GP]「[プログラムのアクセスとコンピューターの既定の設定]ページを非表示にする」で利用されているレジストリ

2017年9月29日

今回は、
[GP]「[プログラムのアクセスとコンピューターの既定の設定]ページを非表示にする」で利用されているレジストリについてです。

ユーザーの構成>管理用テンプレート>コントロール パネル>プログラム

確認バージョン:
Windows Vista 以降

1.保存場所
HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Policies\Programs

値:
NoDefaultPrograms(REG_DWORD)

データ:
有効:1
無効:0

この設定により、コントロール パネルの [プログラムの追加と削除] から [プログラムのアクセスとコンピューターの既定の設定] ページが削除されます。この結果、ユーザーは関連するページを表示または変更することができなくなります。

[プログラムのアクセスと既定の設定] ページにより、管理者は [スタート] メニュー、デスクトップ、および他の場所からアクセスできるプログラムを指定したり、Web 参照または電子メールの送信などの特定の動作に対する既定のプログラムを指定することができます。

この設定を無効にする場合、または構成しない場合は、すべてのユーザーが [プログラムのアクセスと既定の設定] ボタンを使用することができます。

この設定を有効にした場合でも、ユーザーは別のツールや方法を使用してプログラム アクセスと既定の設定を変更することができます。

この設定を有効にした場合でも、[既定のプログラム] アイコンは [スタート] メニューに表示されます。

となります。

ではでは。



[PR]
———————————————>
Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

インテルCore X搭載ハイエンドパソコンなら「パソコン工房」で!
———————————————

-コントロールパネル
-, , ,

Copyright© Windowsレジストリ置き場 , 2019 All Rights Reserved.