コントロールパネル

[GP]「ポイント アンド プリントの制限」で利用されているレジストリ

2017年9月27日

今回は、
[GP]「ポイント アンド プリントの制限」で利用されているレジストリについてです。

ユーザーの構成>管理用テンプレート>コントロール パネル>プリンター

確認バージョン:
Windows XP SP1 から Windows Server 2008 RTM までをサポート

ユーザーがポイント アンド プリントを行うことができるサーバー

1.保存場所
HKEY_CURRENT_USER\Software\Policies\Microsoft\Windows NT\Printers\PackagePointAndPrint

値:
TrustedServers(REG_DWORD)

データ:
有効:1
無効:0

セミコロンで区切られた完全修飾サーバー名を入力する

1.保存場所
HKEY_CURRENT_USER\Software\Policies\Microsoft\Windows NT\Printers\PackagePointAndPrint

例(exmple.ne.jpの場合)
値:
ServerList(REG_SZ)

データ:
exmple.ne.jp

ユーザーは、ユーザーのフォレストのコンピューターに対してのみポイントアンドプリントができる

1.保存場所
HKEY_CURRENT_USER\Software\Policies\Microsoft\Windows NT\Printers\PackagePointAndPrint

値:
InForest(REG_DWORD)

データ:
有効:1
無効:0

セキュリティの確認:

新しい接続用にドライバーをインストールした場合:

1.保存場所
HKEY_CURRENT_USER\Software\Policies\Microsoft\Windows NT\Printers\PackagePointAndPrint

値:
NoWarningNoElevationOnInstall(REG_DWORD)

データ:
警告のみを表示する:1
警告および昇格時のプロンプトを表示する:0

既存の接続用にドライバーを更新した場合

1.保存場所
HKEY_CURRENT_USER\Software\Policies\Microsoft\Windows NT\Printers\PackagePointAndPrint

値:
UpdatePromptSettings(REG_DWORD)

データ:
警告のみを表示する:1
警告および昇格時のプロンプトを表示する:0

このポリシー設定は、Windows Vista のコンピューター用のセキュリティのプロンプトを含むクライアントのポイント アンド プリントの動作を制御します。このポリシー設定は、印刷の管理者ではないクライアントおよびドメインのメンバーであるコンピューターにのみ適用されます。

このポリシー設定が有効な場合:
– Windows XP およびそれ以降のクライアントは明示的に名前の付けられたサーバーの一覧からのみ印刷ドライバー コンポーネントをダウンロードします。クライアントで互換性のある印刷ドライバーが利用可能な場合、プリンター接続が確立されます。クライアントで互換性のある印刷ドライバーが利用可能ではない場合、接続は確立されません。
– Windows Vista のクライアントを構成し、ユーザーがポイント アンド プリントを行う場合、またはプリンターの接続用ドライバーの更新が必要な場合に、セキュリティの警告および管理者特権でのコマンド プロンプトを表示しないようにできます。

このポリシー設定が構成されていない場合:
– Windows Vista のクライアント コンピューターは、どのサーバーに対しても、ポイント アンド プリントを行うことができます。
– ユーザーがポイント アンド プリントを使って任意のサーバーに対してプリンター接続を作成する場合、Windows Vista のコンピューターによって警告および管理者特権でのコマンド プロンプトが表示されます。
– 既存のプリンターの接続用ドライバーの更新が必要な場合に、Windows Vista のコンピューターによって警告および管理者特権でのコマンド プロンプトが表示されます。
– Windows Server 2003 と Windows XP のクライアント コンピューターは、ポイント アンド プリントを使ってフォレスト内のどのサーバーに対してもプリンターの接続を作成できます。

ポリシー設定が無効になっている場合:
– Windows Vista のクライアント コンピューターは、ポイント アンド プリントを使ってどのサーバーに対してもプリンターの接続を作成できます。
– ユーザーがポイント アンド プリントを使って任意のサーバーに対してプリンター接続を作成する場合、Windows Vista のコンピューターによって警告および管理者特権でのコマンド プロンプトが表示されません。
– 既存のプリンターの接続用ドライバーの更新が必要な場合に、Windows Vista のコンピューターによって警告および管理者特権でのコマンド プロンプトが表示されません。
– Windows Server 2003 と Windows XP のクライアント コンピューターは、ポイント アンド プリントを使ってどのサーバーに対してもプリンターの接続を作成できます。
– [ユーザーはユーザーのフォレストのコンピューターに対してのみポイント アンド プリントが可能] 設定は、Windows Server 2003 および Windows XP SP1 (およびそれ以降の Service Pack) にのみ適用されます。

となります。

ではでは。



[PR]
———————————————>
Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

インテルCore X搭載ハイエンドパソコンなら「パソコン工房」で!
———————————————

-コントロールパネル
-, , ,

Copyright© Windowsレジストリ置き場 , 2019 All Rights Reserved.