パソコン実機レビュー マウスコンピューター

SSD+HDD両方搭載のゲーミングデスクトップPC「NEXTGEAR-MICRO im570SA10」比較レビュー(マウスコンピューター/G-Tune)

2017年9月18日

さて、前回の記事

Screenshot of www.tomoroh.net

ゲーミングデスクトップPC「NEXTGEAR-MICRO im570SA8-TV」(マウスコンピューター/G-Tune)実機レビュー | Windowsレジストリ置き場

https://www.tomoroh.net/nextgear-micro_im570sa8-tv_review

の中で、
疑問が1つありました。

CPUの性能と記憶装置の性能をどちらを優先すべきか?

ということで、
前回に引き続き、好意によりマウスコンピューター(G-Tune)の人気ゲーミングパソコン「NEXTGEAR-MICRO im570SA10」をお借りすることができましたので、
結果報告(レビュー)です。

■OS : Windows 10 Home 64ビット
■CPU : インテル® Core™ i5-7500 プロセッサー
(4コア/3.40GHz/TB時最大3.80GHz/6MB スマートキャッシュ)
■グラフィックス : GeForce® GTX 1060(3GB)
■メモリ : 8GB PC4-19200 (8GB×1)
■SSD : 240GB Serial ATAIII
■ハードディスク : 1TB SerialATAIII 7200rpm
■チップセット : インテル® H110 チップセット
■光学ドライブ : オプション (BTOで追加可能)
■カードリーダー : オプション (BTOで追加可能)
■電源 : 500W 【80PLUS® SILVER】

※なお、2017/9/9現在の情報であり、製品仕様・販売価格については変更となる可能性があります。

前回、
「Core i7 / HDD」
という組み合わせでしたが、
今回は、
「Core i5 / SSD+HDD」
という組み合わせです。

結論

結論からいうと、

画像処理は、CPU処理能力の違いにより全体の5%~10%程度低下する。
DISK速度の改善により、全体的な動作は1.5倍以上。

結果、推奨するのは、
NEXTGEAR-MICRO im570SA10 [Windows 10 搭載]
Core i5 ですが、SSD+HDDを両方搭載した「im570SA10」のほうが多くの場合、幸せになれそうです。

それでは、詳しく見ていきましょう。

im570SA8-TVとim570SA10の比較

WEI値

NEXTGEAR-MICRO im570SA8-TV_WEI画像:NEXTGEAR-MICRO im570SA8-TV

画像:NEXTGEAR-MICRO im570SA10

違いについては、
CPUとメモリがCore i7を搭載した「im570SA8-TV」のほうが高いですが、全体としては記憶装置がHDDのため数値が落ちています。
このあたりが全体の結果にどう影響してくるか、
をポイントに見ていきたいと思います。

では、ベンチマークについて比較してみます。

ドラクエ10ベンチマーク

NEXTGEAR-MICRO im570SA8-TV_DQ10画像:NEXTGEAR-MICRO im570SA8-TV

NEXTGEAR-MICRO im570SA10_DQ10画像:NEXTGEAR-MICRO im570SA10

スコアの差が1200前後。大体5%程度の差が出ています。

これだけではどう判断すればよいか悩ましいところです。

FF14 紅蓮のリベレーターベンチマーク

画像:NEXTGEAR-MICRO im570SA8-TV

画像:NEXTGEAR-MICRO im570SA10

FF14 紅蓮のリベレーターベンチマークでのスコア差は大体10%です。
ここでもポイントは、

ローディングタイム

HDDを搭載した「NEXTGEAR-MICRO im570SA8-TV」で
39秒

SSDを搭載した「NEXTGEAR-MICRO im570SA10」で
23秒

その差、「約16秒」
これは、大きいですね。

CrystalDiskMark

この時間の違いはどこからきているのでしょうか?
画像:NEXTGEAR-MICRO im570SA8-TV

画像:NEXTGEAR-MICRO im570SA10

当然数値が大きいほうがよいのですが、数値が違いすぎてなんとも。
ここでわかるのはHDDからSSDへの変更が費用対効果がもっとも大きいということがわかります。

とうことで、
トータルバランスを考えるなら、


NEXTGEAR-MICRO im570SA10 [Windows 10 搭載]

がおすすめです。

補足として、外観等について少し比較しておきます。

外観

外箱

外側の箱についてですが、ゲーム用G-Tuneと記載。
これは、前回と同じですね。

箱から出しました。

本体外観


天板にあるファンは今回もあり。この辺りはモデル共通なのでしょう。


今回お借りしたものは珍しくオプションのカードリーダがついてました。

ちょっとした画像のやりとりがある人にはありがたいです。
ないならないで困らないのですが、あると便利。
余裕があるならつけておきたいところですね。

本体内側

前回同様本体はメッシュ状で外からかなり見えます。

で、配線は裏配線。
これもモデル共通なのでしょうか?前回モデルもそうでしたし。

グラフィックボード


前回はMSI製でしたが今回はZOTAC製。
どこで見るかは、CPU-Zで確認しています。
※外観で判断できませんでした。

CPUファン


前回のモデルではCPUファンはノンブランドかリテールかわかりませんでしたが、今回は「Cooler MASTER」のロゴが。
このあたりもそのタイミングによって異なるのでしょうね。

最後に。

今回は、
CPU は「Core i7」一択
といった考えよりは

記憶装置を
HDDをSSDへ変更

を優先したほうが結果長く快適に利用できそうですよ。
という結果になりました。

なお、電源ボタン押下後からの起動時間については、
「ログオン画面表示まで」を目測で測っています。

NEXTGEAR-MICRO im570SA8-TV
高速スタートアップあり:35秒
高速スタートアップなし:48秒

NEXTGEAR-MICRO im570SA10
高速スタートアップあり:25秒
高速スタートアップなし:26秒

予算が許すのであれば、CPUも上位のモデルを選ぶべきですが、
Core i7+HDD

Core i5+SSD
で価格が同じなら

SSD+HDD両方搭載モデルは正義!

SSD+HDDモデルを全力でおすすめします。

マウスコンピューターのこれより上位モデル(GTX1070やGTX1080を搭載したモデル)は
Core i7/SSD+HDDのモデルが豊富となるので、
マウスコンピューター自体も高性能イコール「SSD+HDD」というのは理解していると思いますし。

ということで、
初めてのゲーム用パソコンを探しているなら、

NEXTGEAR-MICRO im570SA10 [Windows 10 搭載]
SSD+HDDを搭載している本モデルが入門機としておすすめです。

ではでは。

マウスコンピューター
Intel Core i7-9700 / 8GB PC4-19200 / 240GB ⇒ 256GB M.2 SSD に無償アップグレード!! / GeForce® GTX 1660
マウスコンピューター
Core i7-9700F / 16GB PC4-19200 / 512GB NVMe対応 / GeForce RTX 2070 SUPER



[PR]
———————————————>
Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

インテルCore X搭載ハイエンドパソコンなら「パソコン工房」で!
———————————————

-パソコン実機レビュー, マウスコンピューター
-

Copyright© Windowsレジストリ置き場 , 2019 All Rights Reserved.